四大陸2017 男子SP クワド祭り初日

2017年02月22日
Result

ハンやん
彼のかっこいいスケーティングによく合うかっこいいプログラム。スピンが一つノーカンがもったいない。
4T決まり、得意の3Aも決まりましたが、あの飛距離と流れがすばらしい3Aではないというか、そのあたりにやっぱ不安残るなあ。この内容でジャンプに加点がつけば90点越えになりそうなんですが。

刑事君
調子は良さそうでしたが…。4Sは3Sに、大きなミスはないものの、これじゃまずい今日この頃(汗)
表現やステップは情熱的ですてきでしたが、彼くらいの実績だと、4回転入らないと得点に期待できないのが辛いところ。まあSPの出遅れは多いんだけどね(汗)

ナム君
平成の植木等!昭和の香りと言ってもいい。
4+3T、4S、3A、全て決まったのに72点。「これっぽっちかよ!」ってキスクラ。
スコアはマイナスの嵐!まあ、たしかにそうか。

マルチネス
20歳、大きくなっても濃さが薄まらないマルチネス。つうかすごく男臭い感じになっていてびっくり。スケーティングはパワフルで、以前のイメージがない。
黒に鮮やかなグリーンの衣装、ビールマンだと土から何か芽がでてきたような。

ネイサン
ひさしみたいなヘアスタイル気になるんですが(汗)
4Lz+3T、4F、3Aなんとか…うは〜全部決まりましたよ!クワドに危うさが皆無ですね〜3Aが一番危なかった(笑)
表現という意味では、どこか未完成なプログラムに見えるのですが、随所にバレエの所作があって美しい。つなぎは大会ごとによくなっている。
103点…当然か?ラファエルコーチも当然て顔。いやはや。

ホックスタイン
4Tおてつき+2T、ジャンプはちょっと乱れてしまいましたが、ここ数年で、プログラムにググッと引き込む力がつきました。流れががとてもいいですよね。全身を大きく使って表現しているところも良かったです。
エイナウディが似合う大人の男になりました。
PB81点!

ジェイソン
クワド回避したものの3Aで転倒。
しかし、美しい。スケートによる音楽表現とはこういうことだよね。このすばらしい身体表現ができる体を持ちながら、ジャンプが苦手とは…(涙)

ゆづ
4L美、2S+3T、3A直後の左足の振り上げがたまらん。
公式練習では調子が良さそうに見えました。絶好調のように見える時こそ、こういうこともあるかな…そんな風に思います。朝の練習ではジャンプにちょっと苦労していたという。まあ、強いて言えばちょっと硬かったかな?
ステップ大盛り上がり、会場の興奮マックス、リンクはプーさんの海。
大きなミスがあっても97点、さすがでござる!

ショーマ
4F成功、4T+3T、3A。
ミスの多かった今季のSPで、クワド2本構成できまました。4Fと4Tはちょっと危ないところもありましたが、まだ加点に伸び代もあると思えば(笑)
3Aはとても大きく美しい。これが苦手のじゃんぷだったとはねえ。
ジャンプ以外のところにはとても余裕があり、お色気倍増〜。ステップのタメや伸びがすばらしかったですね。
ついに100点!うちの子100点!(喜)

パトちゃん
4T<転倒、3A美麗、3Lz+3Tはセカンドで乱れる。
ジャンプのミスは残念ですが、スケーティングの美しさはすばらしい。ゆづやショーマもスケーティングに定評がありますが、パトちゃん見るとやはり上、ほれぼれ、参りましたと思う。
100点前後で争うSPで88点は厳しいけれど、パトちゃんなら表彰台に逆転も可能な点差。

ミーシャ
「愛の夢」ミーシャ振付、美しいプログラムを心をこめて、ていねいに。いい演技でした。
今の彼は、一戦、一戦を大事にしているように見えます。

ボーヤン
4Lz+3Tはバランスを崩す、3Aオッケー、4T美。
おもしろいプログラムでノリも楽しい、スパイダーマンならもう少し柔軟性、軟体系な動きがあるともっといい。
ボーヤンはジャンプが決まらないとちょっと厳しいですが、クワド2種類ならこれくらいの91点、いい点ですが4位(汗)

ネイサンとショーマが100点越えで、1、2。
ネイサンのクワドがとにかく失敗する感じがしない。すごいことなんですが、普通に跳んでしまう。
ゆづは、これくらいの点差なら優勝候補筆頭なんですが、若手の追い上げがすごくて、以前ほどのアドバンテージがない、そんな時代(汗)
4T、4S、4L、4F、4lz。 SPは、なにはなくても4回転、複数種類なら表彰台…すさまじい時代に突入。
みんなケガなくがんばれ。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示