FC2ブログ

2010バンクーバー、男子シングルFS

2010年03月03日
何と言ってもオリンピック、感想は残しておこうと思うのですが、おっつかないです(汗)
ダンスも楽しかったのですが、この時ちょうど仕事が多忙となり全く書けてない。
とりあえず、できることからこつこつと(笑)。

Figure Skating Schedule and Results

アドリアン・シュルタイス(シュル太)選手
前半のハイライトは彼でしょう。
正直変なヤツだけどおもしろい…というくらいの期待しかしていなかったのですが、冒頭見事な4Tを跳んできたのでびっくり!
…お、お見それしました(汗)
そしてプログラムは、あいかわらずキモイ動きが満載!楽しめました。
彼のジャンプは、回転の時に頭も微妙にぶれるというか、ゆらゆらして…これがまたキモく凶悪な感じで、プログラムにぴったりでして。
優等生タイプがもてはやされるこの業界、このキモイ怖い凶悪路線をこれからも続行して頂きたい。
そういえば、衛星回線切れなくて良かった。

彼を見るたび、とくに雄叫びが聞こえそうになると、同じ北欧の画家ムンクの「叫び」を自動的に思い出します。
ムンクはノルウェー、シュル太はスウェーデンですが、北欧つながりで(アジアを一緒くたにするようで気が引ける・汗)
そういえば、シュル太の先輩にしてライバル、ベルトソン選手もよく絶叫してたっけ。
…やはり民族の血か(笑)

munch_scream
ムンク「叫び」

ジェレミー・アボット選手
SP15位というあり得ない順位で、FSは9番滑走。
ただ考えてみれば、2~3年前の彼は、好不調の波がすごく激しく(SPに4Tを入れていたこともあって)SPで失敗してFSで怒濤の追い上げというパターンはよくあったし、慣れている…と思う(…おフランスのお山の大将よりは…涙)。
しかしGPSならともかく、オリンピックではこれくらいの追い上げが精一杯でしょうか(涙)
しかしスケーティングは別格に美しい!
FSのPCSだけなら6位。あんまり慰めにならないか(汗)

ブライアン・ジュベール選手
アボちゃんより、こういうケースでの場慣れは…してないのがわかりますね。
後半はちょっと正視できなかったです。
まあ自業自得?…といってしまうとそうなんですが。
聞いた話によれば、練習は再開しているもよう、良かった、良かった。
ジュベの意向で、ワールドはテストスケート(ジュベ・ポンちゃん。アルバン)で決定するとのこと。
強がっているんだろうなあ…と、読めてしまうのが、とほほ。

小塚崇彦選手
オリンピックで大きな収穫得て、成長したのは彼ですね。
多くのクワドジャンパーがクワド不調のなか、かすかに両足になったけれど、4Tも決めました…いやあ、爽快でしたね!
課題だった観客へのアピールも少しずつ、でも着実にできるようになってきましたよね。大舞台で観客やジャッジに印象づけることができたと思います。
得点はもっと上でいいと感じましたが、8位入賞は立派です。
あとはオーラとか、華とか、目ヂカラとか…え~と、とりあえず余ってそうなランビとプルさんに分けてもらいたいです(笑)

ミハル・ブレジナ選手、アモーディオ選手、デニス・テン選手、ボロデュリン選手、フェルナンデス選手。
若手は力を出し切ったでしょうか?
今回は得点が高めに出る傾向がありましたが、若手にはそうでもありませんでしたね。
まあ、オーラが足りないとでも思えばいいのか…ヤケクソ。
でもみんな良かったです、将来が楽しみ。
先輩選手が引退しなくても、打ち負かして上に行く、そういう強さを身につければいい…と言いつつ、すまん、もうちょっと後にしてくれ…とも思う弱気な私(苦笑)

