イヌタデ

2016年11月05日


色合いが乏しくなる晩秋の原っぱ、真っ赤な草むらはイヌタデ(犬蓼)です。
夏頃からあちこちで咲き始めますが、気温が下がり、朝晩冷え込むようになってからの方が、びっしり花をつけています。葉も赤みを帯びてきました。
関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示