FC2ブログ

「ますます眠れなくなる宇宙のはなし〜「地球外生命」は存在するのか」佐藤勝彦 著

2017年08月24日


宇宙論の決定版ロングセラー『眠れなくなる宇宙のはなし』、待望の第2弾です。本作のテーマは地球外生命。近年急速な発達をとげている太陽系外惑星の最前線レポートから、「はやぶさ2」のミッション、火星の生命の可能性、生命の存在条件などまで、幅広く解説します。「第二の地球」は近い将来みつかるのか。ご期待ください。

想像以上にわかりやすく、読みやすかったです。
太陽系外に地球型の惑星が見つかった…なんてニュースに、ちょっと盛り上がったりする今日この頃ですが、なぜ肉眼でも見えてないのにわかるのか?などなど。
宇宙人はいるのか?コンタクトが取れる日が来るのか?
たとえば将来、地球型惑星に人間の移住は可能なのか?
なるほどと思いながら、すいすい読めてしまいます。

これほど広大で無数の星があるのだから、知的生命体や人間に近いとまでいかなくても、なんらかの生物がいるに違いない…SFでなくとも、かなり昔からそう考えられてきました。私はこどものころから宇宙人を想像してワクワクしてました。
しかし私たちは、地球以外では生命の痕跡すら見つけていません…今の所。

調査や研究が進むにつれ、生命が育まれるためには、様々な条件があり、太陽系のなりたちからも、地球はたまたまそれらが揃っただけ、文字通り奇跡の星なのかも?そんな風にも思えてきます。
太陽から遠からず、近すぎずで、ちょうどいい温度で、大気をキープできるくらいの大きさで。
地球が生命を進化させる期間に、小惑星や彗星が衝突してしまうと、進化の前に大量絶滅。回避するため太陽系に侵入してくる小惑星や彗星を重力で吸い取ってくれる巨大惑星(木星・土星)が2つ必要、しかし巨大惑星が3つだとバランスが崩れ、地球はいずれはじき飛ばされるか、大きな惑星に飲み込まれてしまうらしい。
ではまるっきり彗星や小天体の衝突がないといいのかというと、アミノ酸などから偶然生命が誕生するには、時間がかかりすぎる。生命のきっかけは、小天体に含まれた生命の材料によって(何らかのインパクト・事故のようなものによって偶発的に)誕生したのかもしれない。
過酷な環境でもだめ、何事もおきないおだやかな環境でもだめ。地軸の傾きや紫外線から守る磁場やオゾン層…ちょうどいい環境(笑)
そんな惑星を、たまたままだ見つけていないだけなのか?
観測技術や研究が進み、今後もたくさんの地球型惑星が見つかっていくのでしょうが、生命を育む星を見つけられるのか?はっきりしたことはわかりません。

さらに、人類が宇宙に出るには、地球と同じように空気など環境を維持し、宇宙放射線などから守ることのできる宇宙船が必要です。それは宇宙人とて同じはずですよね(笑)
通信だけでもなんとかならないのか?宇宙人からの電波を受信する試みは長く続いていますが、結果が出ないまま時が過ぎ、予算が削られて行く状況。

諸説いろいろありますが、宇宙人と交信するには遠すぎる、人類の歴史と寿命で捉えるには、宇宙は広すぎるのだろうなあ…少なくとも今の人類では…と思います。
そう考えると、宇宙人が地球征服にやってくるとか、スターウォーズとか、高度な知的生命体が原始的な人類に見かねて、活気的な技術をもたらしてくれるとか?…夢のまた夢かなあ(笑)

関連記事
| Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示