FC2ブログ

日曜美術館「ワイエスの描きたかったアメリカ」

2017年09月17日
Christinasworld.jpg
アンドリュー・ワイエス 「クリスティーナの世界」1948年
石膏ボードにテンペラ ニューヨーク近代美術館

日曜美術館「ワイエスの描きたかったアメリカ」
NHK Eテレ 10月10日(日)9:00〜
再放送 10月17日(日)20:00〜
今年生誕百年を迎え、注目を集めるアメリカの国民的画家、アンドリュー・ワイエス。力強く生きる移民の姿を描き続けた。今ワイエスの絵が問いかけるものとは。
建国以来およそ240年、世界中から多くの移民が渡ってきて活力を生み出してきた国、アメリカ。そうした移民の姿を描いたある画家に今注目が集まっている。アンドリュー・ワイエス。今年生誕100年を迎え、記念切手が発売され、記念展覧会では多くの人を集めている。かつて彼は「アメリカ人にアメリカとは何かを示したかった」と語った。言葉の裏に込められた意味とは?作品から読み解く。
【ゲスト】岐阜県現代陶芸美術館館長…高橋秀治,バイオリニスト…五嶋龍,【司会】井浦新,高橋美鈴


移民に厳しい政策を打ち出した現アメリカ大統領を絡めながら、ワイエスを見直す番組。
ワイエス含め、移民による革新や変化によって発展してきたのがアメリカなんですよね。
そうは言っても、ワイエスはどう考えても、描きたいものを描いてきただけ。彼は誰とでも仲良くなるタイプではなく、モデルも親交のあった人たちがほとんど、その彼にインスピレーションを与えてくれたモデルが、たまたま社会的弱者であったり、孤独な人が多かっただけだと思います。
イデオロギーや社会的な取り上げ方は後付け、もっともその生き方そのものがアメリカの歴史ですが。

代表作「クリスティーナの世界」は、どのような生き方にも尊厳がある、そう感じさせる作品です。
ワイエスは孤独や貧困に、同情でも共感でもなく、もっといえば協力もしないし、相手に踏み込むこともしない。相手を認める、ただそれだけ。
私が好きなワイエス作品はヘルガシリーズですが、やはりモデルとは、そんな距離感があります。むしろ距離をおいて見ることが大切だったのかもしれません。

人の気配だけを描くのもワイエスの手法という話に、ゲストのバイオリニスト五嶋龍君が、
「音楽もそのまま伝えるのではなく、音の無い部分に意味がある時がある」
「アーティストの役割は、聴く人(見る人)のクリエイティビティを生み出すことが究極」
と、それまで気楽そうしていたんですが(笑)とても深いところに突っ込んできて、さすがだなあと思いました。
私も心ひかれる芸術作品には、作品と対話、フィードバックしている感覚になるので。

また五嶋龍君は、SNSに慣れすぎて、短時間で判断しがちとして
「(ワイエスは)一瞬でわかるものではなく、裏になにかあるのではないかという。戸惑わせる」
考えてない天才肌にように思っていると、思慮深い五嶋龍君に高橋アナがなんかうっとりしてました(笑)


関連記事
アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示