映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

2016年02月08日
poster2_20160201201612f52.jpg

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 公式サイト
2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されたSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に描かれる、新たな3部作の第1章。

長年のスターウォーズファンとしてはまずまず満足です。
楽しみにしていましたが、こういう人気のシリーズ物はいろいろあるんで(汗)過剰な期待はしていないかったですが。

アナキン3部作
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年公開)
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年公開)
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年公開)
ルーク3部作
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年公開)
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980年公開)
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年公開)
レイ3部作
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)』(2015年公開)
『スター・ウォーズ エピソード8(仮)』(2017年12月15日公開予定)
『スター・ウォーズ エピソード9(仮)』(2019年公開予定)

最初に公開されたのが1977年のエピソード4、あれから40年(!!!)
当時からのファンとしては、エピソード4のビジュアルイメージを踏襲しているのがうれしかったです。
エピソード1〜3の頃は、CGも洗練され、ロケも含めて映像はすばらしかった。俳優は美男美女揃い、豪華な衣装も見所。ストーリーはとてもシリアスでした。それはそれで楽しめたのだけれども、エピソード4〜6の突っ込みどころ満載のおおらかさ、スペースオペラの能天気な明るさはなくなっていたんですよね。
そういう意味で、今回のエピソード7は、エピソード4に続く感じがします。

sw_tfa_otherphoto_01_large.jpg
前作をイメージできるレトロなマシン。
多数登場するマシンは、エピソード4の頃のアナログな感じ(笑)
sw_tfa_sub_03_1_large.jpg
中でも一番人気はこれでしょう、BB-8
くるくる駆け回るコイツのかわいらしさときたら(笑)

さて、以下の記事はネタバレのつもりはないんですが、皆さんネタバレには最新の注意を払っているようなので、私も念のためたたんどきますね。
まあ、ちょっと検索すればあらすじはわかるんですが。
------------------------------------------------------------------------------
デス・スターが破壊されてから約30年後。銀河帝国は再び勢力を増している。
ジェダイの騎士ルークは行方不明。ジェダイは本当にいたのか?という伝説になりつつある時代。共和国でレジスタンスを率いるルークの妹レイアは、銀河帝国に再び立ち向かうためルークを探し続けます。
star-wars-episode-vii-the-force-awakens-100.jpg
ルークの手がかりを探し、砂漠の惑星ジャクーにやってきたレジスタンスのパイロット、ポー・ダメロン。このラテン系ハンサムな彼、エピソード4に出てたんじゃない?ってくらい、ある意味古典(笑)

sw_tfa_sub_02_large.jpg
惑星ジャクーで孤独に暮らすレイは強く勇ましい少女、ナウシカのようなイメージ。
なぜこの暮らしを続けるのか?ただの強気な女の子ではないことは冒頭から丸わかり。
そして動き出した彼女の運命は、もう止められない。
相棒となるフィンのいきさつは、なかなか新鮮、映画の明るさの一役に。
この爆発のシーンもなんとなく昔の映画風(笑)

starwars_forceawakens_new.jpg
そして来ました、ハン・ソロ。
ある意味勝ち組なハリソン・フォード演じるハン・ソロは、年取ってもむちゃするキャラが全く変わってない。
それよりチューバッカがぜんぜん老けてないぜ!(爆)
レイア姫との関係は、まあこの二人ならそうなるよねってことなんですが、実はもっと深刻な事情があるんですねえ。
レイア役のキャリー・フィッシャー、歳はとりましたが、ファンが心配するほど「アレ」じゃなくてよかった(笑)
sw_tfa_otherphoto_04_large.jpg
ハン・ソロとチューバッカが乗るのは、もちろんミレニアム・ファルコン。
おんぼろ宇宙船がこれからバシバシ活躍しそう。
C-3POやR2-D2ももちろん登場。

sw_tfa_sub_01_large.jpg
帝国軍のカイロ・レンはダース・ベイダーの生まれ変わりのようなキャラ。
影のある美声年、こちらの出生の秘密もだいたい想像通り。帝国軍の暗黒具合も前作通り。

b9bc23523b76ebd739b85af4b6a4ba54.jpg
砂漠といい、夕日が似合うところといい、レイはエピソード4、ルークの少年時代を思い起こさせます。