パトリック・チャン選手
調子のいい時の彼に較べたら、かなり不調だったと思いますが、カナダの声援が後押しという感じで、総合5位まで浮上。
バンクーバーで引退と聞いていましたが、現役続投のよう…です、これでは終われないですよね。
スケーティングは素敵だけれども、表現面はまだまだチャンネルは少ないし、もっと選手として開花できると、個人的には思うので、現役続投は大賛成。

エヴァン・ライサチェック選手
ヘビの衣装に戻りました、グレーの衣装よりこっちの方がかっこいいですよね。
正直SPで貯金使い果たしたのでは?と失礼なことを考えていました…すまん。
ノーミス、素晴らしい完成度、文句なくフリー1位の演技、ただ、この時点(最終グループ第1滑走)では後の選手の出来次第だと思ってました。

織田信成選手
靴ひものアクシデントは、なにもよりによってこんな時に…!としか言いようがないですね。
演技は、冒頭から緊張マックスだったかなという感じがしました。
それでもジャンプは失敗しない、抜群の安定感はすごいです。彼がどれだけ努力してきたか…と想像すると、頭が下がります。
しかし緊張マックスで一生懸命になればなるほど、似合うはずのチャップリンが、織田君から離れていったようで残念。
こういう状況を想定して、織田君を助けてくれるプログラムがあるのではと…。
どうなんでしょうか?

ステファン・ランビエール選手
こちらもいい時のランビに較べたら…。
大好きな選手だし、素敵なプログラムだし…しかし、クワドもクリアとは言えないし、3Aは回避、フリー3位は、ちょっと…うーん疑問でした。

高橋大輔選手
滑走順がランビの後だろうと、誰の後だろうと関係ないな…そう思えるのは、ファンとして幸せです。
冒頭4Tは激しく転倒しましたが、それはある程度覚悟ができてました(苦笑)
そしてその後を破綻なく終わったのは素晴らしい。
引き続きスピンは不安だし、3連続コンボが決まらないとか、課題はいっぱいありますが(苦笑)
しかし、時間が経てばたつほど思うのは、あの大舞台で別次元の笑顔と幸福感、あとかわいらしさ?(笑)
今考えても不思議ですね。

4Tの挑戦やダイスケの想いについては、たくさんの報道やインタビューがあり、どれも納得できるというか、この人のファンで良かったと、つくづくそう思います。
そういえばフリー前日に、4Tは回避するべきなどと、アスリートモドキがテレビで発言していて腹が立ちました。彼がいかにフィギュアスケートを、高橋大輔を見ていないかが良くわかる発言ですが、まあ過ぎたことだし(笑)
全員とは言いませんが、テレビのスポーツ担当のキャスターや、また新聞などでもそんなこと書く記者は誰もおらず、当然ですよね、彼らはダイスケを長期で見ているからわかっているのでしょう。

それにしても今回のチームタカハシは素晴らしい。
特に実況もしていた本田コーチの記事やインタビュー内容は、一貫して冷静、鋭く頼もしかったですね。
この人がいてくれて本当に良かったと思います。
次々出てくるエピソードやら、インタビューがいいですねえ。
2/28の「3時間スペシャル」、3/1のNHK「スポーツ大陸」もよかったですね。

ジョニー・ウィアー選手
表彰台を狙うトップ選手は、ほぼ全員に得点が高めにでていたと感じますが、相対的に見てジョニーはそうではなかった。今回、最も不運かなと感じました。
あの素晴らしいパフォーマンスに対し、この評価は厳しい。ランビやパトチャンより上であっていいと思うのですが。
PCSにしろ、TESにしろ、最近の採点はどうも一貫性にかけますよね?
どういう基準なのかと思うことが多いです。

余談ですが、宇宙モノが好きな私、現在ISS(国際宇宙ステーション)に長期滞在中の野口総一宇宙飛行士は、ウェブでオリンピックを応援していたらしいです。バンクーバー上空からの写真も載ってました。
宇宙人(宇宙に居る人)なだけに、宇宙人=プルシェンコを応援してたりして?
などと思いましたが、日本の活躍を喜んでいるらしいです。
しかし考えてみれば、アメリカのスペース・シャトルは老朽化で引退。
野口さんは、行きも帰りもロシアのソユーズのお世話になっているですよね(汗)
やはり無視するわけには…(爆)

