フィンランディアトロフィー 2016 真央ちゃんの初戦とネイサンの5クワド

2016年10月13日
Finlandia Trophy Espoo 2016
リザルト

●女子
リーザ
全体的に元気なかったような。
ただ3Aはないものの、後半に3T+3Tとか入れてきているので、今季の調子はいいんじゃないかな。
フリーのクレオパトラは、エキゾチックな雰囲気が出てきたように思う。

ケイトリン・オズモンド
SP エディット・ピアフ 「パリの空の下」「ミロール」
シャンソンが似合うちょっと大人になったケイトリン。3F+2Tですがわりと高得点、ここまでぐいぐい動いてくれるとやっぱ楽しい。フリーレッグが高く上がる所が好き。
フリー プッチーニ 「ラ・ボエーム」
ぱあっと広がるようなスケールが気持ちいい。ミスはあっても思いっきりいけたのは良かった。欲をいえば終盤の悲しい曲調で雰囲気を出せると、プログラムとして濃いものになるんじゃないかな。
SP3位でフリーに臨めたことがよかったのか、なんと逆転優勝!…びっくり!(すまぬ)

ポゴリラヤ
SP「ポル・ウナ・カベーサ」
3Lz+3Tは高く上がって、おお〜って思いましたが、着氷でちょっと乱れました。
大きく、キレのあるスケーティングはかっこいい…ただねえ、このプロは真央ちゃんの若くてかわいらしい、ちょっとお色気のハマり方が印象に残っているので、ポゴだと押しまくられてる感じでちょっと引くかも。後半のアレンジも必要なのか?
フリー このプログラムは、彼女に似合ってますよね。すごく好きです。ちょっと切なく 美しい、大人っぽい雰囲気のプログラム。
今大会は、ポゴちゃんの実力なら余裕で勝てそうな状況だったんですが…(汗)こういう時に、アレ?って弱気が出るのもポゴちゃんなんです(涙)…なんでや!?
エレメンツはマイナスの嵐、スケーティングに勢いがあって+エレメンツに迫力が出るという選手なんで、弱気だとこうなるんだよね(汗)
スピン、ステップでもレベル落としてしまったのは問題。チャレンジャー大会ですし、思い切ってやればいいのですが。

真央ちゃん
SP ファリャ バレエ音楽『恋は魔術師』より「火祭りの踊り」
ジャンプの難度を下げた構成でも、全く見劣りしないすごいプログラム。華麗なフットワーク、指先までの表現、音楽との調和、さすがと言う感じ。
フリー ファリャ バレエ音楽『恋は魔術師』より「パントマイム」
ジャンプの難度を下げてますし、初戦だし、ひざの故障あるし…ということを考えれば、まずまずの内容かもしれない。
SPの最後のポーズから、コレオの優雅さ、所作の美しさ、ステップのキレ、超絶っぷりは、レベルとかそういうもの抜きに圧巻でした。このすさまじいスケーティングと音楽性を併せ持つすごさよ〜。

プログラムはとてもいいものだと感じました。
ただ、SPとフリー同じ曲、演じ分けということになると、同じ曲をピアノ版とオケ版で使う必然はあるのか、まだなんとも言えない。同じメロディなので、フリーは音楽も振付ももっとド派手にしてほしい気もします。
彼女のほどの選手なら、あらゆる意味で高いレベルのものを要求されて当然なので…あえてという意味ですが。ここでなるほど!と唸らさせるのが今季のテーマになるのでしょう。それが高いレベルでできるはずという期待もこめて。
あとは、大技を決めてこそノってきて、華やかさやオーラが倍増するのが現役のフィギュアケター…そこらへんがプロの表現者と違うとこですよね。今後が楽しみです。
衣装はSP、フリーどちらもすごくすてきです。
--------------------------------------------------------
●男子
日野龍樹
SP「アルメニアン・ラプソディ」
4T転倒、3A美、コンボ転倒でほとんど得点にならず。プログラムは似合う、ただ演技として単調な感じになってしまって。
フリー「キダム」
不思議ちゃんな曲が意外とマッチしてる。冒頭の2つのジャンプで転倒して、どうなることか…から、よくがんばった。
スケーティングは年々ステップアップしてると思う、ただ全体につなぎが薄く、体が堅いようにように見えるせいか、単調に感じてしまう。
今季の2つのプログラムは、彼にハマるかっこいいプログラムだと思うので、がんばって!

ヨリク・ヘンドリックス
SP ジョシュ・グローバンが似合う男になりました。175cmだけれど頭が小さくて手足も長くて、モデルみたいだなあ。とてもいい滑りです。男性的で、かつ柔軟性もありいいバランス。
フリー「A Hero Will Rise」
なかなかすてきなプログラム。4回転のないプログラムでジャンプのミスは大きく響いてしまいました。

コリャダ
SP「ナイチンゲール・タンゴ」
おもしろ動きはコリャダ〜。でもプルさんっぽい…独りよがりの(笑)ロシアンなタンゴだなあ。
4Tはきれいに決まったのに、3Aとコンボでミス。
フリー「The Fiancee's Dream 」「La Nouba」
ジャンプが不調、中盤コリャダ君のおもしろ小芝居、しかし決まるもの決まらないと、ダレル感じもする。

