FC2ブログ

2010トリノワールド 女子シングル

2010年04月04日
結果サイト

すっかり感想書くのが遅くなりました。
すでにいろいろな方のレポ、感想を読んでしまったので、どう書くべきか悩む(汗)

○女子SP
クセニア・マカロワ選手
内容より先に、美貌に目が行ってしまいますが、見るたび勢い増してますね。
見栄え、アピール力もパワーアップ。
聞くところによれば、育ちも拠点もアメリカ、例えでいうと、ミライちゃんがやっぱり日本からエントリー…みたいな感じでしょうか。

アナスタシア・女戦士・ギマゼチノーバ選手
ユリア・セベスチェン選手
かっこいい!
レベルとかスケーティングとか、アレなんでしょうが(汗)すごく良かったです。

カロリーナ・コストナー選手
エミューちゃん、がんばって!と思わず声が出ます。
いちいちすごい歓声、さすが地元。
3F+3Tではなく3F+2Tだったので、私の気持ちは若干諦めムードが…3Lが2Lに。しかし、よく踏みとどまってくれました。
演技後のすさまじい歓声と対称的に寂しげな様子、彼女の背負う責任の大きさを想像してしまいます。
Cistはレベル4!
これまでことを考えると、SP4位は健闘。

浅田真央選手
完璧に見えました。
プログラムの華やか雰囲気とエレメンツの一体感がどんどん増して、作品として輝いている感じがしました。
スパイラルの笑顔が最高!彼女のスパイラルは本当に美しい。
ステップは、エミューちゃん(コストナー選手)がレベル4なら、真央ちゃんもレベル4くらい軽くもらえそうな気がするんですが…。

プロトコルを見ると、この日ステップのレベル3と加点は、女子にしてはたくさん出ていますね。

安藤美姫選手
今季のレクイエムは、EXバージョンが素晴らしすぎなのが幸か不幸か?
冒頭の3Lz+3Lで転倒、ビビりました(汗)
その後の演技は、破綻はないものの元気がなくて心配に…。
SP11位って(涙)

ラウラ・レピスト選手
2Aの失敗がなければ、70点くらいでそう。
スピード、キレのいいスケーティング、3T+3T完璧、彼女の良さが全開です…つくづく2Aが残念!

長洲未来選手
完璧!素晴らしい!
あれ?3Lz+3Tは回転不足ですか…成功していたら70点以上でしたね。

ヨナ・キム選手
不調は伝えられていたので、ある程度予想の範囲内でしたが、思っていたより悪かったですね。
ジャンプではなく、スピンやスパイラルで…なんというか集中力がかけているような印象。
いつものくやしいくらいの強さ、スピード感がありませんでした。それでも3+3を決め、60点出すのはさすがというべきか。

鈴木明子選手
うーん、こちらも集中できないうちに終わってしまった感じ。
結果を知ってみていたのですが、困ってしまいますね。

レイチェル・フラット選手
このプログラムは、イケイケのノリが楽しくて好きです。
特にステップが。
しかし全体に荒っぽかったかな。
また横に…(以下自粛)

SPの結果は、オリンピック直後の難しさを感じさせるものでした。
FSの滑走順がとんでもないことに!
トリノオリンピックシーズンのワールドのように、新たなスターが誕生するような予感が…。

○女子FS
鈴木明子選手
SP20位というあり得ないような順位から(涙)しかし彼女はここで消えるような人はありません。
パーフェクトではなかったかもしれないけれど、良かったです。
このプログラムは、彼女の力強さ、明るさがいっぱい詰まっていていいですよね。なんかこう見ていて元気になりますね。
演技後のやりきった笑顔もいい。

安藤美姫選手
ある意味鈴木選手より心配だったのが美姫ちゃん、それは元世界女王が、この位置(SP11位)では困る…そういうプライドを通した、私の勝手な見方かもしれません。安藤!いったいどこに向かおうとしているのか。
しかしそれを忘れさせる、素敵な、これまでで最高のクレオパトラでした。
スケーティングは洗練されて、スパイラルも美しく、スピンの完成度も見事、ジャンプも完璧に見えました。
FSは大躍進の3位でしたが、得点は思ったほど伸びなかったのが残念!PCSの低さにはかなり不満。
3+3や2A+3Tをかっこ良く決める美姫ちゃんを期待していると、今シーズンの彼女は、ジャンプの難易度を下げてプログラムの完成度を高める努力をしていると思われます。それが評価につながったかというと、結論としては微妙だったかなと思います。
ジャンプの難易度をあえて落として完成度を優先したのか、そうせざるをえなかったのかはわかりませんが、トップ選手にとって、難易度を下げるのは、ジャッジの印象にはよくないのかもしれません。
表彰台まであと1歩、うーん惜しいなあ。
個人的には、総合2位なんですが。
でも今季前半好成績だったGPSのクレオパトラより、ずっと完成されたクレオパトラだったと思います。