野口宇宙飛行士のtwitter

エフゲニー・プルシェンコ選手
男子シングルのオオトリが皇帝とは、またイキな計らいで(笑)
圧倒的な存在感です。

この時の私の正直な気持ちを書きますと…(あくまで主観ですので)
ライサがトップで、もちろん素晴らしかったのですが、いざクワドなしのオリンピックチャンピオンが誕生するかも…
そう思った時、「プル、やっつけろ」と思いました。
それまでのプルさんの勝ちパターン(クワド以外はお手すきで…)や言動に、どうなのさ?と思っていたはずなのに…(汗)
結果は残念ながら、プルさんのクワドは1本、他のエレメンツの質も良かったとはいえず、ライサ上まわることはできませんでした。

しかし私は、プルさんが先でライサが後の滑走なら、全く逆の発想をしていたたかもしれません。
3年休んでてクワドを1回しか跳ばないヤツに負けるな!…とか(笑)
私自身もそこに迷いがあるのだなと実感。

フィギュアスケートファンなら、みんなわかっていることだと思いますが…
今回、ライサの完成度が抜きんでて素晴らしかったのに対し、プルさんは4回転こそ決めたもの他エレメンツで取りこぼしが大きかった。
4回転はもっと評価されるべきだと思うけれど、今の採点は加算と減点、トータルで出す以上、こういう結果が出た(SPの点差もないことから)この順位は納得です。

4回転をめぐる論争は、長くなるので別記事で。

表彰台に日本人男子がいること、これはすごいことですね。
本田がソルトレイクで、今1歩届かなかったオリンピックの表彰台にダイスケが(涙)
彼自身は、正直難しいと思っていたとか。
ダイスケを応援しているからうれしいのはもちろんですが、日本男子がようやくここまで来たことに、誇らしく、そしてじーんときます。
またこれを誰かが更新してくれるでしょう。
あえてダイスケというには、ちょっと現時点では調子に乗りすぎなので、自粛(笑)
関連記事
フィギュアスケート | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
喜びと悲しみと
男子のショートは、ペアでの魔物の働きなんて、まだかわいいもんだったと思いたくなるような大番狂わせに、まさしく唖然呆然としました。トマシュ…アボちゃん…ジュベさん…(泣)。
フリーでは、心が折れてしまっても無理はない状況下、アボちゃんが中盤しっかり持ち直して総合9位に浮上したのにはほんと感動しましたし、ジュベさんは、ジャンプが絶不調なままだったけど、それでも最後のステップでは、渾身の思いをこめて滑っていることが痛いほど伝わってきて涙が止まりませんでした。一方トマシュは……本格的に心配です。なんなんだ、あの魂が抜け落ちてしまったような滑りは(泣)。

●シュル太
個人的に、本大会MVPを差し上げたい人その1(笑)。ショートでいきなり4Tを跳んで、ビックリさせてくれましたが、フリーでもみごとに降りましたね~。その上あの凶悪なプログラムで場内をあそこまで盛り上げられるなんて!!でかした!!

●小塚くん
彼はとても幸せな五輪デビューを果たしましたよね。個人的に、本大会MVPを差し上げたい人その2です(笑)。
彼のプログラムって、どちらともちょっと分かりにくいというか、万人受けしにくいように思っていたのですが(わたしは好きですけど)、会場のお客さんが大喜びしていて、とても嬉しかったです。

●パトちゃん
シーズン序盤の怪我、オリンピック直前にコーチ変更があった中、母国開催のオリンピックでメダルを期待されるエースとして、彼は、本当によくやったと思います。
バンクーバー前は、「オリンピックが終わったらスケートやめるかも」と発言していたパトちゃんが、フリー終了後、続行を宣言してくれて、ルンルン喜んでいます(笑)。彼が表現者として成熟していくのは、まさにこれからだと思うので、すごく楽しみです。

