FC2ブログ

ジュベールのバンクーバー

2010年02月23日
男子の感想を書こうと思うのですが、ジュベールのことを考えると、なかなか気持ちの整理がつきません。
自分の気持ちを整理しておきたくてつらつら書いてみますが、あくまで私見ですので。

バンクーバーでは、ダイスケとジュベールが金銀!だったらいいな!…なんて考えていたのですが(あながちない話でもないでしょう?)ジュベールの結果には、驚きを通り越してしまったかな。
私は物事を切り離して考えたいタイプなので、男子終了後はダイスケ銅メダルの幸せな気持ちに浸っていました。
ジュベールのことが、ダイスケのくれた喜びに水をさすようなことにはなっていません。

日本選手ならばともかく、遠い国の選手の情報は間接的にしか知ることができません。話す言葉を聞き、彼の気持ちを推し量ることも、深い意味では無理です。
結局の所は待つ、ファンとしては見守るしかない、そんなふうにも思っています。

SPの出遅れは、これだけ実力が拮抗している選手が揃っていれば、どの選手にも10位くらいもありえる展開でした。
しかしSP18位とは…。
得点差や内容もありますが、この順位にはプライドも誇りもずたずたになったのでしょうね。
いいのか悪いのか、競技には中日があり、そこでなんとか立て直してほしいと願っていましたが、さすがにこの位置からは難しかったようです。
後半は切ない気持ちが先に立ち、無事終えてくれと思って見ていました。
フリーは16位、現実とはいえフリーのTESが59.12、彼にはちょっとありえない点数ですね。

ジュベールはユーロで、復活組のプルさんとランビに敗れ3位でした。プルさんはともかく、いい出来とは言えないランビには勝てると思っていたはずです。
ユーロの順位でメンタル的に敗れていてたことが原因では?というコラムを読みましたが、私にはわりと納得できる説でした。
後付けな話ですが、トリノシーズンのGPS、GPFで、オリンピックに出場しない真央ちゃんに、その頃負け知らずのスルツカヤ選手と荒川さんが敗れていました。
たまたま運が…という話で片付けることはできるけれど、スルツカヤ選手はこの時すでに(メンタルで)負けていた…と言ったのがタラソワさんでした。
一方、ある意味落ちるとこまで落ちていた荒川さんは、開き直って出直すことでその影を振り払い、トリノで結果を出した、ということになりますね。(あくまで後付けの想像ですが)
こういった話は、例を出すとけっこうたくさんあって、今季不調の真央ちゃんは、シーズン序盤にヨナ選手に得点以上にメンタルで大敗しました。後日、元コーチのアルトゥニアンさんが、前述のタラソワさんと似たような事を言って、真央ちゃんを気遣っていました。

チャンピオンの称号をもつ選手の難しさはあると思います。
ジュベールについては、自分への過信でしょうかね。
バンクーバーの結果には、本人が言う通り年月をかけた根深い原因があるようです。
家族の問題、長続きしなかったコーチの問題、今思えばいろいろ…。
ただそれも間接的に聞こえてくる情報からでは、私にはなんとも…推測でしかないですが。

ここからどう立ち直るかは、それぞれのやりかたがあるでしょう。
スタッフや家族、連盟しろ、彼の窮地をなんとかしたいのは同じはずです。もちろんファンも。
結局の所、考えて結果が出せるものではなくて、氷の上で動き続けるしかないのかなと思います。
心と体はつながっていて、体が弱い時は心が、心が弱い時は体が、きっと助けてくれると信じています。
…ジュベールの場合は筋肉かな?(笑)

ガキな筋肉野郎ですが、彼のスケートが大好きなことに、特に変わりはないワタクシでした。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(9) | Trackback(0)
Comment
初めまして。いつも読ませてもらってます。
私は、ランビファンでジュベファンではないのですが今回のジュベの結果は本当にショックでした。
ジュベには絶対に金をとって欲しかったです。ユーロの結果がメンタルに影響与えたかと思うと切ないですね。
ランビファンの目線から見ると彼のPCSの点の出され方は恐かったです。
ジャンプ失敗しても高くPCSを出されるのはかえってランビを苦しめてると思います。ネーベル後にミスしても高く点が出る事を自国メディアにも質問されてましたし、引退前の最後のシーズンもPCSについて色々言われてましたし、救済されてるのも自覚してるようだったので余計にミスをしてはいけないと心理的に負担がかかってたんではと思います。
今回、大輔君がランビの上にいってくれて本当に嬉しかったです。
点数の差が僅かしかなかったので、ジャッジのちょっとした匙加減でランビが上に行く事もあったかと思うと恐ろしかったです。
万が一あの出来のランビが上にいってしまったらとても悲惨な状況がランビに待ち受けてたんではないかと想像してしまいました。
4回転もそうですがPCSについても採点を見直してほしいですね。
今回、ジュベには金を!ランビには心に残る演技を!と期待してたのですが
それが叶わずなんとも切ない五輪になりました。
ジュベは現役続行するそうなのでこれからの活躍と健康を祈ってます。
スイッチ入るといいですね。
こんにちは。