ヨナ・キム選手
このガーシュインの曲は難しいですね。ヨナちゃんの流れが途切れない、美しいスケーティングがあってこそ良さが生きるとでもいいましょうか。
今回は、オリンピックとは別人のようにミスを連発、スケートにも勢いが感じられませんでした。
やはり精彩を欠いた2009GPFの時も思ったのですが、だめな演技を見せられてしまうと、逆にいい時の彼女が、どれだけすごいかということを妙に実感します。
転倒があったりミスはあるものの、3+3、2A+3Tなど成功したジャンプなどエレメンツには、すべて加点がつき、PBには遠く及ばないものの高得点でした。
正直、FSで真央ちゃん、美姫ちゃん、ファヌフ選手を上回って1位、総合2位には困惑します。
他の選手の得点が低いのではなく、ヨナちゃんが高めではないでしょうか?

シンシア・ファヌフ選手
いままでで見てきた中で最高のファヌフ!素晴らしい。
男は…いや女は…いや違う…スケーターは背中で語りますね!(無類の背筋好きなもので・爆)

カロリーナ・コストナー選手
日本選手が気になるし、応援したい選手がたくさんいるので矛盾を承知で言いますが、なんとか破綻なく…できればフリー大逆転を!と思いながら見ていました。
ああ、やっぱりエミューちゃんは素敵だ!と思います。大きくて美しい鳥が羽ばたいていく感じ。
得点は伸びませんでしたが、得点以上に印象は良かったです。
会心の演技ではないけれど、どんどん壊れていってしまう時の彼女でもなく、自分をきちんとコントロールして、今出来る精一杯のことはできたのではないでしょうか?少し大人になったのかな…。
国の期待を背負ってたち、もてはやされていたかと思えば不振となると容赦ないバッシングにあい、拠点変更で慣れない暮らしをして、大変シーズンだったはず、本当によくがんばりました。
ああ涙が美しい…ちょっともらい泣き。
メンタルが弱いなんて言いますが、この状況で戦えること、弱いはずなんてない…そう思います。
来季も現役続行なんですね、良かった!

ラウラ・レピスト選手
こちらも背中で語るタイプですね(決めつけ)今大会の彼女はスピードがあっていいですねえ。
今回のジャンプ構成は控えめですが、3Lが2Lになるミス以外は大きなミスもなく、加点もたくさんもらって、総合…おお、総合3位!
ラウラかエミューちゃんが表彰台だといいなと思っていたので、うれしい!
しかし…まて…
この内容で3位って、うれしいけどちょっとフクザツ(汗)

長洲未来選手
まあ、こういうことはあるかも…ということが起こってしまいました。
(たぶん)思いがけず、真央、ヨナを抑えSP1位、このまま好調を維持すればワールド優勝も…という状況で力を出し切るには、ちょっと経験不足だったでしょうか?緊張のためかミスを連発、FS11位、総合7位にまで沈んでしまいました。
SPが僅差で3位あたりだったらもっと戦いやすかったかもしれませんね。
何事も経験、こんな経験しようと思っても出来ないんですから!この悔しさが明日につながるさ。
演技後のインタビュー、悔しさに顔をゆがめ、涙をこらえきれない未来ちゃんの顔を、私は忘れないだろうと思います。
そして将来、笑顔で優勝インタビューに答える姿を見た時に思い出すことにします。
がんばれミライ!

浅田真央選手
あまりにいろいろなことを考えすぎて、頭がまわらない…かも(汗)
3A+2TのDGは返す返す悔しいけれど、プログラムを完璧に滑りこなしました。
素晴らしい!プログラムも、内容も、そして浅田真央も!
3Aがすごいのはもちろんですが、この「鐘」のスパイラルとステップには、いつもぞくぞくします。
スパイラルの美しさは芸術品のよう。SPの華やかな雰囲気と全く違います。
そしてステップは人々の怒り悲しみ、激情が一気にあふれだすような迫力があります。
高い技術と音楽との調和、芸術性の高い表現、美しくて強い、このプログラムをここまで完成させた真央ちゃんはすごいと思います。

