7月の尾瀬の花

2017年07月28日
尾瀬18

7月の尾瀬はワタスゲがきれいでした。(7月15日撮影)
そしてニッコウキスゲが咲き始めていました。

尾瀬30

尾瀬06
トレッキングの始まりは森、ゴゼンタチバナがたくさん咲いていました。

尾瀬07
ヨウラクツツジ

尾瀬58
ナナカマドの花

尾瀬05
なんだこの棘だらけの葉っぱ。
ハリブキ(針蕗)、草食動物から身を守るためとはいえ、棘だらけ。

尾瀬08
アカモノ

尾瀬04
天パーみたいなシダの新芽

尾瀬03
日陰にはギンリョウソウ。

尾瀬24
湿原に入るとレンゲツツジ
ほの暗い森の植物と太陽が降り注ぐ湿原の植物では、全く違っています。

尾瀬25
ワタスゲとハクサンチドリ

尾瀬47
ハクサンチドリ、美しいです。

尾瀬50
可憐なタテヤマリンドウ

尾瀬32
タテヤマリンドウの群生、写真に撮ろうにも、花が小さく淡い色は写真写りが…(汗)

尾瀬12
ミタケスゲ

尾瀬15
イワカガミが1輪だけ咲き残っていました。

尾瀬57
カラマツソウ

尾瀬39
ヤマドリゼンマイ

尾瀬51
ビジターセンターの辺りではニッコウキスゲがだいぶ咲き始めていました。

尾瀬55
ヒオウギアヤメ

尾瀬31
ミツガシワ

尾瀬38
大江湿原から尾瀬沼の方へ行ってみると、ミズバショウが大きくなっていました。

尾瀬34
初めて見ます、ズダヤクシュ(喘息薬種)、花が終わり、今は緑の種。喘息の薬になるからこの名前らしい。

尾瀬42
尾瀬沼の北から、あやめかカキツバタか…群生が見事です。
しっとりした和の庭園のイメージが強いアヤメやカキツバタを、広大な湿原でみるとちょっと不思議な感じです。

尾瀬43
ワタスゲとカキツバタ、その先は尾瀬沼。

ニッコウキスゲとワタスゲは尾瀬で知られていますが、こんなにたくさんのアヤメやカキツバタが咲いているとは思ってはいませんでした。
季節ごとに違った花が咲く、狙ってきてもわずかな差で見頃を逃してしまうことも多いですがそれはそれ、その季節季節で美しいもの出会えるの自然だと思います。

尾瀬28


関連記事
トレッキング | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示