映画『教授のおかしな妄想殺人』

2016年08月07日
aaaa46f574a3ff88.jpg

映画『教授のおかしな妄想殺人』公式サイト
ウッディ・アレン監督がホアキン・フェニックスを主演に迎え、人生の不条理を独自の哲学で描いたコメディドラマ。アメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科の教授エイブは、人生の意味を見失い、孤独で無気力な暗闇に陥っていた。ある日、迷惑な悪徳判事の噂を耳にしたエイブは、その判事を自らの手で殺害するという完全犯罪を夢想し、次第にその計画に夢中になっていく。新たな目的を見い出したことで、エイブの人生は再び輝き出すのだが……。アレン監督と初タッグとなるフェニックスが主人公エイブを演じ、アレン監督の前作「マジック・イン・ムーンライト」でもヒロインを演じたエマ・ストーンが、殺人妄想が渦巻くエイブに、そうとは知らずに恋心を抱く教え子ジルに扮した。

640-2.jpg
ウッディ・アレン作品は、語れるほど見ていないないんで、これこそそうだと言われたら、そうなのか〜と素直に思うかも。
これってコメディなのかな?ヘンテコな映画でした(笑)
女子大生ジルは、同い年のハンサムなボーイフレンドがいるのに、新しく赴任して来たぱっとしない教授に惹かれていく。
かわいいくて頭のいい女子大生が、さえないおっさんに惹かれるってのはありそうな話はある。
640.jpg
ところが、この教授は冴えないだけでなく…変わってるんだよねえ。
哲学的な思考をあやつる優秀な頭脳を持ちながら、ある意味俗っぽい正義感に妄想が膨らんでいく、生きる意味を見いだしていく。無気力から抜け出す手だてが、哲学とは全く関係ないのがなんとも…
ブラックジョークのような展開も、なんとなくからっと明るくて、肩すかしっぽいのはウッディ・アレンだからいいのか?

コメディ?…じゃないと思うけどな。
ちょっとシュールで、フランス映画ぽい雰囲気もある。

640-1.jpg
緑濃い歴史のある大学の雰囲気がいい、町のたたずまいが美しい。
でも、一番の見所はヒロインのエマ・ストーンが超カワイイ〜
女子大生ファッションもカワイイ〜
エマ・ストーン見るだけでも価値あるかも(笑)
CmkqDjAVYAAq_zR.jpg
関連記事
映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示