アキレアの橋「髙橋大輔がつむいだ、未来」見たよ

2017年09月06日
アキレアの橋
『フィギュアスケート物語 髙橋大輔がつむいだ、未来』

2017年9月3日(日) 19:00~20:55(BSフジ)

私はどちらかと言うと過去より、今とこれからの事の方により興味があるので、この時期に高橋大輔と取り上げるなら、おもしろいことをいろいろやってるんだし…そっちをと思ったりしながら見てました。
とはいっても、おもしろいことのいろいろには、それぞれスポンサーやメディアががっつりついているので、網羅して放送は不可能なんだろうな…大人のジジョーーー!…なんてことも想像する、嫌な大人です(汗)
野村さんとの対談はいいし、おもしろくなかったと言えばウソなんですが(汗)

あと、番組のコンセプトが、オリンピアンを取り上げ、オリンピックに向かっていくアスリートの生き様…みたいなところにあるからかなと思います。
どうかなあと感じるもう一つの要因は、たぶんウェット過ぎるところかな。ファンとしては涙してしまう様々なことがありましたが、あれから月日も立ちました。悲劇とか世代交代とか、そんなマスコミの使い古された決まり文句はやめて、もう少し明るく肯定的に現役時代を捉えてもいいのではないか?
…わかってないでしょうかワタクシ?(汗)

そういえば荒川さんの引退後も、スケーターとして表現者として、(人としても)荒川さんの引退後の進化はすばらしいのですが、荒川静香といって出されるのは、いつもトリノオリンピックのトゥーランドットなんですよね。
スケートファンとしては、現役を退いたスケーターを取り上げる…ポイント、工夫をもう少し考えて欲しいですよね。
まあ、フィギュアスケートは引退してもこれだけ取り上げられるのだから、幸せなんですけれど、つい欲が出てしまう(笑)

番組を見ていて、今でもあれこれ思うのは、ソチの代表争いの頃ですかね。
シーズンを見れば、ダイスケが代表に選ばれるのは、客観的にみても当然だと思っていました。
代表発表は(男子の競技はない)女子フリーの日、誰が選ばれて誰が選ばれないか、その当事者(織田君、無良君、こづ、ダイスケ)が横並びで女子を観戦してる仲の良さがすごいですよね(笑)
男子の試合がなかったにも関わらず、彼の名前が発表された時の会場の湧き方やダイスケバナーがすごくて…しかし彼はその時の事をよく覚えてないと言う…おいおい(汗)
そして代表から外れて引退した織田君、その後引退を発表したこづ、翌年の全日本で突然引退した町田君。オリンピック金メダルのゆづ、それぞれに思いがあり、それぞれの生き様があるんですよね。
女子もそうだし、他のアスリートでも同じです。

代表選というのは、その時々で変わるのはしょうがないです。
たとえば、ずば抜けている1人がいるのと、1枠を同じくらいの実力の複数が争う場合は違います。勝つために選ぶわけですから。
そうした悲喜こもごもが、今年もまたやってくるのですね。
男子3枠、女子2枠、ペアとダンスはオリンピックに出場できるかどうかまだわからない。
それぞれが本分を尽くす、ファンはそれを応援する、シンプルですがそこに尽きると思います。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示