浅田真央選手の引退によせて

2017年04月11日
ああ、ついにその日が来たんだなと思いました。
寂しくなりますね。
今年の全日本が最後かなと思っていましたが、よく考えての事でしょう。
気力的にも難しかったと言われれば切ない。故障もあり、自分が望むようなトレーニングもできないことが大きかったかな。
ここでの引退は残念ですが、一晩たち、よくここまで頑張ってくれた、ありがとうという感謝の気持ちの方が大きくなってきました。

すてきなスケーターでした。
一般的な報道は、3Aや勝ち負け、彼女のアイドル性に触れることが多かったですが、長くスケートファンをしてきて思うのは、高いレベルで技術と美しい表現力、芸術性を兼ね備えたすごいスケーターだということです。
特にシニアに上がってからは、ジャンプなどには相当の波がありましたが、スケーティングや表現力は年々レベルアップし、見るものを引きつけてやまない、そんな魅力をどんどん増していきました。

けれども彼女にとって心のよりどころは3Aであり、アスリートとしての勝利で、そこで結果を出せないことが、つらかったのだろうと思います。
ラファエルがコーチでいた頃、浅田真央の最大の魅力は「美しさ」であると言いきり、周りが彼女のスケートそのものがどれだけすばらしいか、いくら言ってきかせても「聞かない」(ように見えた)それが浅田真央でした(笑)
あれだけ華やかで、誰からも愛され、幸せなオーラをふりまいていましたが、スケートに関してはストイックで理想が高く、目指す所は譲らない。そのためには努力を惜しまない。
誰にも甘えない「孤高の人」、私には浅田真央がそんな風に見えていました。

今季のSP、フリー「リチュアルダンス」は、すごみを感じるほどの表現やスケーティングが随所に見られ、かっこよかったです。まさに大人の表現力です。
そこをもっと報道しろよな…と思うのですが、ジャンプが思うようにいかない、結果が出せない…打ちひしがれた彼女の様子を見れば、報道もそうなってしまうのかもしれません。
結果が出なくても、浅田真央はもっと堂々としていていいのに、復帰してからはそんなもどかしさで見ていました。

今季カロリーナ・コストナー選手を見ていて、30歳でも出来るのだから、真央ちゃんだってまだまだいけるはず…そんな風に思った人は私だけではないと思う。
コストナー選手もまた、もう無理かなと思われる困難から何度も戻ってきたすごい選手であり、美しさと芸術性を兼ね備えたスケーティングが魅力の選手で、私も大好きです。
今季のユーロは3位、ファンや報道だけでなく、現役選手からも賞賛されるコストナー選手を見ていて、浅田真央のスケーティングももっと広く賞賛されていいのにな…とか、こんな現役の過ごし方もあるのにな…と思っていました。

荒川さんのトリノ金メダルから受け継ぐように、フィギュアスケートの人気を幅広く高め、これまで興味のなかった人々まで浸透させた、その中心にいたのは彼女でしょう。
スケート観戦に行くと私が言えば「真央ちゃん見に行くんだ!いいなあ!」、何も知らない人でもそう言う時代でした。いや社会現象か(笑)
フィギュアスケート=浅田真央

強いと評されても、勝ってばかりではなかった。ヨナちゃんとのライバル対決、ワールド金メダル3回、2つのオリンピック、震災やおかあさんのこと、いろいろありましたね。
彼女の現役時代を、ジュニアからシニア、引退までリアルタイムで見られた事は幸せです。
特に、2014年東京ワールド優勝を現地で観戦できたことは良かったです。

これからどんな道を歩むのか。人生はまだこれからです。引退は通過点と彼女も語っています。
スケートにはずっと関わっていてほしいですが、普通に結婚して普通におかあさんになるのもいいかも…普通のお母さんでスケートに関わってくれるのが理想。

彼女のこれからの人生が、どうか充実して幸せなものになりますように!
今はただ感謝しかないです。
ありがとう。

http://mao-asada.jp/
真央指導の佐藤コーチ「偉大なスケーター」 発表前に直接報告 涙のハグも
デイリースポーツ 4/11(火)

関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
真央ちゃんありがとう
こんにちは。
Alexさんのblogの時代から
ニルギリさんの的を射た発言に感化されてきました(笑)

仰るように、コストナーや鈴木明子さんなど
今の真央ちゃんより年が上でも
世界のトップで戦っている、戦ってきた選手を見ると
真央ちゃんもまだまだやれるのに・・・
という気持ちは今でも全くないわけではありません。

本当に、こんなに心を揺さぶられる選手は今までいませんでした。
メドベージェワ選手がいくら世界最高得点を更新しようが
それは私にとっては単なる記録であって
心を揺さぶられるような演技ではありません。
すごいことに変わりはないのですが。

世界選手権で3度、グランプリファイナルを4度も制した
こちらも記録に残る選手であるはずなのに
試合前はこちらの緊張度もマックスで(笑)
常に心配で常に危っかしくて(笑)
なかなか安心してみることができない選手でした。
だからこそファンも真央ちゃんと一緒に
成長できて、
人生の一部を共有できて
幸せな時間を過ごすことができたのかな。

うまくいっている時もいっていない時も
いつも温かいまなざしで言葉を紡いでくださる
ニルギリさんのコメントが大好きでした^^
これから真央ちゃんの試合のコメントを
読むことができなくなるのが
一番残念なのかもしれないです^^
>keikoさん
こんにちは、読んでいただきありがとうございます。

> 真央ちゃんもまだまだやれるのに・・・
>という気持ちは今でも全くないわけではありません。

真央ファン、スケートファンとしては、まだまだいけると思っていますが、記者会見や特番を見ると、「気力」なんでしょうね。
根っからのアスリートですから。

> メドベージェワ選手がいくら世界最高得点を更新しようが

ワールドの感想で少し触れましたが、すごいけれど、やっぱりちょっと行き過ぎた感はありますね。
表現力も技術にかわりないのですが…
ソチの頃とは全く状況が変わって、真央ちゃんやロシア選手も含めて、当時のトップ選手もそこで争うには、切り替えが大変です。

> 常に心配で常に危っかしくて(笑)
> だからこそファンも真央ちゃんと一緒に
> 成長できて、

ですねえ、事前に調子が良くも大崩れしたりも多かったし、いつも緊張感が(笑)
私が好きになる選手は、みなその時々の感情とか、その場面でしか生まれない何かが演技から生まれてきます。
どんどんPBを更新する正確でクリーンな演技のすごさより、場面、場面のおもしろさ、魅力なんじゃないでしょうか?

あれほど浮き沈みが激しく、今思えば(期待や評価に対し)良くなかったときの方がずっと多かったように思いますが、最後に残るのは、真央ちゃんの幸せオーラなんですよね。
本当に魅力的な選手でした。

> これから真央ちゃんの試合のコメントを
> 読むことができなくなるのが
> 一番残念なのかもしれないです^^

まあ、そう言わず、スケーファンではいて下さいませ。
真央ちゃんもきっとそう望んでいるはずです。

管理者のみに表示