彼女はプログラムの表現について熱く語ることはないので、まるで表現に無頓着かのような報道をされてきましたが、このプログラムを見て、表現力がないなど言うのは、どうかしていると思います。
オリンピック後、結果とは別に、様々な芸術家から、真央ちゃんの「鐘」を評価する声が聞かれうれしく思いましたが、そういうプロの声にとらわれず、周りの評価を気にしないで、演技を見てほしいなあとも思います。
もちろん好みであるとか、スポーツの駆け引き、勝敗などに特化して観戦することもスポーツの醍醐味ですから、私の見方を押し付けるつもりはありません。

少し生意気な言い方かもしれませんが、誰かと比べるだけではなくて(比べるのはたしかだけれども)、選手ひとり一人が全力を尽くした、結果として成績が残るのだと思います。
真央ちゃんが自身最高難度の技術をもってシーズンに臨み、挫折を乗り越えやりとげたことは、特定の選手とのライバル関係でしか真央ちゃんを語ることの出来ない報道(この件についてはNHKも同じ)では、語りつくせないと思います。
シーズン最後、すばらしいプログラムを見せてくれた。
ありがとう、真央ちゃん。
そして優勝おめでとう!
関連記事
フィギュアスケート | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
はじめまして
いつも楽しく読ませていただいています。
ニルギリさんの、フィギュアスケートの見方、考え方、共感するところがとても多いです。
ドイツに住んでいますが、フィギュアスケートの放送があまりなくて、欲求不満になっています。
今回の世界選手権は行くつもりでしたが、都合が付かず諦めました。
2回の一番高いところの日の丸、見たかったです。
>matieさん
はじめまして。
コメントありがとうございます!
ドイツからコメント頂けるなんてうれしいです。
勝手なこと書いてますが、これからもよろしくお願いします。

ドイツは昔ならカタリナ・ヴィット、今ならサフチェンコ&ゾルコヴィー組でしょうか?
ドイツは以前GPSも開催されていましたし、メジャーな扱いだと思っていましたが…そうですか、フィギュアスケートの放送少ないですか、残念ですね。

ヨーロッパ開催の大会なら、ぜひとも観戦したいですよね。
ヨーロッパの地で、誰もが納得できるチャンピオンが、日本の二人だったこと、感慨深いです。
日本から遠く離れていらっしゃるmatieさんから見たら、また違った思いがあるのではないでしょうか?
また、機会がありましたらコメント頂けるとうれしいです。

真央ちゃん、優勝おめでとう!
●真央ちゃん
「鐘」をみごとモノにしましたねー!ずっと待ち望んでいた完成版が見られて大大大満足です。真央ちゃん、ありがとう&優勝おめでとう!

●ヨナちゃん
オリンピックでパーフェクトな演技をし、金メダルをとった後ですから無理もありませんが、「燃え尽き」モードでしたね…。ワールドのタイトルもすでに持ってるし、モチベーションを高めるのが難しかったんだろうなー。
競技を続けるかどうか考え中だそうですが、彼女にとって幸せな選択がなされるよう願っています。

●レピストさん
フリーで3Lzがクリーンに決まった時は、「神演技くるか!?」と胸が高鳴ったんだけどなー…(ため息)。
でも、ミスが出ても最後まで気持ちが切れない、強い演技だったと思います。初メダルおめでとう~!

●安藤さん
最高のクレオパトラでしたよねー!すっかり魅了されてしまいました。こーんなにキュートでチャーミングなクレオパトラなら、カエサルもイチコロに違いない(笑)。

●コストナーさん
エレガントかつダイナミックな演技でしたね!フリー終了後、泣き出す彼女を見て、わたしももらい泣き。イタリアのエラい人たちも、彼女の頑張りを認めてくれるといいのですが。バッシングとか、ほんとやめてほしい。

●ミライちゃん
ショートのすっっばらしい演技に度肝を抜かれ、「表彰台いけるんじゃない!?」と興奮!でも、フリーの演技が始まる前、キャロルコーチと話してるときの彼女の顔が、明らかに「わたし緊張してます!」という表情で…(汗)。不安に駆られながら演技を見守っていたんですが…嗚呼(泣)。
でも、こういう経験を経て、みんな強くなるんですよね!来季のさらなる飛躍、期待してます!

