水田に夕日

2016年05月09日


苗代に心のたねを蒔きそへてなくやかはづのやまとことのは
津守国冬 新千載集

苗代には稲に添えて「心の種」も蒔いたので、カエルの声も大和歌なのである。
古今集仮名序に「心を種として和歌が生まれる」とあることから。

そろそろ田植え、水が入った水田に夕日が映えます。だいぶ日も長くなりました。


関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示