安達太良山 2017年9月

2017年09月08日
2017090312.jpg

前日、急に誘われて安達太良山に登る事になりました(9月3日)
8月は天候不順でイマイチな天気が続いていましたが、この日は絶好の登山日和、逃さず行こうと思いました。
ルートは、あだたら高原スキー場の岳温泉登山口からロープウェイを使う、もっとも簡単なルートで山頂へ。山頂から牛の背、沼ノ平を経由してくろがね小屋、登山口まで戻るルートです。


ロープウェイ頂上駅付近から安達太良山が良く見えます。いい天気です。
ロープウェイで薬師平展望台までは、軽装でも大丈夫、温泉街のお客さんもぶらっとやってきます。ただその先はきちんとした登山装備をおすすめします。

2017090303.jpg
展望台付近は木道が整備されています。

2017090302.jpg
アキノキリンソウ

2017090304.jpg
しばらく歩いて行くと、安達太良連峰の他の山々が見えてきます。

2017090305.jpg
やがて、こんな道に(笑)

2017090307.jpg
こんな道が続きます。

2017090308.jpg
出たばかりのススキの穂が赤く光っていました。

2017090306.jpg
だいぶ標高が上がりました。眼下に見えるのは福島市の盆地です。

2017090309.jpg
頂上が見えてきました!
急な斜面とあの岩の塊を登るのが最後の難関かも。

2017090310.jpg
頂上に着きました。
ロープウェイからだと、長めの休憩入れても2時間弱です。
しかし今日も風が強い。いつ来ても風が強い場所なんで予想通りではあるんですが…。

2017090313.jpg
頂上の岩山から下を見ると、これから頂上に登る人々がベースキャンプにいるように見えます。
青空が美しい〜。

2017090311.jpg
今日はよく晴れて、遠くに磐梯山と猪苗代湖まで見えます。
風は強いし頂上は狭いので、次の人のためにも、長居をしないで下りるのが、なんとなく安達太良山の暗黙のルール。

2017090314.jpg
火星に着きました…ウソです(笑)
山頂を下りて、牛の背(尾根)、鉄山方向へ向かうと風景は一変、鉄分で赤い大地が広がります。いつもより赤く見えるのは、長雨で土がしっとりしているせいかもしれません。

2017090315.jpg
山頂をふりかえります。土が赤くて異世界ですねえ。

2017090317.jpg
尾根はとにかく強風。歩いている人はみな傾いでいます。
いつもは砂つぶてまで飛んできて痛いのですが、今日は痛くない。雨が続いていたので地面が固まっていたからかな。

2017090316.jpg
沼ノ平が見えてきました。
遠くに磐梯山、右側が裏磐梯で秋元湖が見えます。

2017090319.jpg
沼ノ平火口です。
安達太良山の登山ルートはいろいろありますが、絶景の沼ノ平は外したくないです。

2017090320.jpg
火山生ガスの危険があるので、火口に下りることは禁止ですが、この日は人影が…まずいのではないだろうか。

2017090318.jpg
赤い大地といい、火口といい、別の惑星に来たような。

2017090321.jpg
強風の尾根を下りて一安心。

2017090324.jpg
風の少ない所まで下ってランチです。

2017090322.jpg
山頂と今下ってきた道が見えます。

2017090323.jpg
すごい勢いで走る5〜6人のグループを見かけました。トレイルランニング?
安達太良山はアクセスがいい山なので、ハードな山に行く前の足慣らしとか、競技のトレーニングかなという人もよく見かけます。それにしても肌を露出したウェアで、岩場が多い道で転倒でもしたら…ケガ大丈夫なんだろうか?

2017090325.jpg
峰の辻分岐、ぽこんと見えるのが安達太良山の山頂。

2017090326.jpg
ランチと休憩の後は、どんどん下ります。

2017090327.jpg
岩場が多いので、膝にくる人もいます。

2017090328.jpg
子ども連れも珍しくありません。子どもは体が軽いのでけっこう行けてしまいますよね。

2017090329.jpg
くろがね小屋に着きました。ここは宿泊もできます。
午後からここまで登って一泊、翌日登頂とか。只今露天風呂改装中。

2017090330.jpg
くろがね小屋からは、森林地帯、なだらかな下りが長く続きます。
途中、わき水の「金名水」を汲んで帰ります。

2017090331.jpg
勢至平から、さっきまでいた山頂を望む。

2017090332.jpg
標高が下がると、杉林が続きます。

2017090333.jpg
登山口近くの遊歩道。
今日も無事に帰ってきました!

2017090334.jpg
スキー場にはエゾリンドウが咲き始めていました。
スキーのオフシーズンの観光としてコスモスがたくさん植えられていました。コスモスは花期が長くて手がかからないから便利なんだろうと思いますが、どこにでもあるコスモスより、もとから自生する高原のリンドウの方が、ずっと価値があるように思うのだけれど。

あだたら高原スキー場
「あだたら山ロープウェイ」
関連記事
トレッキング | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示