ファヌフさんのクレオパトラも素晴らしかったし、鈴木さんがフリーで巻き返せてホッとしました。レイチェルさんはちょっとお疲れのようでしたね…。ミライちゃんとなら、余裕で3枠とれるだろうと思ってたんですが…残念です。3枠取るって大変なことなんだなぁと、改めて思いました。

今回、8位と大健闘のマカロワさんですが、WFS42号で彼女のインタビュー記事を読みました。彼女の両親は、五輪銅メダリストで、ヨーロッパチャンピオンにも2度なっていて、ロシアのナショナルで7度も優勝してるペアだそうですねー。すごーい。
インタビュアーの、「ロシアの他の選手たちは迎え入れてくれましたか?」という質問に対し、「最初は本当に不安で怖かった!」と答えていて、思わずブブッと吹き出してしまいました。やはりアメリカで育つと、ロシアって怖いイメージなんだなと(苦笑)。でも、ロシアの皆さんは、とってもフレンドリーで、マカロワさんを温かく迎え入れてくれたそうです。
ロシア女子は、あとからあとから強い(しかも美しい!)選手が出てくるので、彼女もレオノワさんも大変だと思うんですが、自分を信じて、頑張ってほしいな思います。
>マイキーさん
コメントありがとうございます。
真央ちゃんは、帰国直後のテレビのインタビューで、「オリンピックの銀」と今回の「ワールドの金」、どっちがうれしいと聞かれ、迷った末「オリンピック銀」と答えましたが、ここにもうひとつ「SPとFPノーミス」と加えられたらもっとうれしいですね。見た目にわかりづらいDGというのがねえ。
でもワールド優勝は、やっぱりうれしいですね。

ヨナちゃんはやはり引退なのかな…そういう含みのある報道が多いようですね。
推測ですが、引退を明言しないでショーを続けながら競技は休業、オリンピックシーズンに復帰…ということだってアリでは?
彼女はショーより競技の方がだんぜんいい!と私は思うのですが。
昨夜放送されたBSフジのEXを見ながら、改めてそう思いました。

美姫ちゃんもSPでどうなることかと心配しましたが、がんばりましたよね。
なんとか表彰台に上げたかったな~。
エミューちゃんも苦労したシーズンだったし、ミライちゃんもシーズン前半DGで苦しんだことを考えると、後半は大健闘だといっていいと思いますね。
選手それぞれにドラマがありますね。

関係ないですが、昨夜のEXは、ダイスケが主役扱いでとても気持ちよく見れました(笑)
真央ちゃんのEXは華がありますねえ!
ジョアニーがいないのが残念ですが、ファヌフの背筋もジョアニー並みに素晴らしかったので大満足(笑)

ラウラ・レピストのEXを見ながら…
強風で洗濯物を干すのに手こずるラウラ
飛ばされた洗濯物拾いに走るラウラ
拾ってみたら、あらもう乾いてたわ洗濯物…に満足のラウラ
…と、妄想したのは私だけでしょうか?
BSフジのEXを見て
トリが大輔くんでしたね~。真央ちゃんとのスロージャンプも嬉しいサプライズでした。終わった後のハイタッチも微笑ましくてよかったです。

>強風で洗濯物を干すのに手こずるラウラ
>飛ばされた洗濯物拾いに走るラウラ
>拾ってみたら、あらもう乾いてたわ洗濯物…に満足のラウラ

ニルギリさんたら!次からそんなふうにしか見えなくなっちゃうじゃないですか!(笑)
前のEXもそうでしたけど、レピストさんは、小道具使うの上手ですよねー。このプログラム、生で見てみたいなー。日本のアイスショーに来てくれないかなー。

わたしも以前は、ヨナちゃんは競技プロのほうが断然いいなと思ってたんですが、五輪で「タイスの瞑想曲」に感動し、考えが変わりました。プロスケーターになっても、きっと素敵な演技を見せてくれるのではないでしょうか。
1、2年、ショーやってみて、競技が恋しくなったら戻ってきてもいいし、荒川さんのように、表現者として究める道を選ぶのもいいし…とにかく、ヨナちゃんの納得いくように決めてほしいなぁと思います。
>マイキーさん
>次からそんなふうにしか見えなくなっちゃうじゃないですか!(笑)

もちろん、それが狙いですから!(爆)
ラウラは小道具使いがうまいですね。リボンのプログラムも素敵でした。

ヨナちゃんはまだ19ですからね。人生どんな選択肢もありえますね。
わたしはもっと変わったもの、いろんなプログラムに挑戦してから引退でもいいのでは思っています。
それにしても、母国での人気がすごすぎて、自分の望む道を選べるのかなと、老婆心か…でも韓国では普通に暮らすのは大変そうですね。

管理者のみに表示
« ホトケノザ | HOME | 梅香 »