木幡山の大杉と隠岐津島神社

2017年01月18日
2017010507.jpg

穏やかな天候だったお正月、雪も降りそうにないので、二本松市木幡の隠岐津島神社に行ってみました。
私は初めてです。
阿武隈山系の山間部、土地勘ないのでナビがなければたどり着けないと思いました。

木幡の幡祭り・参宿所・木幡山隠津島神社公式ホームページ
当社は、神護景雲3年(769年)に宗像の三女神を御祭神として勧請された。
大同年間(906年)には、平城天皇の勅願によって弁天堂が建てられ、神仏混淆の社となり、後世には木幡の弁天様と呼ばれ庶民に親しまれるようになった。
天正13年(1585年)伊達正宗の兵火により全山炎上、本社・末社悉く焼土となりしも藩主や庶民の信仰厚く、再建された。
明治に至っては初年の神仏分離令によって、別当治陸寺を廃し、厳島神社と称し、明治35年神社名を復旧、隠津島神社と改称、明治40年県社に列した。
後の大東亜戦争終結後 神道指令によって宗教法人「隠津島神社」として届出、社格(元県社)解消となったが、今日現在においても平和・招福・知恵・縁結びの神と広く深く信仰されている。



境内の入口

2017010502.jpg
長い石段を上っていくと東屋があり、巨木の杉…これが木幡の大杉?
…と思ったら、違う(汗)

2017010504.jpg
歴史と由緒ある場所らしく、あたりは巨木だらけなのです。

2017010503.jpg
つづれ織りの石段。どんどん登って行く感じです。

2017010505.jpg
展望台から二本松市市街地方向を見る。ちょっと遠いかな。

2017010506.jpg
整備された石段の他に古い山道(たぶん古い参道)があり、迷わず山道を歩く!

2017010509.jpg
これが木幡の大杉(国の天然記念物)
なるほど、別格の大きさと存在感です!

2017010508.jpg
曲がりくねる枝は知恵の輪のよう。
材木用は枝打ちをして一本のまっすぐな木に仕立てていますが、杉本来の姿はこんなふうになるのだなと思う。

2017010512.jpg
木幡山の銅鐘、これも由緒ある鐘らしい。

2017010513.jpg
鐘から本殿には向かわず、まず経塚へ。本殿に向かう道を迂回するように山道があります。

2017010514.jpg
あれ?駐車場はからっとして、さっきまでいい天気でしたが…雪。

2017010515.jpg
思えばひたすら登ってきました。あれで標高はだいぶ上がったはず。

2017010517.jpg
雪がどんどん…これでは雪山登山ではないか?(汗)

2017010518.jpg
木幡山の経塚群(末法思想が盛んだった平安末期にお経を埋めた)
ようやくたどり着いた経塚…寒い。

2017010519.jpg
経塚から更に山道が続いていますが、今日は雪山に登るつもりはないので(汗)
とにかく寒いので、下ることに。

2017010520.jpg
本殿(二本松藩主丹羽長貴公の命により、寛政元年(1789年)造営)
経塚から本殿へ下って行きます。少し下っただけで気温が違う、雪も無い。
風雨にさらされて古ぼけているけれど、風格のある立派な本殿です。
この日は三ヶ日もすぎた1月4日、ひとけもありません。駐車場に来るまでも結構な山道でしたしねえ。

2017010521.jpg
隠岐津島神社の三重塔
お参りというよりは、ほとんどトレッキング化していましたが、豪華な三重塔の出現で、由緒ある神社に来たことを思い出す(笑)

2017010511.jpg
2017010510.jpg
我々は山道選んで歩いてきましたが、駐車場から石段や舗装された道が整備されています(念のため)
急な石段とつづれ織りの坂道がほんど、歩きやすい靴でないと大変ですが。

関連記事
トレッキング・散歩道 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示