天元台高原から西吾妻山を歩く

2016年10月25日
A23.jpg

米沢市から西吾妻山を歩いてきました。(10月16日)
山形県米沢市、白布温泉から天元台ロープウェイ、リフト3本を乗り継いで、西吾妻山登山口の北望台(標高1820m)。
西吾妻山は 2,035m、登山口と頂上の標高差は200mくらいなので、ハイキング気分で楽勝か?…と思っていましたが、アップダウンがあるのでけっこうきつい…普通の登山になりました。
私はずいぶん昔に登っているのですが、どんな行程だったかはすっかり忘れてるんですねえ(汗)

白布温泉ー天元台高原ー北展望台(リフト終点・登山口)ーかもしか展望台ー大凹ー天狗岩ー西吾妻山頂ー西吾妻避難小屋ー天狗岩ー大凹ーかもしか展望台ー北展望台

A01.jpg
早朝、福島市からR13栗子峠を越えて米沢に入ると濃霧でした。
リフトから米沢市を見ると雲海、あの中を通ってきたわけですね。

A02.jpg
さらにリフトで標高を上げていくと、雲海の雄大な景色が広がります。

A03.jpg
林の中を登り始めて最初の休憩地、かもしか展望台。

A04.jpg
飯豊山が見えます。遠景でも堂々としてかっこいい。

A05.jpg
一旦、木道の歩きやすい道になりハイキング気分。
下の方に次の目的地、大凹が見えてきました。この日一番の大人数グループが先を歩いています。
凹というのはつまり、底まで下りて&底から上り…長い下り=帰りは上り…当たり前ですが(汗)

A06.jpg
大凹につきました。ここは湿原、夏はお花畑になるらしい。
もう少し早ければ草紅葉がきれいだったかも。

A07.jpg
大凹から先は、大きな岩のすきまが登山道、しかも急傾斜、歩くと言うよりほとんど岩登り、体全体を使います。

A08.jpg
ゴゼンタチバナの赤い実。

A09.jpg
岩場と林を抜けると視界が開けました。
天空の鏡のような湿原の沼。

A10.jpg
巨岩をぶちまけたような梵天岩。迫力あります。

A11.jpg
ここでちょっと休憩。

A12.jpg
天狗の岩を経由して西吾妻山頂へ。まだアップダウンありそう。

A14.jpg
山頂手前の斜面は日陰、霜柱がたくさん残っていました。

A13.jpg
話には聞いていましたが、なんともあっさりした山頂…百名山なんですが。
山頂付近は、以前は見晴らしがよかったらしいのですが、今は木々が大きくなり、見晴らしがイマイチらしい。

A15.jpg
山頂から西吾妻小屋へ。
山頂から少し下ったこの辺りが、もっとも遠くの山々が望めました。

A17.jpg
ここからだと磐梯山(左)と雄国沼(右)が一度に見えるですね!
山形県から上り始めた西吾妻は、福島県との県境、裏磐梯は意外と近いのです。

A16.jpg
こんな山の上に不思議な感じの雄国沼。河童の皿の水…みたいな(笑)
ニッコウキスゲで有名な場所です。

A18.jpg
飯豊山と赤く紅葉した山々。
遠い山並みが美しいグラデーション。

A19.jpg
天狗岩に戻ってきました。
ここは吾妻山山系登山道の分岐点で、人も多かったです。福島県側の裏磐梯、西大巓側(デコ平)から来た方も多いようです。

A21.jpg
神社で行程の安全をお願いしました。

A20.jpg
朝は雲海に沈んでいた米沢の町がくっきり。

A22.jpg
天狗岩で昼食をとりました。風が冷たいので、風よけの岩を探して腰を下ろします。
空を見上げると、筋状の雲が光っていました。

A35.jpg
帰りは再び登山口の北展望台まで戻り、リフトで天元台高原へ向かいます。
山の西側は風が強く冷えましたが、リフトがある山の北側に来ると、風も穏やかになりました。
帰りのリフトから見た紅葉はすばらしい。長くなるので別記事に。
天元台高原の紅葉 2016年10月25日

天元台高原 | スキー&トレッキング
西吾妻山 - Yamakei Online
関連記事
トレッキング・散歩道 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示