森の椿

2016年04月05日


わが門の片山椿まこと汝わが手触れなな土に落ちもかも
物部廣足 万葉集 

我が家の門に咲く片山椿よ。私が手を触れないうちに落ちてしまうのか。
椿とは美しい女性、想いを寄せる女性が誰かの手に落ちてしまうのではないか。
故郷をあとした防人(さきもり)の歌。

関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 白い椿 | HOME | 高台の梅林 »