まもなく、氷艶 HYOEN2017 破沙羅

2017年05月18日
image-5-467x660.jpeg

氷艶 HYOEN2017 破沙羅
2017年5月20日〜22日

今週末はいよいよ「氷艶」が開催されます。事前の特番もおもしろくて、ダイスケファンとして期待が高まります。私は日曜日の公演にまいります。
最近は、TVでも雑誌のインタビューなどを読んでも、元アスリートというよりアーティスト、感性の人って感じのダイスケですが、そのアーティストとして、表現者の部分が問われる公演になるかもですね。

しかし、フィギュアスケートと歌舞伎のコラボ、ぶっちゃけ…わかるようなわからないような(笑)
番宣見てもわからないっちゃわからない。
内容的にも興行的にも成功してほしいですが、現時点ではなんともわからない、深い所で想像ができないです。
ダイスケファンとして、気がかりでありスリリングで、現役時代のハラハラがちょっと蘇ったりして?
…というのは、私だけじゃないと思う(笑)

総合演出の市川染五郎さん、私は染五郎さんに古典に忠実なイメージをもっていたので、意外でした。
スケーターの振付はミヤケン。
歌舞伎の方は詳しくないですが、出演スケーターは超豪華!ダイスケ、荒川さん、織田君、あっこ姐さん、舞ちゃん、カナコ!
おお〜佐々木彰生が…!そして人様に教えてもらいましたが庄司理沙ちゃんが!

衣装も豪華。ヴォーグの参加も頼もしい。フィギュアスケートの和の衣装は、けっこう微妙と感じることが多いですが、今回はコンペではないので、いろいろ凝った作りですよね。
そしてアート好きとしてツボなのは、チームラボの映像演出です。スペクタクルな映像も楽しみだし、歌舞伎とスケートをつなぐのはここなんじゃないかと思います。
ダイスケとチームラボは、マーニーのコラボが実績としてあるので安心な面もありますね。

すべて揃って豪華でも、それでもうまく行くとは限らないのがこの世界(汗)バランスと相乗効果ですかねえ。そして斬新なインパクト。
ファンの欲目、今から言い訳しとくと、新しい試みとは評価が定まらないことも多い、最初から高い評価を期待してはいけないかなとも思っています。

いらっしゃる皆さん、まっさらな心で楽しんできましょう!
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示