イヌタデ

2015年09月17日


旺盛に咲いているはイヌタデ(犬蓼)、イヌタデにしては大ぶりのように見えますが、畑のふちで栄養もいいのでしょう。
我が地方では通称「あかまんま」、お赤飯に見たてたんでしょうね。
イヌ…と付くということは「人の役に立たない」…という意味で、ぶっちゃけ植物には関係ないですね(苦笑)

刺身のツマにある「蓼(タデ)」は別種。刺身のツマはベニタデ、ヤナギタデをさすようです。
イヌタデは辛みもないらしい。
蓼ってなあに? - 紅蓼 広島蓼協同組合

関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示