安達太良山 2017年6月

2017年06月16日
2017061009.jpg

梅雨入りの遅い今年です。
トレッキングで天候に恵まれないといろいろ残念ですが、梅雨の晴れ間の緑は、1年で最も鮮やかです。というわけで、緑と高山植物が美しい安達太良山に行ってまいりました。(2017年6月10日)
岳温泉登山口から頂上、くろがね小屋を経由して岳温泉登山口まで戻る、最も一般的なコースです。ロープウェイに乗れば、頂上まで1時間半の初心者向け最短コースです。
このロープウェイは、一般の観光客や温泉客も利用、山頂駅の展望だけを楽しんで帰る方もいます。

ところが同行の山が趣味の叔母は、翌週のもっとハードな登山に向けて足慣らしをしたいらしく「ロープウェイは使いません」と言う。そうか…わかりました(汗)
そして当日、登山口に着いてみると、強風のためロープウェイ運休。どっちにしろ歩きでした(笑)

安達太良山 トレッキングコース
安達太良山 (1699.6m)

2017061001.jpg
ロープウェイ運休で歩く人々。スキー場を歩く登山道。
ロープウェイの分を歩くと1時間半くらい、頂上までだと3〜4時間でしょうか。


登山道をタニウツギが彩ります。

2017061005.jpg
ひたすら登りですですが、まあそう悪くはない(苦笑)

2017061003.jpg
新緑とタニウツギ、朝は曇でしたが、晴れて来ました。

2017061004.jpg
最初の休憩はタニウツギに囲まれて。

2017061006.jpg
更に登っていくと、タニウツギは消え、ツツジ科のサラサドウダンが増えてきます。

2017061010.jpg
残雪の山々が近づいていきました。

2017061007.jpg
思えば、イワカガミの花の時期にこの山に来た事がないのですが、ここは有名な群生地です。つやつやした葉も美しいですね。

2017061008.jpg
イワカガミとツマトリソウ

2017061011.jpg
ヤシオツツジも見頃です。

2017061012.jpg
思ったより、たくさんの人が歩いています。私たちが歩いているうち、ロープウェイの運行が再開したらしい。

2017061014.jpg
頂上が見えてきました。遠くから見ると乳首のように見えるので「乳首山(ちちくびやま)」とも呼ばれています。

2017061015.jpg

2017061013.jpg
風をよけるように岩肌に咲くミネズオウ。
標高が上がってくると樹高の高い木はもうありません。

2017061016.jpg
最後ののぼりは鎖を伝いながら。頂上です…標高1,700m。
それにしても風が、風が強い〜〜〜立っているのも難しい〜(汗)

2017061017.jpg
頂上の岩山(乳首っぽい所)から下を見ると、けっこうたくさんの人がいます。休日で団体もいくつかいたようです。ここはメジャーな山なんだなあと実感。

2017061018.jpg
これから歩いていく方です。頂上付近は強風で、ここで昼食をとる事は断念、砂も飛んでくるので。…まあ安達太良ではよくあることです。

2017061020.jpg
眼下に見えるのは二本松市内。

2017061019.jpg
牛の背を経由して、くろがね小屋に向います。しかし更に風は強い、尾根ですからね(汗)

2017061022.jpg
沼ノ平を見下ろします。この異世界な風景は何度見てもおもしろいです。

2017061021.jpg
花盛りの山から一転、草木のない荒涼とした景色は、別の星にきたような。
先を歩くのは我が一族で、今もっとも健脚の叔母。
ここから鉄山に向かうことも考えていましたが、午後から天候が崩れる予報もあり、鉄山手前でくろがね小屋に下る事にしました。

2017061024.jpg
一気に下ってきました。風も少し弱まりほっとします。

2017061023.jpg
荒々しい岩山に可憐なイワカガミ。

2017061025.jpg
風をよけて昼食です。

2017061026.jpg
くろがね小屋目前の谷です。ここから鉄山に向かう登山道がありましたが、今は火山生ガスの危険があるため閉鎖。そろそろ大丈夫では?という話も出ているとか。このルートが再開すると、トレッキングのバリエーションも広がって楽しいのですが。

2017061027.jpg
くろがね小屋到着です。
天気予報通り天気が…しかし、ここから奥岳登山口までは、距離はあっても緩やかなな下りで道も広いので安心です。

2017061028.jpg
白いのは、温泉の整備ででた湯の花。

2017061029.jpg
レンゲツツジの群生地、勢至平に寄りました。雨模様ですが幻想的できれいです。背景に今下りて来た山が見えればなお最高ですが。

2017061030.jpg
最後の1時間ほどは本格的な雨になってしまいました。最後の最後、よしとしましょう。
関連記事
トレッキング | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示