FC2ブログ

2010バンクーバー、男子シングルSP

2010年02月18日
Figure Skating Schedule and Results

日本選手の健闘に喜びつつ、ジュベールの事を考えると、なんとも気持ちの整理はつきませんが、今はあれこれ考えていてもしょうがない、ベストを尽くすこと、前に進むだけです。

エフゲニー・プルシェンコ選手
優勝候補筆頭が、早い段階で滑走とは、シェン&ツァオと似たようなパターン。男子シングルもその道を歩むのでしょうか?
彼の演技については、もう書き尽くされていて、皆さんの意見とほぼ同じです。
失敗の気配がみじんもないクワド、すごい…けれどどこか物足りない、アランフェスという曲を表現しているようにも見えない。
でも強い…うらやましい(笑)
例えば、カナダのクワドジャンパー、レイノルズ君が4+3の完璧なジャンプを決めたとしたら、この得点は出るでしょうか?スケーティングの技術が違うと言われればそうですが、出るわけないですね。
しかし、この圧倒的な勝負強さは憎らしいほど。
「悔しかったら、跳んで見ろ、お前ら」と…キスクラシーンにアテレコしたい(笑)
関係ないですが、キスクラのミーシンコーチ、ネクタイ、シャツ、ユニフォームジャケットの組み合わせがひどすぎるんじゃないでしょうか?(笑)

アーテム・ボロデュリン選手
手足の振り回し方(苦笑)が、プルさんそっくり。
ビスクドール風麗しい美少年ももう20歳。悪くないと思いますが、もう少しインパクトがほしいかな。

ハビエル・フェルナンデス選手
顔がダビデ像に似てます。
ボンドメドレーならスーツでしょ?(byジュベ)
ミニスカか?…それはヨナちゃん。
衣装はなんとなく違うような気がしますが、ジャンプミスはあるものの、いい演技でした。
好きなタイプの選手です。今もモロゾフ組ですよね?
クワドも持っているとか、将来が楽しみです。

ゴージャスな第4グループは、デニス・テンから。
前半緊張のためか固い感じでしたが、後半は盛り上がりますねえ。
キスクラが、親戚のおっさんとおばちゃんにかまわれている思春期の中学生みたいです。

高橋大輔選手
エッジカバーが紅白。衣装もマイナーチェンジ。
ライブで見た時は、緊張感のあまり(私がです!)よくわからなかったのですが、帰宅後ゆっくり見ると、いいですねえ。
コンボはひやっとしましたが、ステップはシャープ、スピンもきれいでした。ようやくステップのレベル4がとれました。
エレガントで華やか、表情がまた輝く笑顔でして、思わずスロー再生したりして(笑)
この日の9時のNHKニュースは、トップのタイトルバックがダイスケ、これが表情がよくわかるいいシーンなんですよね。見逃した方、探してでも見てくださいね。

アドリアン・シュルタイス選手
大変、衛星回線が切れる!…あ、それはフリーか(爆)

ステファン・ランビエール選手
両肩に付いているのはトリュフ(キノコ)でしょうか?さすが高級ブランド選手(爆)
2Aにして、確実に4Tコンボを決めるはずでしたが…うーん、残念。
しかし、後半の華やかさ、盛り上げ方は、ちょっとずるい!と思うくらい(汗)
ミスありも高い得点、納得してしまう自分がいます。

織田信成選手
緊張感が漂ってましたが、そのなかでこれだけできるのはすごい。
ジャンプは安心、どんな時でもきちんと決める、どれだけトレーニングしてきたがわかりますね。
PCSが伸びなかったのは、ランビのあとだったからでしょうか。
終了後のインタビューでは、もう泣きそうで…まだ早いって。

ブライアン・ジュベール選手
この日のために何年も準備してきた、それは彼だけではないのですが。
今は自分自身に対する怒りか失望でいっぱいだと思う。
もう失うものはないのだから、FSでは歴史に残る、記憶に残る演技をしてほしいです。
そうはいっても、このSP18位、プライドやモチベーションがボロボロになっていないといいけれど。
ただここで、逃げの演技をしてはいけない、しっかり受け止め、ベストの演技をするこでしか立ち直ることはできません。
この試練を乗り越えてくれるでしょう、彼ならきっと。

18位のジュベール「あんなミスはしたことがない」=フィギュア男子SPコメント

小塚崇彦選手
アクセルのミスが悔やまれますが、それ以外は今季最高のだったと思います。
流れの美しいスケート、観客へのアピールもできていました。
苦しいシーズンだったと思うけれど、この苦労は今しかできないので、がっつり学んでほしいです。
FSはのびのび力を発揮できたらいいですね。

