FC2ブログ

7サミット 極限への挑戦

2010年01月05日
お正月はなんだかんだと忙しく、テレビをじっくり見る事ができませんが、この番組はちょうど夕飯時でまったりと見ることができました。

1月4日(月)NHK総合 午後7:30~8:45
〈番組HPより〉
7 summit(セブンサミット)。世界7大陸の最高峰の山々を指す呼び名だ。
 いま、この「7 summit」を日本人で初めて「単独・無酸素」で制覇しようとしている若者、栗城史多(27歳)。“ニートのアルピニスト”を自称する栗城は、自らの登山をカメラ片手に撮影しながら登るというとんでもない挑戦も続けてきた。危険な撮影に挑むのは、この激動の時代を生きる人々に登山を通して何かを伝えたいと考えているからだ。映像には、氷柱や大岩壁など“大陸ごとに全く異なる山々の姿”、そして底なしのクレバスや山中に放置された死体と向き合う“一人きりの登山の過酷さ”がありのままに記録されている。そんな栗城は、海外登山を始めてわずか5年で6つの最高峰登頂に成功、この秋、最後の挑戦となるチョモランマを目指した。果たして彼が伝える究極のメッセージとは。
 
栗城氏はすでに有名なのかもしれませんが、私は存じ上げていませんでした。
ニートのアルピニストという呼び名も、栗城氏本人も、ちゃらちゃらとは言わないまでも、どこか軽いなあ、5つの山も次々と勢いだけで登頂してしまったようにも見え、いいのかこれで?
私の中の登山家・冒険家といえば、植村直己!…というイメージとはだいぶ違う、イマドキはこんな感じなのかなと思いながら見始めました。

ところが、6つ目の山あたりから、様相が変わってきます。
そして7つ目の山チョモランマ(エベレスト)
詳しくは、HPや本、数多くのファンブログなどで知ることができますので触れませんが、あと少しで目標を達成することの難しさ、困難に出会った時の決断、達成感だけでは語れない栗城氏の心の変遷が描かれています。
美しく荒々しい山々の映像は圧倒的、過酷な自然を前に人間ははかない存在です。
強がりもなにも通用しない世界で、ありのままの弱い自分をさらけ出す栗城氏に、心を打たれない人はいないと思いました。

挑戦の様子はブログでリアルタイム公開、撮影した動画もネット配信、さらには危険を押してライブ中継、時代は変わったなと感じます。
エベレストであわや遭難かという時は、ベースキャンプのスタッフが無線で、今現在書き込まれていくブログのコメントを読み、励まし続ける…。こういうシーンはもう流れがわかっていても、ついつい涙腺がゆるんでしまいました。
このような挑戦は、莫大な資金とサポートするスタッフが必要で、一人では決してできないのですが、そこブログなどを通じて彼を応援する人々が、多数参加して交流が生まれる、一大プロジェクトの様相…いやはや(汗)
単独登頂なのに、より多くの人とのかかわりが生まれるという、私には考えもしなかった展開。

栗城氏のような人は、結局のところ一般社会になじめず、過酷な世界にこそ自分の居場所を見つけた人。
それは、自分にとっては社会で暮らす方が困難な冒険だと言った、植村直己さんとまるで同じだということに気がつきました(苦笑)。
そうえいば植村さんは「生きて帰ってこそ冒険」とも言っていました。
栗城さんもその点は同じ、山に生きる人は、根本では今も昔も変わらないのかもしれません。

小さな登山家 栗城史多ブログ

栗城史多公式HP


一歩を越える勇気一歩を越える勇気
(2009/12/16)
栗城史多

商品詳細を見る
只今在庫切れのようですが、すぐ再版になるでしょう。
関連記事
ドキュメンタリー | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
栗城史多氏「7サミット~極限への挑戦」の件で
こんにちは。だいぶ前のブログに急な書き込み、恐縮です。私もこの番組:栗城史多氏「7サミット~極限への挑戦」を見て、とても心に残っておりまして、周りの仲間と最近話題にしており、今度みんなで見よう!ということになったのですが・・・実はとっていたはずのデータがない!のです。困り果てていたところ、貴方様のブログにたどり着き、コメントをかいているしだいです。もし可能であれば、データをいただけませんでしょうか(DVDでも、ビデオでも、何でも構いません)費用、送料などは当然ですが当方ですべて負担させていただきます。・・・ぶしつけなお願いで大変恐縮ですが、ご連絡いただければ幸いです。ありがとうございます。
>よっしーさん
コメントありがとうございます。
申し訳ありません、データは消去してしまいました。NHKオンデマンドで検索してみたのですが、こちらにはないようですね。
お役に立てなくて申し訳ありません。

管理者のみに表示