午後の月

2015年12月21日


狩り暮らし交野かたのの真柴をりしきて淀の河瀬の月を見るかな
藤原公衡 新古今和歌集

日暮れまで狩りをして、交野(かたの)の柴で寝床をつくり、淀の川瀬に映る月を眺める。
鷹狩りを詠んだ歌。


関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示