杉木立

2017年03月18日


古の人の植ゑけむ杉が枝に霞たなびく春は来ぬらし
柿本人麿 万葉集

昔の人が植えた杉の枝に霞がたなびいている。春がきたのだろう。

歌の意味より「霞」って花粉じゃないの?…と想像しますよね〜。
春は、涙と鼻水の季節、ここをすぎないと春は来ない。
ぐすん、ぐすん…
お仲間の皆さん、一緒に乗り切りましょう。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示