大ちゃんの銅メダルに浮かれてしまい、他の選手のファンが悲しむような言動をしていたかも、と心配していましたので、少し救われました。
私自身外国語は苦手だし、海外の情報にはどうしても疎くなってしまうから、応援しているのが大ちゃんで幸せです。
でもさすが日本人?ランビのサイトは日本語でも読めるから見てきたのですが、今回フリーでの精彩を欠いた(いい時のランビ比)演技は、要約すると「金メダルしか望んでいなかったから前半のジャンプで失敗した時点で気持ちが切れてしまった」ということだったようです。

メダルを狙える位置にいたランビでさえ、演技中にモチベーションが下がってしまったのです。ジュベール選手がフリーで立ち直れなかったのは仕方ないことだったのでしょうね。
1ヶ月あまりで気持ちを立て直せるのか気になりますが、ワールドでは元気な姿が見られることを願っています。
やっぱり強いライバルと競っての方が、金メダルの嬉しさが増すと思うから…。(今度お会いした時、殴られる覚悟しておきます・笑)
>あやさん
初めまして、コメントありがとうございます!
お気遣いありがとうございます。

私はランビも大好きです。くやしいくらい魅力のある選手だと思っています。
たしかに、ランビのPCSはいつも高いですね。
最終順位は、ユーロではジュベが、バンクーバーではダイスケが上でもいいのでは?というのが、(自分なりですが)客観的に見ても本音です。
ただ見返すとそうかな…と納得しまうような…魅力を感じますから、これまでも不当だとまでは思ったことはありません。
文句なく勝てなかったのは事実、僅差ですと、これはもう運かなあ…くらいに思いますし。
ダイスケのフリー5位は、ちょっと悲しかったですが、彼のPCSも十分高いですし、総合3位でしたので、結果オーライです。
ランビファンの方々がそのように危惧されているということは、はじめて知りました。

ジュベのPCSもそれなりには出るようになったきました。
ぶっちゃけPCSの高いランビやダイスケは、理想のスケーターとして、ジャッジに愛されているような気がします。ランビのPCSの高さに泣いてきたダイスケも、いつの間にかランビの領域かもしれません。

ジュベには、ここから学び、出直してくれればいいのです。
そうしなさいというスケートの神様の計らいかもしれません。
そして強くなって帰ってくるのを待ってます。

4回転論争については、皆さん思うところありますよね。
本来この舌戦には、ジュベが加わってないといけないんですが(苦笑)
歯がみしてくやしがるくらい元気でいるならいいけれど。
>春紅葉さん
春紅葉さんもお気遣いありがとうございます。
何も気になさるようなことありません。

フィギュアスケートは、芸術面に引かれてファンになる方も多いので、好きであればあるほど深く考えてしまう傾向が(自分にも)あると思います。
採点競技ですから、時に釈然としないこともありますが、これはやはりスポーツ、結果と順位が出ることで、すっきり割り切れる、割り切ることも必要な気がします。
選手の方が逆に割り切っているようにも見えます。

だれにでもいい時と悪い時があります。
苦労した分、どんな形かわからないけれど、きっと幸せもやってくると思うので、腐らずこつこつ頑張ってほしいです。

>今度お会いした時、殴られる覚悟しておきます

了解しました、では私はボクシングジムで蹴りの練習を…(爆)

ダイスケたち男子3人、元気に女子SPの応援してましたね!
こっちもいい結果がでるといいですね。
ニルギリさんこんばんは。
今回のジュベールには、本当に心が痛みました。表彰台の三人を見ては「本当ならジュベも表彰台に立ってたはずなのに」と思い、プルさんがぶーたれればぶーたれるほど「ああ、本当はここでジュベが「やっぱり男はクワドだ!」と言ってなけりゃいけなかったのに……」と思い。本当にファン心理とは勝手なものです。

