全日本フィギュア2016 男子フリー ショーマ初優勝、刑事君初表彰台!

2016年12月26日
リザルト
全日本フィギュアスケート選手権2016 フジテレビ

高志郎君
ディカプリオ版のロミジュリ。音楽がちょっと大げさ、重いかなと感じましたが、そんな音楽も受け止められる大人になってきたのだなと思う。
特にスローなパートの音楽表現には、心を捧げているような一途さがあって感動、全体を見ていて、将来性も感じます。彼が次の時代を担っていくのだろうと。
ジャンプ完璧、いい演技でした!
笑顔はやっぱりかわいい、まだ15歳。

優君
もう20歳か。
「ムーラン・ルージュ」ジェフ振付、身のこなしがジェフっぽい、端正な動きは優君にあってます。
3AはSO、2本目は2A。
曲調の変化が唐突っぽくてどうかなって気はするけど、ドラマチックで運命に翻弄され、立ち向かおうとする青年っぽさがよく出ていたのでは?

フェイ
「キダム」不思議ちゃんプロが、なんかフェイにハマるよね〜。
3Lz+1L+3Sが最初のジャンプ、これって珍しい展開で印象的。3Lz+3T、3A+2T、3L、3A転倒、2A、3F、2A、後半ちょっと不安定なところもありましたがやりきりました。スピン上手になった。
これまでの単調さから、とても雰囲気がでてきて…フェイにしかない個性が生まれたように見えました。
230点、いい点来ました!

バックヤードのショーマが、赤い上着を持っていて、一瞬クリマスだからサンタごっこでもしてるのかと思った(中京の上着です!)

友野君
「パリのアメリカ人」
4S完璧!3A、3A+2T!ああ2S。でも、ジュニアとしてここまでできれば、すばらしいです。
スケートもよく伸びるようになってます。
そして調子に乗せると、ボクどこまでも行っちゃうよ〜的なエンターテイメントに磨きかかってます。

刑事君
かっこいい男に育ちました(遠い目)…別に私が育てたわけじゃない(笑)
4S、2つ目は2S、3Aは回転が…、でも後半の3A決まった!
コミカルな動きもダイナミックにおしゃれに、マッシモがいい仕事してます。随所に散りばめられた小芝居も楽しい。
もっとできたはずですが、ジャンプのミスはあっても最小限、崩れることのない最近の刑事君。スケーティングと演技力も備わって、とても印象がいい。
やっぱり、NHK杯表彰台の経験が大きいですね。

無良君
4Tこらえた、4T+2T、3A美、いい感じにきていたのですが、後半の3Aは不完全な2Aに、もう一度3A、しかしここからミスを重ねてしまいました。
動きそのものはいいし、力強い表現ができたと思いましたが、う〜ん、気負いかなあ。

ショーマ
4Fなんとか、4Tなんとか、後半4Tは単発になり3Sを3Tコンボに。
全体に余裕なく、緊張があったような。言われてみれば呼吸もちょっとおかしい。
ファイナル後、メドちゃんのトレーニングに影響をうけ、フリーのジャンプ全てをコンボにして練習していたそうですが、それがあったからこそできたコンボ(3S+3T)のリカバリーでした。
演技を終えてうなだれ、涙するショーマ。くやしさと重圧となんとかやりきり精魂尽きた感じか。汗だくです。
完璧ではないのですが、手に汗握る展開、感動しました。この感動は、フィギュアスケートがスポーツであるから、それを実感しますねえ。
リンクサイドの美穂子先生とマチコ先生に抱きとめられるショーマ。毛皮のマチコ先生に抱きつくショーマは子犬のようで、なんか動物の親子ような(笑)
もちろんフリートップで総合1位、全日本初優勝です。おめでとう!

そして、刑事君2位、無良君3位。
刑事君はなんと2位!ワールドの切符もつかみました。表彰台はあると思っていましたが、なんかこうイメージできていませんでした。まだまだ上は強いように思えていて…こんな強くなった、彼が実力でつかみ取った表彰台です。
フェイは4位、NHK杯で幼なじみゆづと共に戦った刑事君とフェイ、あの経験と刺激が2人を成長させたみたいですね。
上位陣は結果はどうあれ攻めの姿勢、みんなかっこよかったです。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示