世界フィギュア2017 女子フリー、それぞれのドラマに感動

2017年04月07日
Result

ナビゲーターダイスケが、伝えるヨロコビに目覚めたのかも?よくしゃべるようになった(笑)

舞依ちゃん
まさかの15位から。
冒頭からスピードの乗って気持ちのいいスケーティング。美しく決まっていくエレメンツ、パーフェクトです!
なんてすごい子なんだろう。
すばらしい、よくここまで立て直ししてきました。SB138点、総合197点。
魅力はスケーティングですね。あこがれの真央というより、足元は荒川さんのスケーティングを彷彿とさせるところもあるような。

理華ちゃん
ミスは少なくないので、得点はちょっと伸びませんが、最後まであきらめず、勢いがあってよかったです。ステップやコレオは、このプログラムへの愛が感じられました。
キスクラの涙はどんな思いなのだろう。思いがけず、大きなチャンスを得たといっても、いろいろ難しかったと思う、お疲れ様でした。

カザフの伊藤蘭ことツルちゃん
背中のデザインがどこかで見たような?…あ、ヨナちゃんか。
フリーで崩れることが多いのですが、よくがんばりました。こうなるともう少し表現に濃さがほしいなどとおもう。
キスクラのオカン喜んどる〜。

アシュリー
SP7位で第3Gで演技。
思いのこもった演技でした。
ただ、稼ぎどころのジャンプでミスが重なり、得点は伸びません。ちょっと厳しい結果、まあいろいろ事情があるのかな?本人もわかってる感じです。

エミューちゃん(コストナー)
年のこと言うなと思いつつ、30歳か〜。
太ももが超エミュー的で萌える!(個人の感想です)
3t+3T他、コンボのミスが残念。
スケーティングはさすがと思うものの、会場を支配するオーラはすこし控えめだったかも。最終Gで演技させてあげたかった。
196点は悪くない得点ですが、高難度高得点の時代ですからね(汗)

わかばちゃん
3Lz+3Tがきれいに決まりいい感じに始まったのですが、転倒含めていつくかミスがありました。それでも一時期の低迷からどんどんどんどん良くなってます。丁寧な表現、気持ちもこもってましたね。
今できることは、ある程度できたように思います。
ノーミスだったらどれくらいだろうか?130点くらい?それでも上位争いには厳しい、周りがハイレベルな時代(汗)
まだまだ所が多いわけですが、それもあれもこれも全て伸び代、わかばちゃんなら堂々そう言っていいと思う。がんばれ!

ソツコワ
3連続でミス、3lzで転倒、いい時に比べると滑らかさがないかな。後半失速気味だったのも残念。190点台でも順位は厳しい(汗)

カレン
3Lz+3T高い!スピードとキレがすばらしい。
後半の3lzで転倒、2Aステップアウト、それ外は加点のつく内容で、おお〜結構いい点きました。199点。

ポゴリラヤ
今思えば、ちょっと顔が暗い。
冒頭のコンボが抜け、3F転倒、後半3Lzコンボのリカバリーで転倒、3l転倒…あ〜あ〜あ〜、今季の安定はどこ行った?(涙)
滑りは悪くないように見えましたが、転倒以外のジャンプ、スピンも危うい感じ。終えて泣き崩れるポゴちゃん。
フリーで失速るとしたらケイトリンかも…そんな想像していた私、まさかポゴちゃんがこんなことになるとは(涙)

メドベージェワ
全く危なげない演技、ジャンプ、スピン、ステップ、そしてこれだけの濃いつなぎを入れてもずっと滑ってる。
TES78点!フリー154点で記録更新!うっひゃ〜。参りました。

デールマン
今日の3T+3Tもスペシャル!
とにかくスピード、スピードに乗ったジャンプが美しい放物線、パワーにあふれたプログラム。ちょっとバランス崩したところはありましたが、すばらしい。フリーで141点、213点!で表彰台。

ケイトリン
スケートもジャンプもスケールも華もでかいケイトリン。この魅力には逆らえない(笑)
途中2Lなど小さいミスもあるけれど、決まったジャンプはどれもすばらしい。
今回は特に、最後のステップのパワフルさ、そして一転、悲劇のコレオがドラマチックですごかったです。
いや〜よかった、142点、218点で銀メダルおめでとう!

予想通りのメドがパーフェクト圧勝、さらにワールドレコード更新。
3位まで200点越え、2位、3位のケイトリンとデールマンはミスがあってもこの得点、パーフェクトならさらに伸びますね。
とにかくスピードとVB高さ、そして実行力が今回の採点傾向かな。

日本女子にはほろ苦い結果ですが、今できることは全てやったと思う。健闘したと思います。
3人とも強く美しく、すてきでした。誇りに思います。
オリンピックが2枠になったことは残念ではありますが、いい時もあればそうでない時もあります。今回はさっとんが出たとしても微妙だったかもしれません。今の日本全体の実力を思えば、受け入れるべき結果なのかもしれません。

今はとにかく、高難度構成でミスを最小限にしないと勝てない時代です。個人的にはプログラム表現や独創生の面で物足りない気もしてますが、その採点傾向に対応してきた選手が結果を出したということでしょう。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
凄い時代になりました
バンクーバーの頃を思い出すと驚くばかりですね!
難しいことはわかりませんが、今のプログラムはごちゃごちゃしててあまり好きになれません。後半ばかりのジャンプとか、ジャンプやエレメンツをこなす度にカシャンと点数が課金されてくような気がします。
今回は三原さんのフリーに感動しました!
>蓮さん
コメントありがとうございます。

> バンクーバーの頃を思い出すと驚くばかりですね!
>後半ばかりのジャンプとか、ジャンプやエレメンツをこなす度にカシャンと点数が課金されてくような気がします。

バンクーバーの頃を思うと、ほんとうにそうですね。
ルールや採点が変わっているので、勝つためにそうなってきたって事なんですが、蓮さんのおっしゃるように、加点のためなら何でもの今の傾向は、正直私も行きすぎたんじゃないかという気もしています。
ピョンチャン後は表現重視の方に多少シフトするみたいな話もききます。って、ピョンチャンまであと1年切ってるってことが(汗)

> 今回は三原さんのフリーに感動しました!

すてきでしたね!
スケートそのもの魅力があふれていて、荒川さんや真央ちゃんにつながるものを感じました。

管理者のみに表示