裏磐梯、ジュンサイと雨

2016年08月27日
2016081701.jpg
お盆休み明け、半日仕事を休んで申し込んだのは、裏磐梯の「ジュンサイ摘み体験」
ところがあいにくの雨、小雨くらいなら実行してもらえそうでしたが、折からの台風で中止となってしまいました。

2016081702.jpg
せっかく来たので、ジュンサイの池を見学することに。楕円形の葉っぱがかわいい。

このあたりでは、稲作からの転作としてジュンサイの栽培が始まったとか。高齢化が進み放置されるジュンサイの池を復活させようというプログラムが「ジュンサイ摘み体験」
ここのジュンサイの旬は、6月末から8月中旬まで、今年は終わりです。チャンスがあれば来年再チャレンジします。

裏磐梯エコツーリズム協会

2016081703.jpg
乗るはずだった舟。

2016081705.jpg
なにか赤いのが水面に出ている…
2016081706.jpg
ジュンサイの花です。

2016081704.jpg
そういえば、ジュンサイの直売はないのかと、エコツーリズム協会に問い合わせると、ジュンサイ池の持ち主のお宅を紹介してもらい、譲っていただけることになりました。
裏磐梯で採れる量は決して多くないはずなので、うれしい。

2016081707.jpg
高級食材ジュンサイは、新芽が身を守るために寒天質で覆われているそうです。芽が小さいほど寒天質が厚く高級品だと知りました。
試食させて頂いたジュンサイは、寒天質がしっかりしていてぷりぷりの食感、こんなに存在感のある食材だったかなと目からウロコ。
そして水ですね。いい水でないとおいしいジュンサイにはなりません。

2016081708.jpg
雨の裏磐梯から、猪苗代湖に下りてくると、台風一過で晴れ。
あ〜ジュンサイ採りしたかったなあ。


関連記事
散歩道・ドライブ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
生のじゅん菜
この夏から生協の共同購入で生のじゅん菜の取扱が始まりました。

ぷりぷりの食感と特有のえぐ味が美味しいですね。

瓶詰の塩味じゅん菜とは別ものの美味しさです。
>月子さん
> この夏から生協の共同購入で生のじゅん菜の取扱が始まりました。

おお〜そうなんですか。情報ありがとうございます。
あとで調べてみます。
私が譲って頂いたお宅のジュンサイは、くせのないみずみずしい食感でした。ここのジュンサイは高級旅館に買い上げられているらしく、そういうところの料理人は「生」のジュンサイを料理するのが腕の見せ所らしいです。
もともと量が少ないので、食べられるのはご縁としか言えないですねえ。


管理者のみに表示