力関係

2016年12月23日
2016122003.jpg

外から家の中を覗き込んでいるのは、最近やってくるようになった見知らぬ猫。
すごまれた我が家の猫は、あきらかに劣勢。

我が家には複数の飼い猫いて、その他にもオスメスいろいろな猫が勝手にやってきます。ノラ猫ではなく、どこかの飼い猫だろうと思います。
彼らは、この家はガードが甘いという認識があるのか、飼い猫の出入りのため窓を少し開けて置いたりすると、勝手に家に入り込み、勝手に猫飯を食べていく…そんなこともしばしば。
そんな気ままな猫社会でも、その時一番強いボス猫(たぶん)がいて、どんどん代替わりしていきます。外でギャーギャー、フーフー、猫の抗争があれば、そろそろ代替わりかなと。

ごく最近そのボス猫が替り、それが写真の猫、こいつがなかなか強気です。
サッシ越しに我が家を覗き込み、我が家の猫を威嚇するという。よその猫なら、人の姿を見れば、たいてい逃げて行くものですが、人がいても動じません。
ケータイのカメラをこんなに近づけても逃げないのは、人にも慣れて、サッシがあるから大丈夫と、よくわかっているのでしょう。

2016122002.jpg
そんな強気のボス猫に睨まれ、じりじりと後ずさっていく、おぼっちゃま育ちの我が家の猫。

2016121004_201612211620363f0.jpg
それにしても、立派な面構えです。体も大きい、敵うわけない(笑)
ふと「タンゲくん」という絵本を思い出しました。
タンゲ君はある日どこからともなくやって来て、勝手に居着いた猫。しばしばどこかへ出かけ、長く留守したり。
…たぶんそういう猫が、我が家に来るのでしょう。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示