●エヴァンさん
ショートが終わった時点で、プルさんに勝てるとしたら、エヴァンさんなんじゃないかなと思っていました。大輔くんも、「道」をパーフェクトに滑れば勝てるだろうけど、現時点でちょっとそれは難しいかなと(もちろんファンとしては完璧にやれる!!と信じたかったのですが、四回転の調子がよくないみたいな話も聞いていたので…)。でも、エヴァンさんは、四回転を跳ばない代わりに、他をきっちり仕上げてきてるだろうから、あの「シェヘラザード」を完璧に滑りきれば、五輪チャンピオンへの道が開かれるかもしれない。そういう期待を込めて、彼の演技を見守っていました。
そしたら期待以上の素晴らしい出来栄え!!(感涙)この時点で、少なくとも表彰台は確保しただろうと思いました。

●織田くん
フリーはガッチガチでしたよねぇ。靴紐が切れた後のほうが、彼の負けん気が発揮されて、動きが良かったんじゃないかと思うくらい、前半は硬かった…(涙)。でも、最後まで集中を切らさず演じきった彼は、やはり凄い選手だと思います。心から拍手を送りたいです。
それから、観客の皆さんの温かさに泣けましたねー。演技再開後、拍手や手拍子で大いに後押ししてくれて、みんな、いい人たちだな~と感動しました。

●ステファン
ショートではランビ・マジック炸裂☆でしたが(笑)、フリーでは元気がなくて、最後のスピンで、「あれ、もう終わり?」と思ってしまいました。演技後のインタビューを読むと、ジャンプがうまくいかず、演技の最中に「金は無理」という雑念が入ってきちゃったようです。
トリノ・ワールドには出ないそうだし、オリンピックだけが復帰の目的だったようなので、彼の競技生活はこれでおしまい…なのかな?パーフェクトな「椿姫」が見たかったけど、それを残念に思うよりも、彼がもう一度、競技の世界に戻ってきてくれたことに感謝すべきですよね。ありがとう、ステファン!

●大輔くん
ライブでフリーを見ていたときは、緊張しすぎてあまり堪能できず、終わった後、大輔くんがガッツポーズを連発しているのを見て、「あ、良かったんだ…」と分かったという体たらく(滝汗)。
彼の銅メダルが決まって、解説の本田さんが、本当に幸せそうで、姿は映らないんですけど、声だけで、心から喜んでいるのが伝わってきて、胸がいっぱいになりました。

●ジョニー
ショートでもフリーでも、自分の目指すスケートをやりきりましたね。今季、一貫して得点が伸びないところを見ると、ジャッジの好みには合わないのかもしれませんが、わたしは好きです。
ジョニーが、ファンからもらったバラの花冠を指して、「これが僕の金メダル」と言ったそうですが、本当にその通りで、彼は彼の金メダルを獲得したのだと思います。

●プルさん
彼の演技が始まる前に、エヴァンさんと大輔くんのメダルが確定したので、わたしはすっかりリラックスモード。プルさんの凄い技術や彼独特のユニークな動きやポーズを、ニマニマしながら心ゆくまで堪能しました(笑)。
…でも、やっぱりオリンピックだから、さすがのプルさんも緊張しちゃったのかな?ユーロのときと比べて、ちょっと動きが硬かったような気がします。
勝負のことはすっかり忘れ、プルさんの世界に浸っていたので、結果が画面に出た後、「え…あ、あれ?プルさんが2位ってことは…ええええエヴァンさんの優勝!?」みたいなリアクションでした(爆)。

男子は、喜びと悲しみの振り幅がデカすぎて、ただテレビを見ていただけなのに、すごーくヘトヘトになりました。魔物は男子で大暴れしたからか、アイスダンスと女子ではお休みモードでしたね。できれば男子でも休んでてほしかったんですけどねぇ…(ため息)。
>マイキーさん

