映画「メアリと魔女の花」

2017年08月04日
f5c11b7625eea807.jpg

『メアリと魔女の花』公式サイト
「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後に初めて手がけた作品で、同じくジブリ出身の西村義明プロデューサーが設立したスタジオポノックの長編第1作となるファンタジーアニメ。イギリス人作家メアリー・スチュアートの児童文学「The Little Broomstick」を原作に、魔女の花を見つけたことから魔法世界に迷い込んだ少女メアリの冒険を描く。田舎町の赤い館村に引っ越してきた11歳の少女メアリは、7年に1度しか咲かない不思議な花「夜間飛行」を森の中で発見する。それは、かつて魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは、魔法世界の最高学府・エンドア大学への入学を許されるが、メアリがついたある嘘が大きな事件を引き起こしてしまう。声優は、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や映画「湯を沸かすほど熱い愛」で注目される杉咲花がメアリ役で主演を務めたほか、メアリによって事件に巻き込まれてしまう少年ピーター役で、「借りぐらしのアリエッティ」でも米林監督と組んだ神木隆之介が出演。そのほか、エンドア大学の校長役を天海祐希、魔女の国から禁断の花を盗んだ赤毛の魔女役を満島ひかり、メアリの大叔母役を大竹しのぶがそれぞれ演じる。

640_20170719144926b84.jpg

田舎暮らしに退屈した少女メアリ、偶然見つけた魔法の花によって、メアリが迷い込んだのは魔法世界。理想的に見えた魔法大学ですが…なんかおかしい。
少女の知恵と勇気の冒険物語。

20170327013230.png

霧に包まれた森は、いつも知っているはずの森と違う、そして夜、異世界へ誘う不思議な花咲きます。
メアリがすばらしいと感じた魔法世界には掟があり、とんでもない世界でした。意味なく独裁的な校長先生、暴走する科学者。
なぜか番人はいい人(笑)カギを握るのメアリの祖母。
ただ、いずれのキャラクターも多くを説明していません。
特にメアリ、赤毛のくせ毛が自分でも気に入らないちょっと生意気な少女メアリには、苦労や過去は感じません、どこにでもいる好奇心旺盛で退屈な少女。メアリを訳ありにしない所が物語のポイントかもしれませんが、そこを物足りないと感じると…。
むしろ説明しすぎない…不完全かもしれない。
そこで見ようによってはいろいろな見方が出来る…というように、想像力を膨らませることができるか?がおもしろさの秘訣かもです(笑)

mary-trailer3.jpg

師匠宮崎駿監督の面影を探そうとすると、アレもコレも足りないとなりそうですが、あるいは隙なく完璧に描くディズニーと比べてしまうと…大人の鑑賞者は楽しめないかもしれません。
(私は原作を読んでいませんが)一編の児童書をアニメ化という意味では十分満足できるものではないだろうか。
キャラクターの複雑な内面や大人の事情までさりげなく描き、万人と言ってもいいほど、あちこちに共感のポイントがある宮崎作品はやはり別格にすごいのですが(汗)

20170711134335.jpg

イマイチ身勝手で、かわいくない猫が、なんか後を引く(笑)

20170224-marytomajonohana05.jpg

冒頭の魔女のシーンに引き込まれます。ここをもう少し長く見たかったな。

76980-248x300.jpg

関連記事
映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« クレオメ | HOME | くちなし »