FC2ブログ

映画「ジュリー&ジュリア」

2010年03月11日
1960年代アメリカにフランス料理を紹介し、旋風を巻き起こした料理本の著者と、現代に生きる女性、実在する二人の女性を描いた映画。
料理がテーマの映画は好きなので出かけました。

料理研究家のジュリア・チャイルドは、いかにもアメリカという感じの陽気でおおらかな女性、大柄で甲高い声、食べることが大好き、パワーみなぎる女性を、メリル・ストリープが相変わらずようやるよ…というまでの役作り(笑)。
現代に生きるジュリーは、いわば誰からも共感を得られる等身大の女性。こちらはエイミー・アダムスが好演。

苦労やトラブルはあるものの、特に大きな事件がある訳でもなく、いい夫に恵まれ、やりがいや楽しみを見つけたしあわせな二人の女性の物語。
幸せな人は、まわりも幸せにしてくれるものだなと思ったり、人間、おいしく食べられるうちは元気な証拠だなと思ったり。

もっと、迫力ある料理シーンや食材などの映像を期待していたのですが、以外と少なかったのは残念。
基本的にアメリカ人の作るフランス料理(もちろん家庭料としてアレンジしてあるのですが)、ぶっちゃけ大ざっぱ…だと思う(笑)
普段テレビで見るフレンチのシェフの繊細な技が記憶にあると、まるで別物かもしれません。

それにしても、出てくる料理がどれもハイカロリーで…(汗)。
映画じゃ料理を味わえないのが幸いか(笑)

ジュリー&ジュリア公式サイト
関連記事
映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示