GPS2016女子 エントリー見ただけ予想

2016年08月06日
今季もジュニアからシニアへ上がって来た少女たちが中心になるでしょうか?ロシアの勢いは引き続きすごそう。
女子の高難度構成が当たり前の時代、ではテクニカルばかりかというと、表現面でもすてきだったりするからすごい。
対し真央ちゃんやアシュリー始めとする大人のスケーターが、どう勝負してくるか楽しみです。

若手は3+3を複数回入れる選手も珍しくなくなってきました。
3Aも!…なんて話もここ数年よく聞きますが、実際メジャーな国際大会で入れて、加点のついたトップ選手は、近年ではリーザと真央ちゃんくらいしかいないのが現状。
多くの選手が3Aを練習しているのでしょうが、今季も話だけで終わるのか?
ジュニアの3Aは紀平さんはじめいますが、少女体型で跳ぶのと、シニアまで3A維持するのは別もののような気もする…。3Aがジュニアだけのものなんてことにならないことを願う。
 
ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/17
ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/17 Ladies
ISU World Standings Ladies
-----------------------------------------------------------------------------
●スケートアメリカ
デールマン(カナダ)
ロデギエーロ(イタリア)
浅田真央
三原舞依
村上佳菜子
クチヴァルスカ(ラトビア)
ソヨン・パク(韓国)
リプニツカヤ(ロシア)
サハノヴィッチ(ロシア)
グレイシー・ゴールド(アメリカ)
アシュリー・ワグナー(アメリカ)
TBD

初戦は楽しく…なんて言ってられない激戦のエントリー。
アメリカは母国の2トップ派遣…盛り上げたいんでしょうけど、もったいないとは思わないのか?(汗)
そこに我らが真央登場で、テレ朝的にはお祭り騒ぎ…のはず。
そして不調の中にも力を蓄えて来た感じのユリア、シニアに上がったサハノヴィッチという…うげ〜何じゃこりゃ!
華やかだけど、なんかもう…って感じです。この状況をテレ朝は把握しているのだろうか?

真央216点(2014)
アシュリー215点
グレイシー211点
ユリア209点(2014)
PB200点越え4人、真央ちゃんとユリアは2014年の成績なので、アドバンテージにはならないかもしれない。アシュリーととグレイシーすごいな。
この4人の次にくるのは、カナコ、デールマン、サハノヴィッチ。

優勝争いは、普通に考えるとPB上位の4人かな?と思いますが、サハノヴィッチががつんときたりして?
それからデールマン、ちょっと地味な存在ですが、オーサーの指導を受けるようになってからスケーティングもジャンプもしっかり。彼女はいずれ3A入れてくるのかな?
カナコもふんばってほしいけれど、ジャンプの調子次第、あと負けん気でしょうか、もう少しガツガツしてもいいのだが。
次の次だとクチヴァルスカ、舞依ちゃん。クチヴァルスカは難度的に限界があるので、基礎点をあげる構成でないと勝負は厳しい。舞依ちゃんも3+3標準装備の若手、思い切って行くだけ、ちょっと気楽かも。
ロデギエーロ、ソヨンは2本揃えるののが厳しそう。

予想順位
アシュリー、グレイシー、真央、サハノヴィッチorユリア

アシュリーとグレイシーが表彰台を逃すとは考えにくい…少なくともどちらかは大丈夫でしょう。
真央ちゃんの場合は、優勝もあれば台落ちもありそう(汗)
サハノヴィッチの勢い、ユリアの復活はかなり未知数だけれど、優勝や大きく順位を下げることはないのでは?
-----------------------------------------------------------------------------
●スケートカナダ
チャートランド(カナダ)
ケイトリン・オズモンド(カナダ)
TBD
本郷理華
宮原知子
永井優香
ダビン・チョイ(韓国)
アルテミエワ(ロシア)
メドベージェワ(ロシア)
トゥクタミシェワ(ロシア)
ヨシ・ヘルゲソン(スウェーデン)
長洲未来(アメリカ)

優勝争いはメドと宮原さん。
表彰台争いに、理華ちゃん、リーザでしょうか。

安定感のある宮原さんならば2位以上はいけそう。アイスショーで見ていても調子よさそう。
昨シーズン圧倒的だったメドは、今季も同じ調子でいけるかは未知数、意地悪ではなくてロシアにありがちな成長期の不安定さがいつくるかわからない。でももう159cm、もう大丈夫か?(前のデータがわからない)
メドが失速すると宮原さん優勝の可能性が高くなります。