ファンなら、こことここはこうつながって…このあとこうなるんじゃね?…と、あっという間に想像ついて、たぶんその通り。
「あんた、死んだじいちゃんにそっくりだね!」て、親戚に言われる感じ(笑)
その意味ではパターン化しているのですが、前作のイメージを踏襲しているという点では、懐かしく居心地いい。
そういう定型パターンを楽しめるかどうかで、評価がわかれそうですね。
私としては、次作のエピソード8も楽しみです。

関連記事
映画 | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
こっそりお待ちしていました・その2
そうはいっても何しろ公開時期は私にとっては比較にならないほど大事なXOI公演があるし、その後しばらくはXOIの余韻に浸りたいし年末年始で忙しいしで見に行ったのは1ヶ月以上経った1月下旬だったんですけど(笑)。
余りというかほとんど期待していなかったけどずっと見てきたので一応見ようかなくらいの軽い気持ちで、私以上にどうでも良さ気だった夫も「せっかくだから見に行かない?」と誘ったら行く気になってくれたので一緒に行きました。

7話のストーリーは1&4話とシンクロするだろうと思っていたからだいたい話の筋は想像通りに進んだけど、私も結構楽しめました。
キャリー・フィッシャーは公開後もいろいろ言われたらしいけど、普通に年相応だったから「事前に厳命されてたらしいダイエット頑張ったんだろうなぁ」って思ったし、エンディングテロップで出番がアレでもあの方の名前はこの位置なのかぁとか変なところに感心したり、心の中でいろいろ突っ込みながら見たり、そんな中で大好きなルークのテーマが聴こえてきた時はかなり嬉しかったです。
次回作は楽しみだけどちょっと寂しい気持ちになりそう。
スターウォーズでした
私がニルギリさんのブログを知るきっかけとなった映画ですから、やっぱりここは何かコメント入れなきゃと思いまして…大した感想はないのですがたびたびのお邪魔ですm(__)m

ディズニーに移って、どんな感じになるのかなと心配していたのですが、先に観に行った二男から、「スターウォーズしてたよ」と言われたので観にいきました。本当にスターウォーズでしたね(笑)

XOIのことで頭がいっぱいだったので、内容もキャストも知らずに観に行き、ハン・ソロが出てきたことにびっくり!たしかハリソン・フォードはこの役が嫌いだったような…
私も二男も洋画には疎くキャリー・フィッシャーのその後についても全然知らないので…二男が「レイアはきれいなおばあちゃんになったって感じ」と言っておりました。

エピソード4を観たときのように単純に楽しめました。次回作も楽しみです。
>春紅葉さん
> そうはいっても何しろ公開時期は私にとっては比較にならないほど大事なXOI公演があるし、

コメントありがとうございます。
そうですよね、私も年内はそれどころじゃなかった(笑)

> キャリー・フィッシャーは公開後もいろいろ言われたらしいけど、

女優への風当たりはキビシイ(汗)でも、最初のエピソード4の時から、いろいろ突っ込まれてましたからね。
とにもかくにも「お姫様」、年取ってもお姫様だから、ハードルが高いのはしょうがないです。
あと、エンディングの1シーンしか登場しなかったあの方は、それ以前にムードぶち壊しの出演映画とかも見ていたので、それ思えば、役柄と設定に合った容姿だと思いました。

テーマ曲が聴こえてくるとわくわくしますね。
あと、突っ込みながら見るのがスター・ウォーズの醍醐味でしょう(笑)
次回作というかエピソード7〜9は、レイが主人公ですからね。時代は移り変わります、さみしいけれど。
>Mieさん
コメントお待ちしてました。いらして下さると思ってました(笑)

> 本当にスターウォーズでしたね(笑)

