四大陸2017 男子フリー クワド祭り2日目

2017年02月25日
Result

刑事君
4Sは3S、2つ目は2S、得点源の大技が決まらないと…。
こんな風にエレメンツが盛り上がらないときに、楽しいチャーミングなプログラムを演じるのはとても難しい。不本意でしょうが、ここまでまとめた力はとても感じられました。

ジェイソン
「ピアノ・レッスン」の美しいメロディーとジェイソンの親和力を楽しむプログラム。ストーリーや人物を演じているわけではないのに、とても心にしみますねえ。
リンクを回りながら、世界に光を灯していくような、そんなイメージ。すてきでした。
4回転は封印、ジャンプさえなければ…とおかしなことを考えてしまう。

ミーシャ
エレガントなくるみ割り人形。
4回転を封印して3Aを2本、今はこれが精一杯なのかな。
現役の終え方を考えるようになってから、熟成ではなく、気高く透明感を増してきたミーシャ。どう演じるかってとこより、スケートへの愛と敬意を感じます。

ボーヤン
「道」衣装がわかるようなわからないような(汗)
4Lz+3Tなんとか、4Sなんとか、4L転倒、4T転倒、4T+2T、3Aから3連続、3A、3Lz。ジャンプはなんとかってところはあるし、ジャンプのためのスケーティングという感じで、プログラム表現はどうかなと、個人的には思う。
TES100点越え176点。

実況席のダイスケに突っ込んでほしい気持ちになる(笑)
ダイスケの「道」と曲構成が似てるからねえ。彼の叙情的な表現、コミカルで優しげな振付を思い出すと、ボーヤンの青い演技とそれでも4回転を決めればここまで得点って出るんだなあと…いろいろ複雑(汗)それもこれも曲がいかんのさ(笑)

パトちゃん
衣装にこだわらないと言ってるパトちゃん…知ってたよ!
冒頭の4T+3Tがため息がでるほど美しい。軌道から見直したという3Aもすばらしい。
美しい音楽と美しいスケーティングと上体のバランスもいい。これは…!と思いましたが4S転倒(想定内か?)、4T転倒、他いろいろミスが出てしまいました。
しかしスケーティングはほれぼれするなあ、エッジ使いとターンだけ見ていてもコンパクトで美しい。
PCS92点さすが!

ハンやん
決まったジャンプはいいですが、全体としてはジャンプが良くないです(涙)3Aは2つともまずいことに。
スケーティングもちょっと慎重、後半はメンタル的にも難しかったんじゃないかな。お疲れ様でした。

ショーマ
4Lあっさり成功!
4F美麗!
3A転倒(音楽にぴったり・汗)
4Tこらえ、4T+2T
3Aからの3連続は3Aで転倒。
4回転4本決めたのに、3A決まらない。コンボは1つだけ。
得意なはずの3Aというべきか、この間まで苦手だった3Aというべきか…悩む。
いやでもここまでやったことはすばらしい。3A決まればどんだけ出たか想像するのが楽しい。

ゆづ
4L美、4S、3F、2S+1L、4T、3A+3T、4T+2T、3A。
2つ目の4Sが2Sになったことで、リカバリーで最後に3Aという、リンクサイドのプーさんもびっくり!…あ、オーサーか(汗)
何が一番効率いいかというと、答えは一つではないですが、いやはや羽生様の鬼を見た。
うひゃ303点、ノーミスなら…と考えてしまいますね。

ネイサン
4Lz+3T、4F、4T、4T+2Tなんとか、3A+2T+2T(3つ目ノーカン)、4S、3Lz、3Aなんとか。
つなぎはまた濃くなった。ネイサンは手の差し伸べ方、つま先の伸ばし方がとても美しいですね。
TES115点!!!いやはや(汗)
トータル307点、ゆづをかわして優勝です!

個人的には、ゆづが優勝かなと思いました。SS、エレメンツの前後の流れ、プログラム全体の表現、芸術性などでネイサンをうわまっていると感じられたので。ただ、ゆづも絶好調かというと、そうとは言えないので、こういう結果もありか?
ネイサンはシーズンが進むにつれプログラムが濃くなり、とても良くなっていますが、スケートのゴージャスさはパトちゃん、ゆづ、ショーマがかなり上をいっているように思いました。

ゆづもショーマも、まだ伸び代がたっぷりあるので、ワールドでピークになればそれでいいと思います。
ジェイソンとパトちゃんのスケートはすてきでした。
クワドイマイチだった人は、あおられず、一回落ち着いて、気を取り直してがんばりましょう!
いやはやそれにしてもクワド祭り、激しいぜ。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示