8月の浄土平、鎌沼を歩く

2016年08月24日
2016081538.jpg
お盆のある日、暑くて長時間の登山はつらいけれど、軽く歩けそうな浄土平から鎌沼を歩く事にしました。
あいにく霧雨模様、眺めは楽しめませんでしたが、気持ちよく歩く事ができました。

浄土平ビジターセンター


浄土平から見た一切経山(いっさいきょうざん)。現在「噴火警戒レベル2による火口周辺規制」のため、事実上登る事はできません。

2016081532.jpg
当初、鎌沼一周するルートを歩く予定でしたが、火口周辺規制にかかった道があるため、一周できない事を現地で知りました。
残念ですが、行った道を戻るルートで歩く事に。

2016081533.jpg
ヤマハハコの咲く登山道。

2016081534.jpg
あちらこちらに紅葉。
曇っているけれど、日差しがきついよりいいと思って歩き始めたのですが…だんだんと霧が。

2016081536.jpg
やや急な登りを過ぎて歩きやすくなったのですが、ますます雲行きが…

2016081537.jpg
東吾妻方面との分岐点付近、前後して歩いていた家族連れ。
男の子がぐずり始め…こんな日にこんなところに勝手に連れてこられちゃった…みたいな(笑)
家族連れはここから、私たちと分かれて東吾妻方面へ。

2016081535.jpg
このあたりで雨が強くなってきました。このあとどうしようかと考えるも、もう少し行くことに。

2016081551.jpg
先が見えない…我が人生を暗示しているかのよう…道(木道)わかるだけいいか?(苦笑)

2016081542.jpg
鎌沼が見えてきました。雨は霧に。

2016081539.jpg
霧の中でシモツケの紅葉がとても鮮やかでした。

2016081540.jpg
鎌沼のほとり。
霧に覆われて幻想的です。賽の河原はこんな感じだろうか?とふと思う。

2016081541.jpg
この日もっとも美しかったのはリンドウ。鎌沼のほとりに現れたリンドウは苔も美しい。

2016081555.jpg
コバイケイソウと鎌沼
霧がかかっていますが、沼のほとりで軽食をとり、引き返す事にしました。

2016081543.jpg
山を下ってくると雨もなく、曇ってはいますが吾妻小富士がよく見えます。天気が悪かったのは鎌沼の手前でした。

2016081554.jpg
浄土平湿原には、あちこちにかわいらしい小さな池。

2016081544.jpg
噴気のあがる山々

2016081545.jpg
浄土平駐車場までもどりました。この日もバイクのツーリングがとても多かった。遠いところだと関西ナンバーのバイクもありました。

2016081550.jpg
浄土平天文台、山の方はやっぱり暗いなあ。

2016081552.jpg
時間があまった…というか、物足りないので、浄土平から道をはさんだ桶沼に行ってみることにしました。
桶沼に行く道は、ととろの家にたどり着けそうな緑のトンネル。

2016081546.jpg
桶沼は吾妻山の火山活動でできた湖沼群で、最も水深が深い13m。
瑠璃色の湖面が神秘的です。紅葉の頃もきれいらしい。
関連記事
トレッキング | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示