ですね。ディズニーとはいえ、とんでもないことにはならないと思ってましたが。

> ハン・ソロが出てきたことにびっくり!
>ハリソン・フォードはこの役が嫌いだったような…

!…ポスターに出ているでしょう!
ハリソン・フォード的には、ハン・ソロって頭悪そうだから嫌だったのでしょうか?
でも、これがなかったら、今の地位はなかったかもしれません。

スター・ウォーズ好きとしてはまずまず満足が多いのかな。
次回も楽しみですね。

見ました
リアルタイムでSTAR WARSを見続けてきたものとしては、SWの復活は嬉しい限りです。
SWEP4が日本に上陸したときは、既にアメリカで大ヒットし鳴り物入りでの登場でした。その時点でルーカスは全9部作構想を語っていました。
その最終3部作がいよいよ動き始めたわけですが、このような作り方だとEP9では終わらないかも(汗)
そして、この作品はディズニー作品になったわけですが、当初ルーカスが意図していた作品になったのかどうかも興味はあります。

さて、本作ですが



※※※以下ネタばれ※※※


ニルギリさんのおっしゃるように突っ込みどころ満載の作品。
ハリソン・フォードが登場したシーンでは、「これだけの大物がよく出てくれたものだ」(この段階で、SWを一ランク落として見ている自分が・・・)と思ったり、自分の出世作だからオファーが来たら出るしかないのかな?とも。
その割にはあっさりと・・・(以下自粛)。でも、EP5からEP6への流れもあるから、EP8でも・・・(以下自粛)

結局このSWシリーズは以前の作品でも思っていたけど、なまじっか(理)力(フォース)を持った親子が宇宙を巻き込んでの親子げんか。本作ではファミリーが増えて、反抗期に差し掛かった甥っ子とそれでいじけちゃったおじさんのせいで大宇宙を巻き込む親戚げんかへ発展(宇宙版応仁の乱)へ。
それより、EP6で宇宙の悪い奴は成敗されたから平和が訪れたはずなのに、あの平和はどこへ行った?やっぱり、こいつらのせいか?と突っ込みながら楽しく見させていただきました。


そうそう、この作品は初めて4DXで見たのですが、イスは揺れるし、水掛けられるし、風吹きかけられるし・・・。
何かの機会に一度体験してもよいかも。

そう言いつつEP8を楽しみにしています。
それよりST3の方が先か。
Re: 見ました
> リアルタイムでSTAR WARSを見続けてきたものとしては、SWの復活は嬉しい限りです。

リアルタイムで見てるってやっぱり違いますね。
全9作で、6作品作ったけど、あとは資金難で作れるかどうかわからない…みたいなことを聞いたことありますが、ディズニーだからできたってことですよね。

> なまじっか(理)力(フォース)を持った親子が宇宙を巻き込んでの親子げんか。

家族の物語って言いなさい(汗)

> それより、EP6で宇宙の悪い奴は成敗されたから平和が訪れたはずなのに、あの平和はどこへ行った?

それは、クッツさんのお好きなペリー・ローダンシリーズと同じでしょう(笑)

> そうそう、この作品は初めて4DXで見たのですが、イスは揺れるし、水掛けられるし、風吹きかけられるし・・・。

私は3Dもあんまり好きじゃないんですよ。ストーリーに没入しにくいので。
それこそディズニーランドのスペースマウンテンとか、ああいう感じ。

> それよりST3の方が先か。

そうですね、そっちも好きですよ。
エピソード10まで?
ネットのどこかで今回のシリーズは4部作になるって見たのですが、いずれにしてもそろそろ決着してほしいです(笑)。

ラジオ番組がyoutubeになってるのを映画見たあとで聴いたのですが、クッツさんの疑問の回答にもなると思うしよろしかったら聴いてみてください。
 https://www.youtube.com/watch?v=mw4MHgOInfc
>春紅葉さん
4部作ですか。まあ、大団円ですからね(笑)

> ラジオ番組がyoutubeになってるのを映画見たあとで聴いたのですが、

なるほど、創作って自分にないものは出てこないってことでしょうか?
大物になるのも大変ですね(汗)


管理者のみに表示