愛蔵寺の護摩桜(二本松市)

2017年05月02日
愛02

二本松市、旧東和町の桜です。
合戦場の桜が見頃なので、こちらもそろそろかなと来てみると、見頃の美しい桜が迎えてくれました。
幹線道路から外れ、看板がないとわかりにくい場所、ナビ使うにしてもまず道の駅東和を目指すのがいいかもしれません。
少し山に入って行くからか、人もそれほどいなくて静かで落ち着きます。

愛07

愛03

愛04

この桜の魅力はなんと言っても、存在感のある太い幹。古い桜はたいてい黒っぽいですが、この桜は灰色がかっています。桜の淡いピンク色と灰色の色合いが、なんとも高貴な雰囲気ですてきなのです。

愛01
手前の小さな池には水芭蕉、ここは標高も上がり冬は厳しい、市街地より遅い春です。

愛05
咲き始めは濃いピンク、だんだんと白っぽくなります。

愛11

愛06

愛10

愛09

愛蔵寺の護摩ザクラ - 二本松市ウェブサイト
愛蔵寺本堂前庭にあって地面に接するほど枝を垂れ、花時には三春の滝桜のように美しい姿を見せます。
 真言宗松尾山愛蔵寺の旧跡は字麓山の中腹にあり、草創以来2度の火災に遭っています。ある火災の折、秘密護摩礼が空中に飛来してこの桜の枝に留まったので、「愛蔵寺の護摩桜」の名があります。


愛08
関連記事
桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示