若菜摘む

2017年04月19日


春山の咲きのををりに春菜摘妹が白紐見らくしよしも  
尾張 連(おはりのむらじ) 万葉集

万葉の頃、春菜、若菜とは春の野菜、この場合は春の山菜のことでしょう。
桜が咲き乱れる野辺で、若菜を摘む愛しい人、衣の白い紐がいい眺めだなあ。
季節は春、とても色っぽい歌だなと思います。

2017041504.jpg

これは春の七草でもおなじみのセリ(芹)、ちょうど食べごろ。
香りがあってとてもおいしかったです。

2017041012.jpg

食べごろが過ぎたふきのとう。出たばかりの閉じたつぼみの頃がおいしい。

2017041014.jpg

これも食べごろのスイバ(蓚・酸い葉)、我が地方では「スカンボ」と呼ばれることの方が多いです。
それほどおいしいとは…他の野菜を置いてまで、わざわざ食べなくていいかなと思う(笑)


関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示