GPS2016第5戦 中国杯 女子 ラジオノワ優勝

2016年11月21日
Result

解説は今のところ、織田くんがいいな〜。
チューハイだと中国語看板が多くて新鮮。言葉がわからない方が模様にだからいいね、中国語でえぐい言葉があるのかもしれないけど(笑)

⚫︎SP
ケイトリン
いるだけで人の目を惹き付ける華がある。
すばらしくでっかい3F+3T、3Lzは結構傾いてるんですが、着地はしっかり、2Aはちょっとあぶないけどセーフ。
躍動感!とにかく元気がいい!シャンソンにしちゃ元気良すぎるくらい(笑)カナダ大会より自信に満ちた演技でした。大会ごとに自信が出てきた感じ。

アシュリー
スケアメよりちょっとスピードやノリノリがなかったと思う。
ジャンプが全体にうーん。
それでも64点、でも64点だと厳しいいんだよねえ(汗)

理華ちゃん
前回より、ずっと良くなってきた!
回転不足か…でもスケールの大きさやメリハリ、作品としてすごく良くなったと思います。

リーザ
心配なく見られるようになってきたのはいいのですが、それはつまりリーザ的というかミーシン色というか、ああこんな感じね〜っていうのがどうかな?(汗)

ヨシちゃん
得点は難しいけれど、好きだなあ彼女のスケート。パワフルでゴージャス。

ラジオノワ
ハリウッド女優風〜。
コントロールに苦労していたロシア大会より、ジャンプが安定しているような。そうなってくると表現面に振り分けるエネルギーに余裕ができて、表情豊か、ステップがステップでないような独創性と演技、まさに女優〜。

三原さん
華奢な少女風ですが、滑り出すとぱ〜っと世界がひろがる、スケールの大きいスケーティング。
3Lz+3Tすばらしい〜。
ステップはディープエッジでスイスイ気持ちいい〜。
最後の3F決まった!
ひゃっほー!舞依ちゃんすばらし〜!!!PB68点!

⚫︎フリー
ヨシちゃん
おかあさんコーチがいないと思ったら、オーサーに移ったのか〜。
難度はともかく、もっとスピードとジャンプがかみあうんですが…スケーティングができるんですが。後半の動きはよかった。
衣装もすてき。このセレブ感あふれる雰囲気をオーサーがキープしてくれることを祈る。
ロシア以外のユーロ女子にもがんばってほしい。

ジジュン
可憐さの中にも清潔な色気がそこかしこに。
中盤の転倒が激しかったせいか、後半に力尽きるいつもジジュンに戻ってた(涙)

カレン
タンゴジェラシー
3Lz+3T美、これはいい感じと思ったら3F転倒。決まったジャンプは高さもあっていい。
小柄で幼くも見えるけれど、タンゴをかっこよく決めてます。スパイラルいいな〜。スピンもぶれなくて最高。
全体として、最後までキレとスピードがあってかっこいいカレンでした。

リーザ
わかめ衣装!プログラムを昨シーズンの「ペール・ギュント」に。
腕のぐにゃぐにゃに既視感っていうか、いつものリーザ。
迷いなく演じている、安心して見ていられる。3T+3Tかっこいい。ジャンプはいい感じに向かってます。
リーザの妖しい魔女っぽさ、コレオが激しく盛り上がって終わる。いいですねえ!心からのやりきった笑顔は久しぶりかも。

アシュリー
髪を下ろすと、より深く内省的な表現という印象。
スケアメに比べたらジャンプは良くないのですが…。ぱっと見そう悪くないのですが…ことごく「<」が…(汗)流れは美しかっただけに残念。う〜ん、なんか運も悪かった気もする。
フリーはなんと7位、アシュリーが7位?まさかのファイナルなしとは(涙)
待たされるキスクラはわかってる感じ。
全米がんばれ。

理華ちゃん
ジャンプのミス、減点は少なくないですが、スケカナから滑りも表現もとても良くなっていて、ほっと安心。これなら大丈夫、いい方向に向かってると思います。
ただ姿勢、首から肩にかけてのラインが気になる。
あと、もっと魔性を!もっとツンデレオーラを!もっと美女オーラを!
理華ちゃんならもっとできる!
投げ込まれたクマのぬいぐるみがでかすぎて事故かと思ったよ(笑)

ラジオノワ
トゥーランドット。
SPと同様、ジャンプに安定感が出てきて、以前より表現に余裕。全てを支えているのはメンタルだよねえ、強いねえ。
ステップがレベルだけでなく、大人の表現になってきて見ごたえあります。
ただこうなってくると、彼女なら定番曲ではない渋いプロで見たい。

ケイトリン
3F+3Tが吹っ飛んでくかと思った〜。2A+3Tすばらし〜。
3Lz転倒、とまあ、あちこちミスはあるものの、魅力的ですてきな演技でした。
最後までよく動いて、よく滑ってました。つなぎの動きがダイナミックだったり、ドラマチックだったりで引き込まれます。
フリー3位、総合2位、おお〜ファイナル決定!

三原さん
今日も良く滑ってますよ〜。動きが大きくて、見ていて楽しい。
あ〜1Lz、3Lで乱れた。でもミスはここだけ、あとはよかったです。
PB更新するも惜しくも4位、う〜ん悔しい。
少し欲を言えば、このプログラムは三原さんに似合うけれど、高いレベルで表彰台を争う時、シンデレラはちとジュニアっぽいかな?
でもすばらしい活躍、あっぱれです。

ラジオノワ、ケイトリンがファイナル確定、彼女たちの上位は想定内ですが、アシュリーの6位にはびっくりしました。SPの出遅れなければ…。
日本選手にとってもそうですが、今はSPで70点以上取らないと表彰台が厳しい。60点台後半には、たくさんの選手がいるので、ちょっとの差で順位が下がってしまう。
この中堅クラスが層が厚くて激戦、ほとんどフリーで3+3コンボ入れてVBは皆似ている、ミスしたところから下がっていく。健闘したようでもなかなか上がってこれない。そうなってくると、SPの1〜2点の差が大きく響く。
ここにはまる前に、まずSPでぶっちぎっておく、それが今の女子かな。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示