オリンピックでいろいろあることは想像できましたが、ほんとにいろいろあるもんですねえ。
トマシュは不調っぷりがすごかったので、想像できましたが、ジュベとアボちゃんには…(泣)。

イロモノ扱いをしてたシュル太が、あんなにいい滑りをするとは思っていませんでした。
まあそのう、メダル争いと無縁だとのびのびなんですよね(苦笑)
小塚はもちょっと得点ほしかったですね。

パトチャンはやはり地の利かなと(笑)
でも今回の結果で、別のスイッチが入ったのかもしれません。
現役続行となると、それこそクワドを無視することはできないでしょう。4回転も練習はしてたんですよね、以前は。これからの4年間をどう過ごすか、じっくり見たいと思います。

ライサは、男子シングルのなかで一番の完成度でしたね。隙がないというか、すばらしい集中力でした。
全米とちがって、黒い子ばっかりじゃなかったのも良かった!(そういう問題か!)
現役続行とのことですが、もうクワドは跳ばないのでしょうかね?ちょっとさみしい。

織田君の靴ひもの件、減点はもったいないですが、それでもアクシデントは最小限に抑えたと思います。
やっぱり緊張しいが…どうやって解決すればいいのか。

ランビは素敵ですが、今回はちょっとなあな内容でした。戻ってきてくれたのうれしいですが。
彼の色気やアーティストの雰囲気は、フィギュアスケートの格を上げてくれていると思います。
4回転ではなくて(汗)

ダイスケの時は、さすがに見てる方が緊張ですね。冒頭手がかすかに震えてたし(汗)
それにしても次々明るみになる衝撃の事実!
切れそうだった靴ひもを長光コーチがこっそり替えていたとか。織田君の件があったので、冗談でしょというくらいできすぎた話で(汗)
本田の靴で滑っていたとか。
本田は、実況しながらも一緒に滑っているいるような気持ちだったのかな?ちょっとウェット過ぎますかね?

ジョニーは、あの仕打ちによく耐えたと思います。
スケートは高難度のジャンプだけではないというなら、ジョニーの評価はどうなるんじゃ…とぼやきたくなります。

最終滑走がプルさんてのは、ほんとすごい演出でした(違うって)
トリノ時もそうだったんですが、SPで圧倒的な強さを見せ、FSは若干守りつつ、という戦略が今回は通じなかったですね。SPの差がほとんどなかったことが、プルさんの誤算(と言うか不満)だったのかなと。

テレビで見てるだけでも疲れましたね。
でも、今月はもうワールドですよ!(汗)
>現役続行となると、それこそクワドを無視することはできないでしょう。4回転も練習はしてたんですよね、以前は。

四回転の練習、オリンピック前もしてたみたいです。口ではあーだこーだ言いつつ練習してるってことは、無視してるわけではないと思うんですよね。
…でも、現プログラムのような、すっさまじいつなぎをやりつつ、四回転も跳ぶというのは、さすがのパトちゃんでも荷が重過ぎるんじゃないかなぁ。トリプルのジャンプでさえ、ミスが出てますからねぇ。かといって、四回転を入れるためにつなぎを簡単にするというのは、パトちゃんの戦い方ではないようにも思うし…。
わたし個人としては、彼が四回転の代わりに超絶エッジワークを駆使した究極のつなぎを選ぶというなら、それはそれでいいんじゃないかと思います。みんな、自分の強み弱みを吟味しつつ、勝つための方法を模索しているわけですから、いろんな戦い方があっていいと思うんですよね。

>現役続行とのことですが、もうクワドは跳ばないのでしょうかね?ちょっとさみしい。

エヴァンさんのインタビューによると、骨折の恐れがあるため、4Tはもう無理とのことです。でも、四回転を完全に諦めてしまったわけではなく、代わりにループに挑戦するかもと言ってました(笑)。ワールドもオリンピックも、四回転なしに勝ったにもかかわらず、そして疲労骨折の問題を抱えているにもかかわらず、四回転を諦めきれないところを見ると、彼にとって、すごく思い入れのあるジャンプなんでしょうね。
四回転ジャンプって、ほんと、特別なジャンプなんだろうなぁ。ジュベさんも本田さんも、空を飛んでいるような気分になるって言ってましたもんね。

>本田は、実況しながらも一緒に滑っているような気持ちだったのかな?ちょっとウェット過ぎますかね?

