THE ICE 2016 大阪公演放送された分だけ

2016年08月10日
アイスショーの感想を書こうと思っているうちにどんどん新しいショーが…ひとまずザ・アイスの大阪公演、放送は一部ですが、競技プロも続々登場で楽しい。
日本選手はみんなガチでジャンプ入れてくる、気合十分。

オープニングのラプソディ・イン・ブルー
真央ちゃんの女性らしいライン、美しさにドキドキする。ホントに色っぽくなったと思う。

カナコ
今シーズンフリー「トスカ」
シースルーがセクシー、黒の衣装が似合う大人になりました。
大人っぽくなったとはいえ、勢いというかスポーティーなスケーティングが魅力のカナコが演じるトスカは新鮮かも。トスカの有名なフレーズの前半から、トスカが半狂乱になる後半がおもしろい!ここでいかに感情を爆発させるかが、このプロの成功のカギかも、ただ激しいだけだとつまらない、どんな風に完成されていくか楽しみ。

宮原さん
今シーズンフリー「惑星〜スター・ウォーズ」
上半身の使い方が格段に進化して大きく優雅な表現に。ドヤ顔も板についてきたぞ〜その調子で!
ステップが独創的でかっこいい。編曲の緩急が気持ちいい。
アイスショーなのなのに3+3いれるさとこ様!
後はジャンプの飛距離がもう少しあればねえ。

久しぶりの姉妹プロ。お〜舞ちゃん、まだまだイケる、ええやん。
すっかり大人だが、姉妹になったとたんファンタジー、清潔感可愛らしさは10年前と変わらないね。

パトちゃん
SundayMorning 余裕のスケーティングとはこれだよねえ。うまいよねえ。

ショーマ
今シーズンフリー「ブエノスアイレス午前零時」
午前零時なら良い子は寝てる時間やぞ…あ、もう大学生か!(笑)
4Fコンボ、4T、3A、4F(後半)3A+1L+3F(後半)、攻めまくりの鬼構成らしい(汗)
初披露のFaOI札幌から、表現の深まりがすごいです。気のせいかたくましくなったような。つなぎのキレがタンゴらしくなってかっこいい。
フィギュアスケートのタンゴは、男女を感じさせるタンゴと、孤高のタンゴがあると勝手に思ってますが、ショーマのタンゴは孤高のタンゴですよね。私が惚れ込んでいるダイスケの競技のピアソラもそうだったなあ。なんかうれしい。
…と思っていると、ダイスケ登場でショーマとコラボ。ダイスケの余裕とショーマの付いていきます感が微笑ましい…今はね。そのうち色気をがんがん飛ばすようになるんだろーな(笑)

ダイスケ
「ライラックワイン」
渋い、ダイスケの大人感が半端ない、ザ・アイスで見るから余計そう感じるのかも。
ここだけ別世界のような、大人の空間、世界観。
表現も技術なのですが、技術やスケーティングのうまさだけでは生まれない味わいが深くて、TVですが、すっかりハマって見てました。そういえばジェフの振付だったけれど、ジェフの世界とはまるで違って見えました。

真央ちゃん
「チェロ・スイート」
フリルたっぷりの甘くふんわりした衣装、ロココか?それとも海の生物か?(笑)
素敵なんだけども、この上半身ならスカートはもう少し長く、ボリュームあってもいいかな。もしくは上半身のボリューム減らすか。
身のこなしがかわいらしいのに、しなやかな強さがビシビシ伝わってくる。
そしてツイズル祭り、これだけ動いても優雅さが失われないのは…浅田真央だから!

真央&ジェフ
「ボレロ」これはもう名作といっていい。
チェロスイートでも感じた優雅な動きの中にアスリートらしい強さ、アイスダンスってそういうことかなと思ったり(今さら)
ジェフとの目線の合わせ方に、大人の自信が見えた。

THE ICE10周年、みんな大人になったよねえ。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示