今回の不調は、いろんなことがジャンプのミスで一気に噴き出てしまったのでしょうね。家族の問題、コーチの問題、クワドが報われない採点へのいらだち。元ワールドチャンピオンとしての意地やプライドも、悪い方向へと働いてしまった。すべての歯車が狂うとこんなことになるんだ……と、あまりのことに呆然としていました。

この先彼はどうするのでしょう。地元を離れたくない、でもこのままではいられない。きっとジレンマの真っ只中でしょうね。幸い、地元のファンもマスコミも、ジュベをそれほど悪く言ってないようです。ジュベ本人よりG会長のほうを叩いてるみたいで(汗)。しーちゃんも武史も「彼本来の姿ではない」「本来の彼が見たい」と言ってくれて、ああ、みんな彼をわかってくれてる、応援してくれてるんだな、と胸が熱くなりました。

とにかくもう一度「戦う」気持ちを取り戻してほしい。今度こそ全身に闘志をみなぎらせてがつがつ貪欲に試合に挑む彼を見たいです。
そして今度こそ、大ちゃんとチャンピオンの座を争って、クワドジャンパーで金銀を分け合ってもらいたいと思います。
四回転論争については
やっぱりいろいろ思います。
プルシーとしては今回も金をとり、絶対王者ぶりを見せつけることで打開できると考えたのでしょうけど、あの出来では…。どうして4回転もうひとつ跳ばなかったのかが疑問です。

今回の四回転論争を投げかける役は、競技から離れていたプルシーではなく、現行ルールのもとでずっと闘い続けてきたクワドジャンパーの誰かであってほしかったです。ジュベを筆頭に、トマシュ、アボット君などの。
それもできれば抗議とか順位(必ずしも)という形ではなく、みんなの演技が感動を呼んで力となるようなのが理想でした。

英語圏のサイトでは、大輔くんのガッツを褒めるものが大多数ですが、中にはクワドにこだわって現行ルールで1番損をする、やってはいけないパターンと言い切るものもあり、悲しくなりました。そんなこと、わかってて挑んでるんだよ!と。

私はジュベールのビッグファンではありませんが、必ず復活してくれると信じています。
GPFの数日後だったか、「たとえ傷口が開こうとも、オリンピックは滑る」のコメントを読み、大怪我なんだなと心配でしたが、彼なら本当にそうするんだろうな(笑)と妙に納得しました!
きっと立ち上がります!
>美輪さん
今回の表彰台に文句はないのですが、ジュベがいてくれたらとつい思ってしまいますね。
妄想ではダイスケ&ジュベで金銀だったんですが(笑)

ジュベはどうするのでしょうね。
プライドで闘ってきた彼から、プライドを取り上げて出直せとは言いたくない私ですが、そんなこと言ってる場合じゃないんでしょうかね。
G会長はどうなんですかね、いつも悪代官みたいな役割ですが、彼は彼なりにジュベのことを考えてくれているとは思いますが。
環境を変えるのがいいかどうかは、私には判断付かないです。
出直すにはずいぶん遅いかもしれませんが、幸いいまは選手寿命が伸びている傾向にあるし、きちんとケアすればまだまだ現役は続けられると思うので、焦らずしっかり歩んでくれたらと思います。
>ひーまるさん
今回のオリンピックは、4回転の難しさを改めて証明したようにも感じます。
4回転にこだわり続けたジュベは、4回転を失敗したSPの出遅れを取り戻せなかった。
FSではプルさんと言えども4回転は1回が精一杯だったのかもしれない。
ダイスケは3回転までは順調に取り戻したのに、4回転はなかなか戻らなかった。
4回転に泣いたアボちゃん、リスクを考え回避した織田君、それぞれの選択があって当然ですが、4回転がいかに特別であるかがわかるような気がします。

>やってはいけないパターンと言い切るものもあり、悲しくなりました。

まあでも、いろいろな意見が出ることの方が健全かなとも思いますよ。そう落ち込まずに。
そしていろいろな選手が混在してるのも、フィギュアスケートの懐の深さであり、おもしろさであると思っています。
ひーまるさんもお気遣いありがとうございます!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示
« 笑顔 | HOME | 飛行機雲 »