いや~、でも、実際、そうだったと思いますよ。これまでの本田さんの発言を読んだり聞いたりして、大輔くんに対する、「おまえなら五輪のメダルをとれる!!とってくれ!!」という熱い思いをひしひしと感じましたもの。

>スケートは高難度のジャンプだけではないというなら、ジョニーの評価はどうなるんじゃ…とぼやきたくなります。

わたしも「何で~~!?」と思い続けているのですが、ジャッジが得点出さないのには、何か理由があると思うんですよね。ジョニーのパフォーマンスが素晴らしくても、PCSは一貫して渋めの採点なので。全米で、樋口先生が、「止まるところと両足で滑るところが多いのが気になる」とおっしゃっていましたが、それがPCS伸び悩みの原因なのかなぁ?

>でも、今月はもうワールドですよ!(汗)

そうなんですよね~(汗)。オリンピックが終わって、ちょっと燃え尽きてるところに、中野さんの欠場&引退のニュースが舞い込んできて、ぐわわわ~んとショックを受けてるんですが(泣)、来週は世界ジュニアが始まるのでワクワクする気持ちもあり…頭の中がてんやわんやな感じです(苦笑)。ワールドが終わったら、一気にいろいろ決壊しそうだな~、怖いな~(苦笑)。
>マイキーさん
パトチャン、4回転練習しているんですね。
必要ないのかと思った(苦笑)
「超絶つなぎ」?
ありかもしれませんね。ローリー・ニコルがメインコーチについたわけだし。
それと、彼のスケーティングは素敵だけれども、プログラムの表現となると、どれも似た感じの美しさだと思うので、そこら辺を掘り下げてほしいですね。
あとは、まあ…お口に注意!…ってことで(笑)

ライサは今、大忙しみたいですね。やっぱりオリンピック金メダルの称号はすごいですね。
4Tではなく、4Lですか?
真央ちゃんも一時期挑戦してましたね。なかなか今の採点法だと厳しいものがありますが(苦笑)
…じゃあ、クワドアクセル…とか、どう?(爆)

ジョニーはなんというか、最近いつも釈然としない評価でして。
まあ理由はあるんでしょうが。

中野さん、ワールド欠場も残念ですが、引退とは残念ですね。
あのドーナツスピンがまた見たい。
東京ワールドまでやってもいいんでは?と思いましたが、潔いというか、決意は変わらないようですね。
しかしプロでもなく、フジテレビの社員になるあたり、しっかりしているなあと思います。
マイキーさんは、ファンとしてさみしいでしょうが、故障で現役を断念したと思わないで、積極的に新しい道を選んだ中野さんを祝福してあげてもいいのではないでしょうか?

ワールド前に、世界ジュニア(汗)
やれやれ、忙しいですね。
>パトチャン、4回転練習しているんですね。
>必要ないのかと思った(苦笑)

「自分には必要ない」的発言もしてますが、そのわりに練習もしてるし、今季初めのローカルな試合で実際挑戦してるところを見ると、やはりアスリートとしてトライしたい気持ちはあるんだろうなーと思います。
プログラムの表現、がんばってほしいですよねー。あの超絶美麗スケーティングに表現の深みが加わったら、そりゃもう最高に素敵だろうなーと、想像しただけでうっとりします(笑)。

>あとは、まあ…お口に注意!…ってことで(笑)