コフトゥン
SP「バハムート」
私が見た動画は音がこもっているけど、これでいいのかな?
4S+3T成功、4Tは転倒に近い。荒っぽい感じもあるけれど、ノリが良くて、びゅんびゅんすっ飛ばす感じはいいな〜。ステップも迫力あってよかった。スピン、ステップはレベル4、これがきいてますね、SP1位。
フリー パオロ・ヌティーニ 「アイアン・スカイ」
アーティスティックな渋いプログラム。まだまだ未完成な印象。
予定構成は、4S+3T、4T、後半4Sかな?決まってからでないとなんとも言えない。後半はかなりバテてきた?でも、体はできてるというか、よく動いてる。
個人的に、SPもフリーも、ここ数年では最もいいプログラムのように思える。いい兆しでは?

パトちゃん
今季からズエワの元へ、びっくりしましたよねえ(汗)
SP ビートルズ「ディア・プルーデンス」「ブラックバード」(カメレンゴ振付)
ショープロでもおなじみの曲。4Tは高さがない、3Aは軸が傾いた、コンボも危なかった…得点はしょうがない…調整中と言って下さい(祈)
しかし、滑らかで美しいスケーティング、小鳥のさえずりや音楽と楽しく舞っているよう。
フリー エリック・ラドフォード 「A Journey」(ウィルソン振付)
美しい音楽と美しいスケーティング、ふわ〜と優雅に舞う。ひとりだけ氷が違うんじゃないのかと思う(笑)
4T、3A、後半に4Tコンボ、3Aコンボ。前半の3Sは4Sになるとか、いろいろ構成は変わっていきそうですね。
スピード、流れとタメ、音楽の広がりが美しく表現されている。派手なパフォーマンスもものすごく個性的な振付があるようには見えないけれど、とても印象に残る。それがパトちゃんのスケーティングの魅力、そのものなんでしょうね。

ネイサン・チェン
コーチ欄にはラファエルの他にズエワも
SP「海賊」
4Lz+3T決まった〜!!!、4F転倒、後半3A。
4Lz+3Tのインパクトがすごくて、それに全部持ってかれた感じ(笑)練習ではもっときれいに跳んでいたので、今後はもっと質が高くなる予感、そして4Fも決まってくれば…。
前半はジャンプの緊張感が固い滑り、今はジャンプメイン、よく動いていてもプログラムの表現はちょっと物足りない。その分伸び代もすさまじくありそうで…
誰がどう突き抜けるかは、シーズンはじまらないとわからないものですが、今季ネイサンが来るとは思ってなかったなあ…ごめんよ〜。
あと、衣装もなんとかしてほしい。
フリー「だったん人の踊り」
4Lz+3Tターンは入りつつなんとか、4F、3Aお手つき、4T転倒、(後半)4T+2T+2L、4S転倒、3F+3T、3Lz
5クワド!VBはついに104.45!
挑戦的な高難度プログラムをよく滑りきった!あっぱれ!
選曲も振付もジャンプのためで、正直おもしろくないし、クリーンなジャンプも少ない。ネイサンのすてきなスケーティングも生かされていない…けれど、それを遥かに超える5クワドのインパクト。
…衣装はなんとかしてほしい。
クリーンな内容ではなかったですが、それはボーヤンが失敗恐れず高難度構成で攻めていた時とかぶります。ネイサンもいずれはクリーンな演技になってくるはず…その時どんな得点になるのか…まあ今はプログラムがおもしろくないけど(すまん)。
ジャンプすごい…というのもあるけれど、そっち系で行くのかネイサンという思いもあります。
昨年故障続きだったのはこのためかな?

なんとしてもクワドを決めなくては、それも複数…でなければトップ争いはできない、そんな時代になってきました。
スポーツ科学が発展し、体のケアも進化し、フィギュアスケーターの選手寿命も伸びてきて良かったなあと思っていたのもつかの間、高難度構成でなければ上位はなさそうで。ゆえに故障のリスクも高まり、結局は選手寿命が限られてしまいそうで、何とも言えない。
といって高難度構成を封印してもスポーツの魅力がなくなってしまう。
--------------------------------------------------------
ISU Challenger Series
Lombardia Trophy 2016
Sesto San Giovanni / ITA 08.09.2016 - 11.09.2016

2016 U.S. International Figure Skating Classic
09/15/2016 - 09/18/2016 (MDT)
Nebelhorn Trophy 2016Oberstdorf / GER 22.09.2016 - 24.09.2016
Autumn Classic International
28 Sep - 1 Oct 2016 Montreal Canada

24th Ondrej Nepela Memorial
29 Sep - 1 Oct 2016  Bratislava Slovak Republic

Finlandia Trophy 2016
Espoo / FIN 06.10.2016 - 10.10.2016

CS Ukrainian Open 2016
Kiev / UKR 09.11.2016 - 13.11.2016

Warsaw Cup 2016
Warsaw / POL 17.11.2016 - 20.11.2016

Tallinn Trophy 2016
Tallinn / EST 20.11.2016 - 27.11.2016

Golden Spin 2016
Zagreb / CRO 07.12.2016 - 10.12.2016
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示