1月の残菊

2017年01月11日


そめかふる籬(まがき)の菊のむらさきは冬にうつろふ色にぞありける
藤原経家 風雅集

草枯れの冬までみよと露霜の置きて残せる白菊の花
曽禰好忠 詞花集

遠目にピンクの菊が見え、近くに行ってみると、ほとんど枯れてはいるけれど、花はそっくり残っています。
ピンクもきれいですが、セピア色に褪せた菊とピンクの菊の色合わせがとてもきれいです。ファッションでいうなら、上級者って感じですかね(笑)

2017010203.jpg

ここは見通しのいい道路沿い。
初冬の頃まで咲いている菊は珍しくないですが、1月になってもこんなに色が残っているのは珍しい。
その年の気候や気温などにもよるのでしょうね。

2017010202.jpg
関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示