浅田真央選手とGPS2016

2016年11月17日
早いものでGPSは残り2大会を残すのみ、ファイナル行きもどんどん決まってきました。
そんな中、我らが浅田真央選手は、ファイナルを逃すこととなりました。
ファンとしては残念ですが、まあでも…これは想定内かなとは思っています。本人ファンも現役復帰を決めた時から覚悟していた厳しい道のりではないかと。

今は高難度構成でなければ、表彰台争いに加わることすら難しい。
そしてメドベージェワ選手が台頭してきたあたりから、それは更に加速し、3+3は3Lzや3Fから、セカンドは3Tだけでなく3Loも。3+3を複数回、1.1倍になる後半にジャンプ固めうちなんてのも珍しくなくなってきました。
(一つの象徴としてメドを出しているだけですが)…そんな高難度構成のVBを、ほとんど失敗しない、加点のつく質で決める、密度の濃い表現も同時に実現する、メドベージェワ選手はすごいです。

そんな時代に現役復帰を決めた真央ちゃんが勝負するには、最低でも2014ワールドレベルで、それは彼女自身が話していたことでした。
ところが、今シーズンは膝の故障があり、十分に練習を積めない、練習が自信に直結するタイプなのに、自信が持てないまま競技に臨むこととなりました。

それでもすばらしいスケーティングがあるじゃないか!芸術性の高い音楽表現がある、あのすごいステップを見たか!
構成を下げざるを得なくても、パーフェクトなら上位…という可能性もありました。そうであるならうれしいですが、現在の採点傾向や強豪の多さからすると、ちょっと難しいかもな〜と、個人的には見ていました。

もとより、常勝する選手ではないし、パーフェクトも少ない選手です。また、真央ちゃんの場合、構成を下げるとモチベーションが下がることが多い。
今思えば、GPS前のフィンランディアで優勝できなかったこと、SPではポゴちゃんに、フリーでケイトリンに負けたこと、あれが不安と焦りのきっかけになったような気もします。

スケアメより更に悪かったフランス。内容を見れば、納得の順位でしょう。
得点源は一つ一つの積み重ねから、たとえ3Aを入れても他にしわ寄せがきては元も子もない。ただ、真央ちゃんの3Aはモチベーションの証、決まれば全体の勢いが出たかなあ…。

故障やあちこち傷めている選手は多く、その程度やタイミングによっては、逆に集中力を高め、本番で神懸かりな演技をすることもありますが(2016ワールドのハビとか)、故障が長期にわたると、心理的に追いつめられて行くことが多いように感じます(プルさんは別次元にすごいってことか・笑)
ダイスケがニュースで、フランス大会の真央ちゃんについてコメントをした時、故障以上に焦る気持ちやメンタルのコントロールについて語っていて、長く故障で苦しんだダイスケだから、誰よりもわかっていることなんだなと感じました。
その上で、真央ちゃん故障はもしかして複数箇所か、かなり長期にわたるのかもと想像。

現役復帰の報道が出た時、メディアはお祝いムード一色でしたが、ダイスケは「厳しい道を選んだ」と話していて、めでたい時にずいぶん冷静なコメントだなと感じました。
(たまたまダイスケの発言を拾っているだけで、彼だけの意見ではないかもしれません)

復帰しても、真央ちゃんがオリンピックに行けるかどうかは、わからないと私は思ってました。若手の成長もありますし。
もろもろ考えると、故障に関わらず、今季の成績が振るわないことは、私の中では想定内です。
真央ちゃんとて、そういう覚悟はあったと思いますが、試合後の打ちひしがれた様子には胸が痛みます。根っからのアスリートですからね。くわえて前と同じで勝てないのではなく、これまでできていたことができなくなった…これは辛いですね。

GPSをスキップしても構わなかったなあというのは、タラレバ。
今は耐える時期なのでしょう。まずは全ての引き金になった故障をできる限り改善すること、完治できないならつき合い方を学ぶしかない。そして心身ともにリセットが必要かなと思います。
競技で勝つの大変です、しかしあえて戻ってきたのは浅田真央自身なのだから、がんばってほしいです。

そんな大変な状況でも、浅田真央のスケートは本当にすてきです。
GPSの結果は残念ですが、その魅力や輝きは何も失われていないと思う。早く自信を取り戻してほしいですね。
今季のプログラムは、大人の女性にふさわしい格調と、円熟味を増したスケーティングを堪能できる、すごいプログラムです。私は見る度に増々好きになります。
こういうプログラムは競技という現場でしか生まれない、そこにリアルタイムでつき合えるのは本当に幸せなこと。

私は真央ファンとして、スケーターとしてやりきってほしいという願いと同時に、ひとりの人間として悔いなく生きて欲しいと思っています。
いい時もあればそうでない時もあります。泣いても笑っていても、浅田真央は浅田真央、みんな応援しています。


関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
涙が出ました
真央ちゃんは表沙汰になるほど大きなけがとは無縁だったので
(後から、実は・・・と言うことが多かったですよね)
先シーズンの終わりから引きずっている感の
今回の怪我、そしてそれに苦しんでいる真央ちゃんの姿は本当にファンとしても胸が痛いです。
1年間の休養が彼女の心身を癒してくれた面もあったのかもしれないけれど
裏を返せば女子の技術の進化、若手の台頭、など
頭では分かっていても現場に復帰してみないとわからないことの方が多かったと思いますので
それにどう対応していいか模索しているうちに
グランプリシリーズが終わってしまったという感じがあります。

同じく1年間のブランクを経て現場復帰した
大ちゃんの言葉が心にしみますね。
大ちゃんの言葉はどんな解説者の言葉よりも重いです。
大ちゃんの言葉と思いが真央ちゃんに届きますように。
そしてどうか、真央ちゃんが自分のスケートを
取り戻してくれますように。
>keiko さん
> 今回の怪我、そしてそれに苦しんでいる真央ちゃんの姿は本当にファンとしても胸が痛いです。

長い競技生活の中ではそういうこともあるかとは想像できますが、やっぱり辛いですよね。
一旦現役を離れてから戻るのは大変ですが、高難度構成が当たり前になって来ましたからね。
先日の中国杯では、アシュリーが6位になってしまいましたが、PCSやオーラで上位にとどまることにも限界があるなと、つくづく感じさせられました。

> 大ちゃんの言葉が心にしみますね。

そうですね。
だからといって何かしてあげられるわけでもなく、最後は自分なんですけれど。
結果も大事ですが、やりっきって悔いのない現役生活を送ってほしいですね。

管理者のみに表示