2016全米フィギュア 男子フリー アダム初優勝!

2016年01月26日
U.S. Figure Skating Championships Ice Network
リザルト

オイ
理系的な衣装、あれはジャッジシステムのアルゴリズムを図式化してるにちがいない(意味不明)
前半からばててると思いきや、後半がんばった。
理系のキスクラ。

ジャージのズボンにTシャツだと地味だから、ブルーのテープ貼ってみた…変衣装見たぞ。
マ君の衣装も謎だな〜。

サーベイ
黒い肌にこの衣装だとサーカスそのまま。ちょっと翳りがあって、絵画のモチーフのように見える。
4S転倒、全体にもっといろいろできそうなんですが…解説も同じこと言ってる。

たいてい何人かはアップテンポの曲を滑るけれど、今年はしっとり流れのある曲が多いと杉田さん。

大森勝太朗
ミスはまあしょうがないけれど、よくがんばったと思う。
それより、全体の流れを意識しているせいか、こう滑りたいというイメージがあるからか、振付もがんばってがんばって…なんとなく堅苦しく、おもしろさに欠ける。音楽表現も技術ではあるけれど、まだできてないということか?
彼本来の魅力はもっと他にありそう。

ゾウ
まだ15歳の小僧でありながらゴッドファーザー(笑)でも馴染んできたというか、彼には憂いがあって、なんかいい雰囲気がありますよね。
前半どうなるかなと思いましたが、4Sの1本目を失敗しながら、2本目の4S成功したのは大きい。攻めて攻めてがんばった!
まだまだジュニアではあるけれど、後半になっても表現がおろそかになってないのが好感。コレオも良かった。
わっ、キスクラでコーチに挟まれるとちっちぇ〜(笑)

ホックスタイン
胸を打つ演技ってこういうことだよね。
4Tは<?、3Aは2本、完璧ではないけれど良かった。
最後までスピードもあり、気持ちを切らさず集中してました。今できる最高のものを、そんな思いが伝わってくる。
最後のコレオは、レミゼラブルで様々な人生が交差する場面、なんかこう、わかるなあホックスタイン。熱い演技をありがとう。
おお〜いい点きた!

アレクサンダー・ジョンソン
クワドは入ってないけれど、3Aは2本成功。
優雅、流れが美しい〜。美しいスケーティングを音楽とともに堪能、本当にすてきです。
赤平情報…子どもの頃、建築関係だったお父さんが庭にリンクを作ってくれた。…それって、うちの方でいう所の田んぼスケートリングみたいなことだろか?(笑)

ドレンスキー王子
6分間練習のアップがおもしろいな。
ちょっとバタバタしたところがあるけれど、基本的なところが美しいですよね。ここにクワドが入ってくればかなりいけそう。

ネイサン
やってやるぜ!な表情から、4S+2T+2L、4S、4T+2T…後半に4T…!!!
クワド4本!!!
3Aで転倒はしたけれど、すごいなあ!
彼のすばらしいスケーティングはジャンプのために単調になりかちだけど、コレオで彼特有のスケートが見られました。
TES100点越え!ラファエルも満足そう。

マックス
SPでは下半身がバッファロー、フリーでは全身バッファロー。
4S+3T、3A+2T、4Sなんとか、3A。良かったです〜ホッとしました。
パワフルでダイナミックなブラックスワン、マックスらしさがたっぷり楽しめます。
スコアはすばらしいのですが、ネイサンもすごかったので、インパクト弱いのがちと気の毒。

アダム
立ってるだけで華やか!
4Lz転はしたものの、そのあとはすばらしかったですね!3Aも2本成功。
タノジャンプも洗練されています。美しく、おしゃれでキラキラした演技でした。
うおー、182点、総合270点!

