「ルノワール展」宮城県美術館

2017年03月24日
renoir-e1487072193236.png

ルノワール展
2017年 1月14日(土)~4月16日(日)
宮城県美術館
明るい陽光のなかで、あどけない表情を浮かべる少女。あるいは、柔らかい光のなかで、静かに読書する女性。これらのイメージには、ひとかけらの悩みもなく、画面の隅々まで幸せな情感に満たされています。このことが、ルノワールが多くの人々に愛され続ける理由ではないでしょうか。ルノワールが幸福感に満たされた絵を描いた背景には、楽しげな主題だけが楽しげな絵画を生み出すという確信があったからだといわれています。
今ではルノワールの描き出す光り輝く表現に、私たちは無条件に心地よさを感じますが、当時の美術界ではなかなか受け入れられず、厳しい評価にさらされました。私たちが親しんでいるルノワールのやさしい表現は、実は絵画における革命でもあったのです。
本展覧会では、ルノワールがその才能と絵画の革命を一気に花開かせたいわゆる『第1回印象派展』出品の代表作、《バレリーナ》(ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵)をはじめ、初期の印象派展の時代から、後期の無邪気にたわむれる明るい裸婦像まで、国内外の作品を展示し、ルノワールの魅力をあますところなくご紹介します。


昨年国立新美術館で開催された、オルセー美術館、オランジュリー美術館収蔵メインの企画展とは全く別の、宮城県美術館のみの企画展。
巡回展と勘違いしそう(汗)

600743.jpg
《ボート》1878年頃

600739.jpg
《ポール・ムーニエの肖像》1877年頃

こうして年代を追ってまとまってルノワール(1841〜1919)の作品を見ると、時代時代の方向性や思いがよくわかります。
印象派にどっぷりつかっていた30代。色彩が乱れ飛ぶような…モネとの共通点が多い印象です。
初期の肖像画は収入のためで、具象的で依頼主に応えてるなという画風。
ところが家族を描く時は一転淡く、光に融けていくような輪郭と色彩。ルノワールにとっていごこちのいい空気、理想の空間はこれなんだなと言うことがわかります。
注文を受けた作品とプライベートは全く別、使い分けていたんですね。

602790.jpg
《雛菊を持つ少女》 1889年

1980年代は印象派を離れ新古典派の影響。この時代の作品はより具象的で、はっきりしたフォルムがあり、美人はより美人らしく(笑)巨匠にいうのも変ですが、代表作だけ見るとわかりにくい、デッサン力の確かさを実感できます。
いかにもルノワールという感じではないですが、この時代のルノワールはけっこう好きです。
画風だけでなくテーマも明確でわかりやすいような気がします。

ART322448 トリミング小-thumb-autox400-27831
《ピンクと黒の帽子を被る少女》 1891年頃

600746.jpg
《二人の浴女》1918-19年

C7U5U0ZU4AAPN8o.jpg
《赤いブラウスの少女》1907年)

1990年代になると、リューマチの病もあり、南仏に引っ越して、好きなモチーフを好きなだけ描く、そんな時代。
広大な地所を購入、経済的にも余裕があるからですね。
体はどんどん不自由になっていくと同時に、作品には光にあふれた明るい色彩ばかり、裸婦やどんどん豊満に、表情もあいまいになり、輪郭はますます空間になじんでいく。
人物そのものにはあまり興味はなくて、健康で幸福な少女がいる、豊かな肉体が存在する空間を描きたかった…そんな感じだろうか。

b0063958_22254429.jpg
《バレリーナ》1874年
142.5×94.5cm、油彩・キャンバス
ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵

今回の企画展の目玉、バレリーナ。第一回印象派展への出品された作品だとか。
バラ色の頬をした少女のあどけなさ、ふんわりした白い衣装は背景のグリーンに融けていくよう。差し色の青、桜色のトゥシューズ、アクセントで引き締めるの黒いチョーカー。
すべてがバランスよくなじみ、うっとりと見とれます。
印刷物や画像では平面的で粗い感じですが、実際目にすると、少女が二本の足でしっかりと立っている存在感と背景になじんでいくチュチュのひろがりや奥行きが、3次元のような感じなのです。
これだけでも見る価値はあります。

関連記事
アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示