パトリック・チャン選手
カナダのプレッシャーを克服できるか?が焦点だったわけですが、このような結果になってしまいました。
スケートは相変わらず美しいけれど、笑顔もどこかひきつっているような、ベストには遠いですね。
ジェフと2枚看板だったら?なんてつい考えてしまいます。

ジョニー・ウィアー選手
色っぽい!熱っぽい!ジョニー素晴らしい!…と思ったのですが、点が伸びない(涙)
うーん、キスクラでは平静でしたが、なんとも歯がゆい。

トマシュ・ヴェルネル選手
本調子ではないようでした。
ジャンプが決まらなくても、ステップなど、キレのいいスケートで魅せてくれるトマシュなんですが、今日はそれすらも危うい。本当にどうしてしまったのでしょうか?

エヴァン・ライサチェック選手
出たなハゲワシ!やはり黒か…ヤナさんの羽を分けてあげたい(笑)
演技後、感極まった表情が全てを物語っていますね。
トリノの失敗、DGと低迷時期、故障、それらを乗り越えてきてるんですよね。
ノーミスの演技、見事でした。

ジェレミー・アボット選手
別にジュベが誘ったわけでもないと思いますが、こんなとこ来ちゃいました(涙)
1A、2ルッツ、実力が拮抗しているので、ミス次第では10位も…だったわけですが、それを上まわる15位とは(汗)
失敗したジャンプ以外は、流れも美しくよかったと思うのですが、得点はでませんでしたね。
リンクサイドで迎える佐藤コーチに、懐の深さが見えたような気がしました。

ミハル・ブレジナ選手
小気味いい動きが楽しい!
予想される表彰台候補の演技が終わったこともあり、ここがオリンピックの魔物が棲む場所だということをしばし忘れました。
パーフェクト、しかし点はのびないですねえ、若手には辛口のジャッジですね。

上位4人が素晴らしい内容。
ミスありも、ランビ、パトチャンは高い得点。もう少しあげたいのは、ミハル、小塚、アボちゃん。
SPが1位でうれしいのは、大量リードをしているときだけです。
今回の場合、1~3位まで差がないも同然、プルさんも良くわかっているでしょう。
ただ、最終滑走が百戦錬磨のプルさん(できすぎたドラマですね)、他の選手の出来によっては、クワドを1回にする安全運転も可能…安全運転でクワド1回もすごいですが(汗)

ダイスケとクワド
報道などでは、クワド論議が再び活発に、いい悪いはともかく、いい機会なのでどんどん話題にするべきと思います。
SP3位までの記者会見では、プルさんの発言に対し、ダイスケがジュベの分までしゃべってくれているようで頼もしい。
プルさんと同じ土俵にいるという事実もうれしい。
FS、ダイスケのクワド成功率がどのくらいなのかは、正直わかりませんが、金を狙う以上、挑戦するでしょう。
今のダイスケは、安全策では攻めの気持ちが失われてしまうと思いますし、それは彼のオリンピックではなくなってしまう。
競技はまだ半分、どんな結果が待っているかわかりませんが、やりきった…そう思えるには、もうクワドはなくてはならない技になっているのだと思います。
そういう彼を支持して応援できる、ファンとして誇りに思います。

高橋大輔「4回転を成功させたい」=フィギュア男子SP選手コメント

関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
新しい歴史が刻まれる日
おはようございます。

SPの日もそうだったのですが、今日も朝から気持ちが平穏です。
だから大ちゃんはきっと素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれますよ。
もちろんそれでも始まったらハラハラしてしまうのでしょうが、完成版の「道」を観るのが楽しみという気持ちがすごくあります。

SPでは残念だったジュベ、トマシュ、アボちゃんも是非笑顔で終われるといいですね。そしてもちろん大ちゃんも…。歌子先生は泣いてくれるかな(笑)。
今日も思いはパシフィックコロシアムへ、ですね。
>春紅葉さん
すっかり返信遅れて申し訳ありません。
本当に、新しい歴史が刻まれましたね。

SPに関しては、プルさんが普通にクワドを跳べば高得点はわかっていたので、ダイスケがどこまで迫れるか?が気がかりでした。
差はないも同然、ほんとは3位で悔しいはずなんですが、同じ土俵にいる喜びを感じました。

FSもまた泣き…笑い…
いろいろありました。それはまた別の記事で。

管理者のみに表示