そんなメドより読めないのがリーザですよね。リーザ2戦エントリーは自信の現れ?
天才少女↑から成長期の不安定↓さを乗り越え、圧倒的な強さで復活↑した2年前から急速に失速↓。故障もありました…大波小波、差がでか過ぎて大変なリーザの競技人生…今じゃすっかりマダムのカンロク。…ロシアあるある話(汗)
今どんな状況なのか?ミーシンはホントのところは言わない。
リーザの得点源はジャンプでした、でっかい3Aはすごいインパクトでしたよね。あのレベルにもってこないと、相対的に見てPCSは厳しいかもしれない。一番調子良かった時でさえ、PCSはあとづけだったような印象なので(個人の感想です)

理華ちゃんは、昨シーズンの基礎点で行くならミスは許されない。
彼女はとてもいいスケーターだと思います。ただ課題と弱点もたくさんあります。問題の多くはメンタルによるところが大きいように見えます。強気の選手たちに押され気味なのか、直前に弱気になったり、ちょっとしたつまづきからプログラムやジャンプに迷いが生じた時、演技は萎縮し、パワーとスピードのスケーティング、キラキラした表現、そういう彼女の持ち味がなくなってしまう。
とにかく強気で攻めろ!

永井さんは3Lzコンボが決まれば波に乗れそう。まだノーマークだと思うので、思いっきり。
未来ちゃんはGPS2大会エントリーおめでとう!
ケイトリンは復活途上、どこまで戻ってきたか。
カナダの2トップの一人、チャートランド(シャルトラン)は3Aを積極的に入れて来た昨シーズン、成功ならず大失速。力はあると思うのですが。
ヨシちゃん好き!ロシア&ロシア系以外のユーロ女子にもがんばってほしい。

予想順位
宮原、メド、理華ちゃん、リーザ

1位、2位は入れ替わるかもしれないけれど、安定の宮原さんで。
理華ちゃんは初戦で迷いなくいければ大丈夫。リーザはまだ途上として。
-----------------------------------------------------------------------------
●ロステレコム杯
ジジュン・リー(中国)
ロデギエーロ(イタリア)
松田悠良
村上佳菜子
トゥルシンバエワ(カザフスタン)
クチヴァルスカ(ラトビア)
リプニツカヤ(ロシア)
ポゴリラヤ(ロシア)
ラジオノワ(ロシア)
ラジコワ(スロバキア)
ポリーナ・エドモンズ(アメリカ)
コートニー・ヒックス(アメリカ)

ロシア表彰台独占のためのエントリー…つぶし合ってるような気もしますが、いずれにせよワールドは3枠しかないしな…と、ちょっとやけくそな感想。
ただワールド女王メドがいないですよね。考えてないようでけっこう考えているのかもロシア?

そのロシア女子に挑むことができそうなのは、ポリーナ、カナコくらいしか見当たらない。
男子の場合はNHKですが、女子の場合はロシアに、わざわざエントリーしたくないのかもなあ。

ユリア(リプニツカヤ)、ポゴ、ラジオノワ…この3人が表彰台独占したとしても、順番はわからないのが正直な感想。
昨シーズン、ユリア(160cm)、ラジオノワ(163cm)は成長期の変化を戦い続けていましたが、それが落ち着き、大人のスケーターに生まれ変わる事ができたかどうか。
スケーターとして成熟、最も安定しているのはポゴだと思います。ワールド3位、ロシアじゃメドに次いで2番、いい成績で終えたとは思うけれど…ただロシアで1番じゃやない…ここだよねえ。
強そうに見えて、もろさも見えるロシア

ここで勝負に出るポリーナとカナコはチャンスかも。ただし昨シーズンを見ると安定感と言う意味ではイマイチ。
ポリーナも成長期の苦労が見えます。女の子は大変なんだよね…でも今年は見違えるように!ってこともある。
カナコの場合は、採点の攻略をちゃんと考えているのかという気がします。なんだかんだ、その年によって出やすい得点、攻略ポイントがあるので。まあ、決まらないジャンプは入れられないですが。

次世代に活躍してくれそうな、クチヴァルスカ、ツルちゃん(トゥルシンバエワ)は期待。
日本からは松田さん、エレガントなスケートはシニアでも通用するはず。
ジジュンはスタミナ次第!(断言)

