吾亦紅

2015年09月23日


吾木香(われもこう)すすきかるかや秋くさのさびしききはみ君におくらむ
若山牧水 歌集『別離』より

『別離』は一つ年上の人妻との恋を詠んだ歌集。
冬へと向かう寂しげな風景を、成就しない恋になぞらえていると解釈されているようです。
ただ、この赤…血のような赤を含む吾亦紅に、秋草の寂しさだけでなく、秘めた熱情が感じ取れますね。

関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示