マイナー
4Sお手つき、あ〜1A、ジャンプが全体的に苦しい。力みもあるよう。そのせいか彼本来の美しいスケーティングが感じられない。
ただ、ミスからぼろぼろと崩れることもなく、4Sはお手つきでも成功したのは良かった。
順位はしかたないかな〜
エリートっぽいキスクラもちょっと沈んでる。

この結果、アダム初優勝!いや〜上位は僅差です。
ネイサンの追い上げがすごかった。アダムとマックスはよく耐えたという気がする。
欠場多くてさみしいと思いましたが、見応えのある男子でした。
インタビューのアダムの横顔が美しい、仲良しのアシュリーも喜んでるね。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
アダムがとうとう全米チャンピオンに!!
今大会が始まる前、「アダムに優勝させてあげたい」と思ってましたが、ほんとに優勝してくれるとは。ネイサン→マックス→アダムまでの流れは、今大会、もっとも痺れた展開の一つで、グレイシーの大逆転と同じくらい興奮しました。
アダムのフリーの演技を見てたら途中から泣けてきて……こんなの、久々でしたね。ソチの真央ちゃんか大輔くん以来ではなかろうか。
このフリーの演技は、一生忘れないと思います。全米優勝おめでとう!

2位のマックスには、「本当によく頑張りました」という言葉を贈りたいです。今大会の彼を見ていて、優勝のプレッシャー、半端なかったんだなというのが、ひしひしと伝わってきました。そんな中でほぼノーミスのSPとFSをそろえるというのがどれだけ偉大なことか。
ブラック・スワンは、フィギュアスケートでよく使われる人気の曲ですが、彼のプログラムはかなり独自のアプローチをしていて、ユニークだなあと思います。シーズン後半に向けて、さらに磨き上げていってほしいです。

3位のネイサンは、今大会中、末恐ろしいとか化け物とかおかしいとか散々思いましたが(苦笑)、実は2シーズン前の世界ジュニアで、彼の演技を初めて見たときからファンなので、この大躍進に心から喜んでます。
EXでどこか痛めたと聞いたんですけど、怪我がちな人なので、心配です…。

4位のグラント…彼が全米の表彰台に上がれたなんて…自己最高順位、おめでとう~~。うれしい~。四大陸の派遣も決まったそうで、初チャンピオンシップ出場もあわせておめでとう!!もう1度、彼のレミゼが見られるかと思うとそれだけで幸せな気持ちになれます。

5位のマイナーは…今はきっと落ち込んでるでしょうが、怪我がある中、あのショート・プログラムを滑ったんだから、どうか自分を誇りに思ってほしいです。

全米の総評としては、アメリカの男子選手はスピンがうまいな~と感心しました。わたし、スピンが好きなので、見ごたえあって嬉しかったです。全米と全日本と比較して、ジャンプは日本が勝てそうだけど、スピンはアメリカの勝ちだと思いました。

今年の全米男子は、素晴らしい演技がたくさん見られて幸せでしたね。選手の皆さん、本当にどうもありがとう。
>マイキーさん
> 今大会が始まる前、「アダムに優勝させてあげたい」と思ってましたが、ほんとに優勝してくれるとは。

マイキーさん、さすが〜。
アダムすばらしかったですね。どこのどの部分ではなくて、全てがかみ合って別のすごさがうまれた感じでした。

マックスも良かったのですが、ネイサンの衝撃的な構成のインパクトがすごかった後なのが、ちょっと不憫だったかも。でも、2本ここまでそろえる力があることを証明できたことは収穫です。トゥーランドットもブラックスワンも、最初に知った時は、何考えてんだ?と思ったのですが、パワーのある男性的なアプローチがとても新鮮なプログラムになりました。

ネイサンはかなりいいはずとは思ってましたが、ここまでやるとはね〜すごいですよね(汗)今回はジャンプに集中してましたが、元々はスケーティングがとてもいい選手、まだまだすごい選手になりそうです。ケガしたんですか?ちょっと心配ですね。

ホックスタインも良かったですね。とても自分に集中できたたように見えました。今季の安定感はすばらしい。
4CCも楽しみです。

マイナー君は結果として順位を落としましたが、かつての低迷を思えば、よくここで踏みとどまったとも思います。
もちろんまだまだ上を目指してくれないと困りますが。

> 全米の総評としては、アメリカの男子選手はスピンがうまいな~と感心しました。

そういわれるとそうですね。
アダムのスピンのシルエットってとても美しいと常々思ってましたが。

ジェイソンはじめ欠場多くて心配しましたが、熱く盛り上がり、たっぷり楽しめました。

管理者のみに表示