GPS2016第2戦スケカナ 男女フリー ケイトリン復活と見どころ満載男子

2016年11月03日
Result

⚫︎女子フリー
永井優香
丁寧で美しい演技、音楽も今の彼女に寄り添う感じで良かったです。
笑顔がすてきです。よく頑張りました。

薄幸そうなナヨン
演歌か民謡かと思った!
ジャンプのバランスが全体に危ない。いい時はもっとスピードがあるのですが。

ダビン
スケートに流れがあって、なかなか良かった。ただなんとなく単調で、音楽表現がどうかな。これからですけどね。

理華ちゃん
アラビアのロレンス、きらびやかな白いドレスがとても似合います。
大きく優雅な所作など、いいところもたくさんあるし、やれることやったのかな…でも、ほとんどのジャンプにマイナスという…いいところをうち消してしまった感じ(汗)また、全体にエレメンツに気を取られ、猫背の癖、構えが出てしまった?
後半は勢いがあり、頑張った感はあるけれども、このプログラムは気品を要求しているので、人間臭いのは逆にマイナスかもしれない。
プログラムはいいと思う。けれど理華ちゃんにはどうか?ストーリーのないプログラムをまだ掴みきれてない印象。ぶっちゃけこれは振付師あっこ姉さんのプログラム、あっこ姉さんで見たい気もする。理華ちゃんにはブラックスワンのような分かりやすさの方が…今からでもあっこ姉さんのブラックスワンと交換して欲しいくらい、言ってもしょうがないけど(汗)
これをモノにできる前にシーズン終わらないよう頑張れ!

宮原さん
3+3始め、大きなミスなくまとめたように見えましたが…
このところミスの少なさが際立っていましたが、今回は彼女比で見れば、不調だったのかと思う。
華やかなスケーターたちの中で、小柄がハンデにならないように、そこかなあやっぱり。すごいスケーターなんですが。
あのかっこいいステップがノーカンとは不運としか、ここで5点くらい出てれば、2位だったかもなあ。
う=ん、なんかモヤモヤ…。

チャートランド
ミスはあるものの健闘。とても生真面目そうなスケーティング、ここにもう少しエンターテイメントが加われば。

リーザ
貫禄のクレオパトラ。
ミスはあるけれど、動きはいい時のキレが戻ってきた印象。3A投入も近いらしい。
プログラムは、マダムのお色気路線でないものを見たい気はするけれど、中盤のスローパートで、蛇に首噛まれましたみたいな振付がなんかツボ。

ケイトリン
ラ・ボエーム。なんと華やかで魅力的なんでしょう〜。
3F+3Tのキレがすごい。ぐらつくところもあるし、3Lは転倒だけど、勢いが止まりませんなあ〜(笑)
軽やかで明るい前半と、後半の激動のステップ、そして悲しいエンディングの変化、音楽との調和が最高、ぐっと引き込まれます。
ハマれば最高のケイトリンでした。
なんと総合2位!…いや、あるかもっては思ってましたが、ここまでとは思ってなかったよ、すまん。

メドベージェワ
本日の最優秀女優賞!
強いねえ!密度が濃いプロを完璧にこなす。
演技をして同時に、ジャンプもスケーティングもできてるのがすごいけど、ちょっと芝居が多すぎるような気もする。タノタノタノより、そっちが気になる。
しかし強さが揺るぎない、参りました!

宮原さんがなんとか3位に入ってほっとしました。少しついてなかったけど、次挽回できるはず。
ケイトリンの華麗な復活もすばらしかった、次も良ければ完全復活!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⚫︎男子フリー
ミーシャ
くるみ割り人形
4T決まった〜!優雅な曲調に流れを意識した振付、洗練された美しいスケーティングです。観客と一緒に徐々に高まっていく、会場にいたら盛り上がりそう!スタオベの様子がよくわかる。
すてきでした〜。

ミハル
黒い衣装はもういいと思いつつ、これはカッコいい。
4S、3A…あちこちマイナスになってますが、ここ最近のミハルでは、最もすばらしい内容。こんなにできるんじゃないか〜(笑)
ディープエッジのなめらかなスケーティング、すきのない身のこなし、振付もドラマチックでかっこいい。ステップの音楽表現もぞくぞくする。
どうしたんだミハル?リプレイして何度も見ちゃったぜ(笑)

ペトロフ
17歳にしてジジくさい選曲、シナトラ「シカゴ」
端正なスケーティングはとても魅力的、でもやっぱり若いんだから、もうちょっと弾けたヤツで…。
トータルプロデュースって意味で。

ハンやん
青い、青すぎる衣装、ディカプリオ版ロミジュリにしては古風でしょ?
ハンやんらしい軌道のでっかい3A、4T+2T、4T転倒…
ジャンプはいいところもあれば、そうでないところもあり、故障もあるらしい。
プログラムは悪いわけではないけれど、ハンやんのスケーティングにロミジュリってどうかなって気もする。

ゆづ
4L転倒、4S美、2つ目の4Sは2S、4T、3A+2T、3Aから3連続…
完璧ではないけれど、このすさまじい構成をまとめましたねえ。スピンやステップもスキがないですね。
プログラムは、さわやかで濃い。表現面では、優しそうで鬼…天使のような戦士…という(笑)ゆづらしい世界観が出てきました。
完成はまだこれから、まだまだ得点は伸びる、よくやるよな〜。
インタでは滑走順のことをずっと話していて、アップの仕方で繊細な構築をしてるんだなということがわかりますね。
衣装はこれまでにあるデザインなので、できれば変えてほしい。

サモヒン
勢いあります、突っ走る感じが若いな〜、転倒も思いっきりでなんかかっこいい。
最後の方に1Aみたいのがあって、あれってジャンプ?と思ったら、皆さんそう思ったらしい。スコアに1Aノーカンで記載。つまり気にしなくていいのか?

ケビン
4S、4T+3T、4S転倒、後半4T、転倒はありましたががんばりました!
美しいピアノ曲、よく集中して音楽の世界観が表現されていたと思います。
すてきでした。

パトちゃん
4T+3T美、3A、4S転倒、後半の4Tは3Tに、3A+2T、他ミスもちょこちょこありますが、全体を見れば美しい演技でしたね。スケーティングの美しさがなんともすばらしいスケーター。
普段着GOEマイナス1(個人の感想です)
フリー2位ですが、SPの貯金で逃げ切り優勝。シーズン序盤、パトちゃん的にはまずまずではないでしょうか。

無良君
攻めの構成でしたが…ジャンプのミスが響いて、全体的に精彩欠く感じになってしまいました。フリー9位(涙)
朝の公式練習で捻挫をしたとか、なんてこったい。挑戦した意味が今後に生かされればよしとしましょう。次も思い切って!
ざんばら頭はセクシーなはずが、今日はちょっとオバちゃんっぽい(汗)ちょっとした加減なんだけど。衣装は凝っているが、手袋まで黒はちょっと重いのでは?

それぞれに意味のある大会になったかなスケカナ。
ケビンの表彰台がめでたい。
ミハルとミーシャがとてもすてきでしたね〜。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示