本当にねぇ…(ため息)。根は悪い子じゃないと思うんですが…どうも「口は災いの元」を地でいってる感じがありますね。

>…じゃあ、クワドアクセル…とか、どう?(爆)

あはは、エヴァンさんは、時々、トリプルでも「ピサの斜塔」になっちゃいますからね~(笑)。
クワドアクセルなら、無良くんが、以前、雑誌のインタビューで、「やれるかも」って言ってました。彼の3Aを見てると、彼なら本当にやってのけちゃうかも、と思います。

中野さんのスケートがもう見られないかと思うと、胸にぽっかり大きな穴が開いたような気持ちになりますが、ファンとしては、彼女の新しい門出を笑って送り出さなくちゃ!とも思います。中野さんのおかげでフィギュアスケートを知るようになり、たくさんの素晴らしいスケーターに出会うことができました。彼女には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

世界ジュニア、いよいよ始まりますね~。日本の選手も、海外の選手も、怪我なく病気なく、ベストの演技ができますように!
>マイキーさん
パトチャンって見た目が東洋人というか、純和風古き良き日本人(なんじゃそりゃですが)のような見た目なので、つい日本人目線で見てしまうんですが(苦笑)、中身はいい意味で、自信があって自己主張できる欧米人なんですよね。ミライちゃんもそうなんですが、ギャップがあるというか。
パトチャンの発言は、その若さでそこまで言うか?…みたいな感じを受けてしまいます。こちらの勝手な思いこみなんですが。

>エヴァンさんは、時々、トリプルでも「ピサの斜塔」

あっは、ウケました!

身長高いと迫力はすごいですが、ジャンプ跳びにくいらしいですね。ライサの場合、手足が長すぎるのがハンデみたいこと言ってましたが、ダイスケに聞かしてやりたい…と多くのダイスケファンが思ったに違いありません(笑)
クワドアクセルは、ダイスケが昔(試し程度だと思いますが)練習してました。
5回転(汗)は、NHKの番組でジュベがやってみたいと言ってましたねえ。
なんていうか、楽しい「夢」でしょうか?
いずれにせよ、ケガのないようにだけ注意してほしいですね。

中野さんはワールドで花道を飾ってからと思ってましたが、ここでの引退は、本当に残念ですね。
東京ワールドも…とか。
マイキーさんにとっては、寂しいでしょうね。お察しいたします。
いざぎよいと言うべきか。近々の会見でどんな話をされるのかなと思っているのですが…。
それと、村主さんはどうやら現役続行のようですね。すごいですね。
人生はいろいろ、二人ともがよく考えて選んだ道なので、どちらの人生も応援したいと思います。

世界ジュニア始まってますね。
ちょっと多忙につき、教えてもらってるだけなんですが、高橋&トラン組、いい位置にいますね!
ゆづにも頑張ってほしい!
>マイキーさんにとっては、寂しいでしょうね。お察しいたします。

ありがとうございます。前々から、中野さんは今季限りで引退するんだろうなーと覚悟してはいたんですが…やはり寂しいですね。

中野さんが記者会見をするというのはマスコミの誤報で、やる予定はないそうです。彼女の応援ブログにそう書かれてありました。

http://goyukarin.exblog.jp/13012892/

ところで、村主さんが現役続行の意向というニュースを読んで、「やった~。嬉しい~」と喜んでいたのですが、実際は、スポンサーがつかないとやめざるえない状況のもよう。スポンサーがついてくれるといいのですが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100311-00000518-sanspo-spo
>マイキーさん
お知らせありがとうございます。
記者会見、誤報とは…。記者会見を見たら、一つの区切りかなと思っていたのですが。
引退公演もないし、うーん、なんだか実感がないですね。

村主さんの件は、夕方に友人が教えてくれました。
なるほど…こちらの記者会見はスポンサー探しなんですね。
景気もよくないし、厳しいかもしれませんが、うまくいくなら、現役スケーターの新しいスタイルになるかもしれませんね。
頑張って欲しいです。

管理者のみに表示