FC2ブログ

GPS2015 スケート・アメリカ男女SP マックス!!!

2015年10月25日
ISU GP 2015 Progressive Skate America
Milwaukee, WI / USA
22.10.2015 - 25.10.2015
results
スポーツナビ フィギュアスケート

●女子シングル
織田解説は聞きやすくていいな。アナは、まあアレだが、予定原稿のキモいコメント連発する アナに比べたらずっといい。

中塩さん
良かったんじゃないでしょうか〜(笑)3+3決まったし、57点でPB更新。動き的にはもう少し弾けたかったかなとは思うけれど、GPSデビュー頑張りました。

カレン・チェン
シニアデビュー戦、セカンド3Tに<。全体のスピード、伸びのあるスケーティング、気持ちのこもった演技に惹きつけられますね。

ソヨン
黒いオルフェ、なかなか似合うねえ。3+3はセカンドが2T、スピンで大きくバランスが崩れる。最初バランス崩すと立て直せないのがスピンの難しさだよね。

ツルシンバエワ
オーサーの所のちっちゃい子。
いい時に比べて安定感に欠く演技でした。
足ばっかり長いな〜。スピンの時のスカートのまくれはどうなんだろう?子どもだと思えば気にならず…シニアだと思うときになる。

遥ちゃん
衣装が艶やか〜マラゲーニャ。
3S+3T決まったのに3F着氷が…。ステップは、もっとできるはずなんだけどなあ。
それにしても女優度増したな遥ちゃん。

チャートランド
まずまずの演技。
いい選手だと思うんですが、なかなかガツンとは来ない。このプログラムは合わないと思うんだなあ。

メドベージェワ
初めから自信溢れてる。
雰囲気のある冒頭から、ジャンプすべて後半決めた!単独の3Lが高くてかっこよかった。スピンもいいし、完璧や〜こりゃすごい。うっひゃ〜70点越え!
あらゆる手を使って得点を取り尽くす15歳!
ラジオノワのデビュー思い出すな。

ユリア
まずまずだったのではないでしょうか。なんとなく軸が振られるところがあって、体型の変化の影響かなと思う。
ノリノリプロなのにブッキラボー、時折見せるあいまいな笑顔がユリアだな(笑)
関係ないが、ケイトリン・オズモンドに似合いそうなプログラム。

グレイシー
エル・チョクロ、大人っぽく美しいグレイシー。衣装も素敵です。
2F(ノーカン)は残念ですが、他完璧。3Lz+3Tがかっこよく決まったことでぐんと印象が違う。
動きにキレ、絶好調ではないのかもしれませんが、気迫が感じられ、少しダークなタンゴプログラムにはまって、すごく良かった。

宮原さん
ファイアーダンス。赤い衣装がよく似合う、背筋に惚れる。
見た目ノーミスですが、3Fに!ジャンプの流れなどで詰まることもあって加点がつきにくいか。ステップもいい時に比べるとちと弱いかも。
しかし目力、緩急のつけ方がバシッと決まってかっこよかった。特にステップ前カスタネットだけになるところの振付が好き。

明らかなミスをしたグレイシーより、宮原さんが下なのが悔しいところでしょうが、ジャンプの高さや要所要所で見せる華とでもいうのか、そういう部分で弱いか?
ただ宮原さんの表現面の成長はすごい、方向性は間違ってないと思う。

個人的衣装ベスト3
グレイシー(エル・チョクロ)
遥ちゃん(マラゲーニャ)
メドベージェワ(白夜の調べ)
みんな衣装が素敵でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●男子シングル
ロス・マイナー
SPにビリー・ジョエルかあ、エキシっぽいけど、大人っぽくて素敵なプログラム。
4回転を入れず完成度で勝負。
彼のスケーティングはやっぱり好きだなと思う。

アモちゃん
ボーカル入り「ハッピー」ますますショーっぽい。似合うけれどBGMっぽく感じました。
ジャンプは引き続き苦戦中。

マックス
まさかのトゥーランドット(笑)すばらしい!!!
4S+3Tパーフェクト!3Aでっかい!3Lz完璧!全体の力強い流れも良かったですね。
女性が演じることが多いトゥーランドット、初めはどうなることかと思いましたが、男性的な力強いスケートやジャンプが、ムチャを承知で姫に求婚するカラふそのものでぴったりでした。
会場大興奮!!
PB86点!SP1位!マックスが涙ぐむ!

ピトキーエフ
細っ!そしていかにもロシアンな雰囲気。
4T決まった!スケーティングはまだジュニアっぽさがある17歳。これからですね。

ハンやん
ノリのいいサラリーマン的なシング・シング・シング。
4T決まった!3Aはカメラアングルに不満、3+3コンボは高さあったんですががお手つき。よくわからない振り多数、…お前も「へ」?
86点まずまず。

ショーマ
このプログラムは競技の緊張感に似合う。
3Aクリーン、後半の4T転倒、3+3OK。スピンはすばらしい。
緊張はあったように見えるけれど、ダイナミックに表現はできたんじゃないかな?ミスありで80点はまあまあです。フリーも失うものは何もないので、突き進むのみ!

メンショフ
4T+3T!4S!ジャンプのキレがすごい。かっこいい!稔大興奮!
3Aは危なかった。動きに迷いがないというか自信に満ちていて、頼もしくみえるよメンショフさん。

無良君
4T両足、ジャンプがちょっととなるとTESは厳しい。
でも情熱的で色気のある「黒い瞳」でした。

ジェイソン
3A、3F+1F、フットワークがダントツにすばらしい。動きのバリエーションも多彩。ジャンプが決まらなくとも見せる見せる…。
キスクラのロヒーンインパクトありすぎ(笑)

デニス
4T転倒、品格のあるスケーティングはあるものの、本調子には遠い感じ。
渋いプログラムも完成はまだ先のような気がする。

すべて後半フリー次第、1位マックスの86点から、8位ジェイソン79点あたりまで、表彰台のチャンスありそう(汗)
というのも、マックス、メンショフさんには表彰台の可能性あってもムラがあること、6位デニスがこのまま終わるとも思えない。
ショーマもジェイソンも十分逆転圏内です。
表彰台は、マックス、メンショフ、ハンやん、ショーマ、デニス、ジェイソンからか?絞ってないって?…確かに(汗)

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 庭の太陽 | HOME | 乙字ヶ滝 »