予想順位
ラジオノワ、ポゴ、ポリーナ、ユリア、カナコ

う〜ん、やっぱりわからないなあ(汗)
波乱によっては、ポリーナ優勝とかもなくはなさそう。
-----------------------------------------------------------------------------
●フランス杯
デールマン(カナダ)
ルカヴァリエ(フランス)
浅田真央
樋口新葉
永井優香
ソヨン・パク(韓国)
レオノワ(ロシア)
メドベージェワ(ロシア)
ソツコワ(ロシア)
グレイシー・ゴールド(アメリカ)
タイラー・ピアース(アメリカ)

ここもすごいなあ。
真央ちゃんは相性よさげなフランス。ただ2戦とも激戦区エントリーになった感が…もちろん優勝の可能性もあるのですが、台落ち&ファイナルなしの可能性も(汗)

昨シーズンを参考にすると、表彰台争いはメド、グレイシー、真央ちゃんに、ジュニア強豪わかばちゃんとソツコワが絡む展開です。
とにかくミスが少ないメドが期待通りなら優勝に最も近そう。真央ちゃん、グレイシーは、実力あってもこの時期に完成していないことが多いので。
ソツコワは、昨シーズンのメドのような活躍を見せる?…とまではいかないんじゃないかなあ。バイオ見ると彼女は170cm、成長期は終わってるはず…それにしても大きい〜。
わかばちゃんはノーミスでも、スケーティングの評価がジュニアでも厳しかったのが不安要素。まあつまりPCSですが。実際目にするとスピード、インパクトがすごいんですが…頑張れ!

永井さんはここでも伏兵ですが、できることをしっかりできれば上位あります。
デールマン、レオノワ、ソヨンは2本揃えるのが難しそう。
個人的に好きなタイプのタイラー楽しみ。

予想順位
メド、真央、グレイシー、ソツコワ、わかばちゃん

ソツコワが表彰台に割ってくる可能性も高いかなあ。
-----------------------------------------------------------------------------
●中国杯
オズモンド(カナダ)
ジジュン・リー(中国)
ジークァン・ジャオ(中国)
TBD
本郷理華
三原舞依
ラジオノワ(ロシア)
トゥクタミシェワ(ロシア)
ヨシ・ヘルゲソン(スウェーデン)
カレン・チェン(アメリカ)
コートニー・ヒックス(アメリカ)
アシュリー・ワグナー(アメリカ)

ちゃんと放送しろよなテレ朝…と今から言っておきたい(汗)

優勝争いはアシュリーとラジオノワか、ここにリーザと理華ちゃん。
アシュリー、これはチャンス!
ラジオノワに不安定さが残っていたとしたら、アシュリー優勝の可能性は高い。
ただし、この二人が共にミスを重ねると、理華ちゃんにも優勝のチャンス。
リーザはどれくらいの基礎点で勝負してくるかがわからないので未知数。

ラジオノワは少女体型でエレメンツとスケーティングのバランスがとれていた頃から、急激に身長が伸び全体的に不安定に。そこを女優的演技と根性でカバー、その強さは特筆すべきところ。ただ情熱的、ドラマチックな演技はワンパターンでもあったのが心配でした。シニアのスケーターとして、スケーティングと共に、表現の幅、個性を作っていかないと生き残っていくのは厳しい。
可憐な少女時代は大好きでした、そこで終わって欲しくはないですね。

舞依ちゃん、カレン、コートニーはまず2本揃える事から。
ジジュンにスタミナがつき、ケイトリンのジャンプがもどってきますように!

予想順位
アシュリー、ラジオノワ、理華ちゃん、リーザ

この4人しか思いつかない。
-----------------------------------------------------------------------------
●NHK杯
チャートランド(カナダ)
樋口新葉
松田悠良
宮原知子
トゥルシンバエワ(カザフスタン)
レオノワ(ロシア)
ポゴリラヤ(ロシア)
ソツコワ(ロシア)
ラジコワ(スロバキア)
カレン・チェン(アメリカ)
ポリーナ・エドモンズ(アメリカ)
長洲未来(アメリカ)

優勝争いは宮原さん、ポゴリラヤ。
表彰台争いにソツコワ、わかばちゃん、ポリーナかな。

宮原さんが少しミスをしたとしても、2位以上は固いでしょう。
ポゴが「急にどうした!?」みたいなことが起きなければ表彰台は濃厚。神演技ならぶっちぎり優勝もありも、ミスを重ねると台落ちもあるのがポゴ(そういうことがある子なんで)
そうなるとポリーナ、ソツコワに表彰台のチャンス。

