FC2ブログ

磐梯山、8月の花

2017年08月31日
2017082039.jpg

磐梯山翁島登山口からのルートは、たくさんの花が咲いていて楽しめました。
同じ福島でも、山によって植生はだいぶ違っていますね。
この日(8月20日)は夏の花から、そろそろ秋の花のへ変わる頃、夏の花は若干盛りを過ぎたかなという感じでしたが、きれいでした。


ロープウェイの山頂駅で、まず目にとまったのはツリガネニンジン。
このあと、ツリガネニンジンに似ていて違う花が出てくるのですが、これはツリガネニンジンだと思う。

2017082003.jpg
ロープウェイのあたりには、萩がたくさん咲いています。
ここはスキー場、人も多く入るからか、平地、里山の植物も多いようです。

2017082065.jpg
平地ではとっくに終わっているヤマユリ。ロープウェイからもたくさん見えていました。
ところでこのヤマユリ、一般的に白い花弁が、赤みを帯びています。全てではなく、いくつかの花で、なにか理由があるのでしょうか?不思議ですね。

2017082006.jpg
スキー場の斜面には夏の花、シシウド。

2017082066.jpg
こちらは秋の定番、ヨツバヒヨドリ。
黄色の花はアキノキリンソウに似ているけれど、サイズも大きいしキオンかな?

2017082035.jpg
ススキ、ツリガネニンジン、キオン…すっかり秋ですね。

2017082008.jpg
ママコナ(飯子菜)、なんだっけとシソ科で必死に探しましたが、ハマウツボ科なんですよね。そして自分は以前記事に書いた事をすっかり忘れているという…(汗)
以前の記事 ままこな 2011年07月29日

2017082016.jpg
アザミも特定が難しいですが、ナンブアザミ(南部鬼薊)だと思う。

2017082010.jpg
オヤマボクチ(雄山火口)、アザミ類でも形からわかりやすい。

2017082032.jpg
白っぽい地味なアザミ、たぶんクロトウヒレン(黒唐飛簾)。
アズマヤマアザミにも似ているけれど、葉の形からクロトウヒレン。アザミ類は本当に難しい(汗)

2017082051.jpg
林の登山道には木いちご、たぶんモミジイチゴでしょう。

2017082017.jpg
標高が上がると林はなくなり、低木が多くなります。ホツツジ(穂躑躅)が見頃でした。
似ているミヤマホツツジは雄しべが反り返っているので、これはホツツジですね。白っぽいのから赤っぽい花までいろいろ。

2017082059.jpg
花は小さく、どちらかいうと地味ですが、びっしり花をつけるとかなり迫力あります。

2017082031.jpg
クルマユリ(車百合) を一輪だけ見つけました。
なじみのあるオニユリと形が似ていますが、花はずっと小さい。可憐な姿に見とれました。

2017082028.jpg
イワシャジン?ヒメシャジン?
似た花集合。

2017082052.jpg
磐梯山にはツリガネニンジンに似た花がたくさん咲いているらしい。
ツリガネニンジン、イワシャジン、ミヤマシャジン、ヒメシャジン、ソバナ…(汗)
ネットで調べても、微妙に違っていたりで断定しにくい、疲れました(汗)
花の色が白っぽいのは盛りを過ぎたからかもしれません。

2017082007.jpg

2017082048.jpg
これは草丈が短いのですが、花が輪生につき花柱が出ているので、やはりツリガネニンジンなのかな?

2017082015.jpg
イブキジャコウソウ (伊吹麝香草)
今が見頃、開けた岩場に這うように覆うように…びっくりするほどたくさん咲いていました。
2017082014.jpg

2017082038.jpg
ウスユキソウ(薄雪草)
エーデルワイスの仲間なんですんね。わりと地味な花ですが、岩場にそっと咲いている姿はとても美しい。

2017082058.jpg
イワインチン(岩茵陳)

2017082027.jpg

2017082042.jpg
高山の定番ヤマハハコ(山母子)
白い花弁に見えるのは総包片、葉が変形したもの。花は黄色の部分だけ。

2017082033.jpg
ヤマハハコとマルバシモツケ
マルバシモツケは花が終わり赤く紅葉しはじめ、ヤマハハコはこれからどんどん大きくなります。
全体に細く白い毛が密集、ビロードのような触り心地が好きです。

2017082034.jpg
ヒトツバヨモギ(一葉蓬)
岩場の立ち姿が美しい。ぱっと見ヨモギとわかります、すっきりした葉の形からたぶんヒトツバヨモギ。

2017082043.jpg
アオヤギソウ(青柳草)
花が散ったあとかなと、よく見るとこれが花でした。
2017082044.jpg

2017082045.jpg
ミヤマキンバイ(深山金梅) 
ヘビイチゴやキジムシロに似ています…同じキジムシロ属です。
2017082046.jpg

2017082056.jpg
タカネサギソウ(高嶺鷺草)かな?

2017082022.jpg
セリ科シシウドの仲間ですが、その先が自信ない。 
大型になるシシウドよりずっと小型、ミヤマシシウド?シラネセンキュウ?

2017082024.jpg
タカネナデシコ(高嶺撫子)、終わりかけとはいえ、夏の花がまだ咲き残ってました。

2017082057.jpg
エゾシオガマ(蝦夷塩竈)

2017082019.jpg
これはアキノキリンソウか?ミヤマキリンソウか?…それとも?
平地のアキノキリンソウはもっと小型ですが、80cmくらいにもなるというので…う〜ん難しい。

2017082068.jpg
ヒカゲノカズラ(日陰の葛)
登山道でよく見かける緑の紐状のシダ、直立しているのは胞子嚢穂、ちっちゃいサボテンみたいでおもしろい。

2017082067.jpg
ノリウツギは散る事なく、ドライフラワーのようになっていきます。

2017082063.jpg
帰り道、登山口近くで見つけた朱色のたんぽぽ、帰化植物のコウリンタンポポ(紅輪蒲公英 )、私は初めて見ます。

2017082070_20170829121111612.jpg

定番の高山植物から、初めて見る植物まで、磐梯山では忙しいくらいたくさんの花に出会いました。

猪苗代観光協会 公式ホームページ - 磐梯山
猪苗代リゾートスキー場 磐梯山ロープウェイ

関連記事
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示