短夜

2016年07月19日


夕焼けの残る空に月が昇ってきました。
まだまだ日が長いですね。

夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ
清原深養父 古今和歌集

夏の夜は短く、すぐ明けてしまう。月は隠れる暇もない、雲のどこかに隠れているのだろうか。

2016071802.jpg


関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示