冬の光

2016年12月02日
20161202.jpg

風さむみ木の葉はれゆく夜な夜なにのこるくまなき庭の月かげ
式子内親王 新古今和歌集

風が吹き木の葉が散れば、月光が遮られることなく庭を照らす。
まちなかにいると月の存在は希薄で、今の季節、木々に見えるのは華やかなイルミネーションだったりします。

だいぶ寒くなってまいりました。
皆さん風邪など引きませんように。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示