有川浩著「旅猫リポート 」

2017年03月22日


野良猫のナナは、瀕死の自分を助けてくれたサトルと暮らし始めた。それから五年が経ち、ある事情からサトルはナナを手離すことに。『僕の猫をもらってくれませんか?』一人と一匹は銀色のワゴンで“最後の旅”に出る。懐かしい人々や美しい風景に出会ううちに明かされる、サトルの秘密とは。永遠の絆を描くロードノベル。

書店で平積みになっていた文庫の表紙に、大好きな村上勉のイラスト、「旅猫リポート」ってタイトルもすてきです。有川浩はコロボックルシリーズの続編も書いているので、それかなと一瞬思いました。
猫好きな方なら。単行本の時点でとっくにご存知なんでしょうが、私は最近、出版情報にも疎くて、この本のことは知りませんでした。
全く予備知識なしに読んで…やられました(涙)

動物と暮らすということは、動物だけでなく人間同士でもですが、必ず出会いと別れがあります。
言ってみれば誰にでもある出会いと別れ、ごく普通のことなんですが、こんなふうに描かれると、出会いと別れもただただ愛おしくなります。
猫にも人にも、それぞれの生き方があり、それぞれの思い(あるいは本能?)がある。所詮思い込み、妄想といわれてもしょうがないのですが。

旅を通して、サトルは自分の身に起きた出来事や人生を振り返る。読む側としては自分の人生を肯定できるだろうか?と問われ続けているようにも感じます。
幸せと思うか、不幸と思うかは、その人の受け止め方、心のありようなのかなとも思う。

旅と回想、主人公サトル、猫のナナ、友人たち、それぞれが語り部となり物語は進みます。その切り替えがアクセントとなって、読みやすい。
ブラウン管テレビの上があったかくて気に入ってしまうとか、小さなエピソードも楽しい。雨の冷たさ、きらきらとした日差し、海、ごちそうの匂い、天候や空気感の描写も、有川浩うまいなあと思います。
しいていえば、こんなに聡明な猫は、なかなかいないと思うけどね(笑)



絵本版はルビ付き、小学生低学年から。
----------------------------------------------------------------------
おまけ
猫が主役(語り部)の物語は多数ありますが、私がおすすめするなら、ポール・ギャリコ。
動物はだいたい好きな私ですが、あからさまな猫最上主義、猫賛美はちょっと苦手です。
ポール・ギャリコの作品は猫と人との関係、その関係から生まれる何か、大きく言えば人生を問い直すような…旅猫リポートもそうですね。







関連記事
| Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示