こづ、引退

2016年03月17日
小塚崇彦 オフィシャルWEBサイト 「ありがとうございました」

ああ、ついに来たか…と。
ここ数年は故障に悩まされていましたし、引退は視野に入っていたと思います。
ワールドと4CCも逃したことが、最後の一押しだったかな。

本当にすてきなスケーターでした。
何をやってもさわやか、清流のようなスケート。ここ数年はその中に男の色気が加わり、楽しませてくれました。
衣装だけは8割がた微妙でしたが(汗)

故障さえなんとかなれば、まだまだ活躍できそうでしたが、故障を一つ抱えると、ぶり返したり、かばっていた別の所をケガしたり、やっかいなものです。
はたからは、ケガが治れば…という思いで見てますが、健康はアスリートのモチベーションに大きく影響します。故障を抱えてのこの数年間は、メンタル的にも大変だったろうと想像できます。
しかしこの経験は、これからの彼の人生をタフにしてくれるんじゃないかなと思っています。

たくさんの名シーンがありましたが、やっぱり記憶に残るのは、2011ワールドの銀メダルですね。
応援していたダイスケは靴が壊れて失速。沈んだ気持ちに光明という感じでした。

あの年は本当にいろいろなことがありました。東日本大震災で東京ワールドはモスクワワールドへ。福島県人の自分には、震災と原発事故があまりに大きくのしかかり、もうフィギュアスケート楽しめないんじゃないかというところから、少しずつ気分を持ち直してきた頃でした。
地上波の放送には、ひっきりなし震災関連の情報と余震のテロップがかぶって、私はフィギュアスケートに集中できないので、関西の友人にダビング頼んだっけな。
-------------------------------------------------
SOI 2016 JAPAN TOUR
最終公演のチケットは買っていたのですが、こづの引退公演になろうとは…。
できたら、歴代変衣装でメドレーお願いしたい(爆)

佐藤家の型紙ティッシュの箱ジュリエットががっかりしそうなユニクロ昭和のプロボウラーアルミホイル地球防衛軍ナウシカなのになんで?
…衣装が変ってこともありますが、なんでこうプログラムと合ってないチョイスをするのか謎だらけなこづの衣装でした(汗)
って、けちばかりなのはなんなので、好きな衣装はこれ
-------------------------------------------------
引退後は、プロ宣言でもなく、大学で後進の指導でもなく、トヨタの社員になるとか。
結婚して、引退して、企業の社員になり…潔くて、こづらしいといえばそうかな?
もしかして、働きながらジャッジやスペシャリストの資格を取るのかな?…なんてことも想像していますが…。
会社員という立場でもいいから、ショーで滑るところを見たいですが、どうでしょうか?
どのような立場かわからないけれど、いずれはスケート界に貢献してくれると信じています。

これまでありがとう。
そしてなにより、これからの彼の人生が、より良いものであることを祈って、新しいスタートを祝います。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
とうとうこの時が
ソチのシーズン後、ずっと覚悟していたのですが、実際その時が来たら、引退発表の夜はめそめそ泣いて過ごしました(苦笑)。

小塚くんには、素晴らしい演技をたくさん見せてもらったことはもちろん、一人の少年が、素敵な大人の青年に成長していく様子を見せてもらえて、本当に幸せでした。感謝の気持ちでいっぱいです。

引退後もショーで滑ってくれるだろうと勝手に思い込んでいたので、「氷上を去る」と聞いて、ショックを受けています。あのスケーティングがもう二度と見られないなんて!まだまだ見たかったよー。
しかもSOIの最終公演が引退公演って、発表が遅すぎる!もうチケット売れ切れてるじゃんか~(泣)。
ニルギリさんがうらやましいです~。楽しんできてくださいね。
>マイキーさん
> 実際その時が来たら、引退発表の夜はめそめそ泣いて過ごしました(苦笑)。

まあまあ、そう悲しまずに…。
ファンとしては残念でさみしくてならないでしょうが、引退もスケート人生の一部でもありますからね。
それに、彼の新しい人生を祝福しないと。

すてきなスケーターでしたね。
美しいスケートで楽しませてもらいました。
故障が続いた頃は辛かったと思いますが、どんどん大人になってきて、さわやかな中にも色気が感じられて好きでした。
そういう成長過程も楽しめるのがスケートファンのいいところですよね。

> 引退後もショーで滑ってくれるだろうと勝手に思い込んでいたので、「氷上を去る」と聞いて、ショックを受けています。

ちょっとびっくりですよね。後進の指導しながらプロスケーターかなと思っていたので。
思う所はいろいろあるのでしょうね。
でもきっとスケート界に関わってくれるようになると思っています。

NUMBERWeb最高の選手、指導者になれたはず……。至極のスケーティング、小塚崇彦の引退。
http://number.bunshun.jp/articles/-/825300

管理者のみに表示