わかばちゃんはどうかな?表彰台の実力はあると思うけれど、現時点は未知。
ツルちゃんもポテンシャルは高い、上位きてもおかしくない。
レオノワ、未来ちゃん、カレンはそれなりのVBで2本揃えないと上位は厳しい。
チャートランドは3A決めろ!
松田さんは思いっきり行くだけ。

予想順位
宮原さん、ポゴ、わかばちゃん、ソツコワ、ポリーナ

宮原さん2位以上、ポゴ不明、わかばちゃんはソツコワに燃えそうだから。
ポリーナもいいんだよねえ。
-----------------------------------------------------------------------------
●GPF進出
アシュリー(1〜3−1〜2)
宮原(1~2-1~2)
メド(1~2-1~3)
△ラジオノワ(1~3-1~2)
△ポゴ(1~3-1~3)
△真央(1〜4−1〜4)
――――――――――
当落上
ラジオノワ(1~3-1~2)
グレイシー(1~3-1~3)
真央(1〜4−1〜4)
ポゴ(1~3-1~3)
――――――――――
ポリーナ(2~4-2~5)
ソツコワ(3〜5-3〜5)
わかば(3~5-3~5)
ユリア(3〜4-3〜5)
理華(2〜3−3〜4)
リーザ(3〜4−3〜4)
カナコ(3〜5-3〜5)

ほぼ確定は、アシュリー、宮原さん、メドのみ。
大きく順位をさげないだろう宮原さん、メド。アシュリーはチューハイで勝てそう。

ラジオノワはロステレでふんばれば、チューハイ2位以上で大丈夫かな?
グレイシーか真央か?…二人は同大会派遣なのでこの順番がファイナルを決めそう。ラジオノワ、ポゴは1大会でも優勝すればいいのだが…予想は難しい(汗)
ソツコワもいいのだが激戦区にエントリーされてしまったので。
表彰台でも3位-3位では難しい、どこかで優勝しとけ!

関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
予想、お疲れ。
男子・女子・ペア・ダンスと一挙予想お疲れ様でした。しかもGPF進出予想まで。さすがニルギリさん、頭が下がります。
大会直前に予想をせかされることなくのんびりと見ることが出来るように、オリンピック前の暇な今の段階でここまで予想した
とか
どんなに外れても大会まで結構日があったからと言い訳できるから
とか
考えたのは邪推でしょうか?(笑)
にしてもここまで予想しちゃうと、シーズン開幕時のガイドブックに流用されるかもね。

今回のニルギリさんの予想を見て「なるほどね」と思ったのはNHK杯男子のユズ回避。確かに希望と言いつつ、出たくないところを回避希望するという手もある。
私としてもチケット争奪戦競争率緩和の為にもユズにはNHK杯を回避して欲しかった(スマン)

今シーズン男子はボーヤンがさらに勢いをつけ、ユズ&ハビに肉薄。それをショーマとパトちゃんが追いかけていく。女子は相変わらずロシア勢の誰かが突っ走り、アシュリー・グレイシー・宮原が追いかけるという昨年と同様の構図になりそうだけど、私のアンジェリーナはどこまで伸びるかな?


>クッツさん
> どんなに外れても大会まで結構日があったからと言い訳できるから

何もわからない時期と直前、試合後感想…1大会を3回楽しむんですっ!
実際、大会の頃には状況変わったりしますけどね。

> 今回のニルギリさんの予想を見て「なるほどね」と思ったのはNHK杯男子のユズ回避。

でも、エントリーは、ワールド1〜3位、4〜6位はそれぞれかぶらないようになっているので、1戦目は希望が通っても、2戦目は通らないとか、いろいろあるんでしょうね。

> 今シーズン男子はボーヤンがさらに勢いをつけ、ユズ&ハビに肉薄。それをショーマとパトちゃんが追いかけていく。

やっぱりボーヤン来ますかねえ。ジャンプの難度がエスカレートしそうで、ちょっと心配。

女子は相変わらずロシア勢の誰かが突っ走り、アシュリー・グレイシー・宮原が追いかけるという昨年と同様の構図になりそうだけど、私のアンジェリーナはどこまで伸びるかな?

「ロシア勢の誰か」っていうのがわからないのがミソですよね(笑)
アンジェリーナは美人、それでいいでしょう?(笑)まじめに言えば、まず同じ土俵、後半グループ(最終グループ)に入ることからですね。

管理者のみに表示